神田将ブログ yksonic life神田将の音楽生活や日々のメッセージを綴るブログです。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
神田将エレクトーンリサイタル in 明石 [110320] レポート 23:47
関西では初めての開催となった神田将リサイタル。多くの皆さまに支えられながら、何とも言えない余韻を残しつつ終演することができました。

 
少々雲行きがあやしくなってきた午後1時。会場の準備がスタートし、まずはステージに楽器が搬入されました。シンプルなステージに、STAGEAプロフェッショナルモデルと、トーンキャビネットKA-75が2本。なぜかいつもよりエレクトーンが堂々と見えました。

楽器店の担当者さんたちも受け付けなどの準備を進めてくれている中、私は楽屋でコスチュームなど、使うものを並べて整理。今日は化粧前のテーブルに、子どもたちからもらった品を置き、本番直前までそれが目に入るようにしました。



それからすぐにリハーサル。まずは会場を担当する係にも全体を把握してもらうために、全曲のランスルーをしました。まだ空気が冷めたままの会場では音が心地よく響かず、表現したいものが思うように出せませんでしたが、まだ時間はたっぷりありますので、馴染むまで焦らずに弾き続けます。

通して弾いて1時間40分。大きなコンサートピースを中心とした選曲にしたので、思ったよりも時間がかかります。今日は演奏を中心して、音楽にどっぷり浸ってもらいましょう。休憩なしですから、トータルで120分にはならないように注意しなければなりません。

開演1時間前にはリハーサルを切り上げ、会場の空気を少しでも鎮めるようにしました。私はいつもギリギリまで弾くので、早めにアップするのは珍しいことです。

開演は定刻通り。遠方からのお客様が渋滞で遅れるとの連絡もあり、間に合うのかやきもきしましたが、主催者からの開演指示がありましたので、それに従いステージに向かいました。

いつもなら一礼をした後、すぐに演奏を始めるのですが、今回はプログラムを大きく変更したこともあり、挨拶と冒頭の曲説明を先に入れさせてもらいました。

今日のお客様は非常に集中しているのが、舞台まで伝わってきます。重いテーマの曲が冒頭で2曲続きましたが、選曲の意図をご説明した上で演奏したこともあり、しっかりと聞いて下さいました。

2曲目あたりから左足にねんざのような違和感が。痛みはどうでもいいのですが、思うように動かないのには困りました。なんとなく足の動きがいつもと違うとお感じになったお客様もいらっしゃったのではないでしょうか。

これは最近、ランニングを控え、水泳中心のトレーニングにしたことが影響していると思います。すぐさま反省し、筋肉強化に努めます。

もう2曲クラシックを弾いた後は、皆様から寄せられたリクエストを4曲。ミュージカルや映画の曲など、比較的耳に馴染みやすい曲が続きましたので、このあたりが一番リラックスして聞いていただけたことと思います。

続いて、コンチェルト的な作品を2曲。これはなかなか楽しく演奏することができました。

最後の曲の前に、今回のチャリティーに関する説明を。ここで岩手や宮城の子どもたちの顔を思い出したら、急に涙がこみ上げて来ました。私が舞台で涙を見せたのは、これが初めてです。

涙はすべてを狂わせてしまうのですね。最後の曲を弾き始めて、すぐに指が動かないことに愕然とさせられました。まるで引退コンサートの終曲で声に詰まる歌手のような感じ。

涙がこみ上げたことで、指が、腕が、そして全身が、しびれたような状態になってしまったのです。その後は操作ミスまでするし、もう一度弾きなおしたいくらいでした。

どんなに感極まっても、演奏が残っている間は決して泣いてはいけない。これは今後の教訓となりました。

終演後は多くのお客様と握手を交わしました。本当は全員のお客様と目を合わせて挨拶をしたかったくらいです。

また、エレクトーンを学ぶ関西のエリートたちも大集結して鑑賞してくれました。その顔触れは「甲子園級」の豪華版。何人かの子は帰ってしまった後でしたが、残っていた子たちと記念撮影をしました。



こうして所属楽器店や講師陣の枠を超えた交流を持てるのは素晴らしいことです。私にとっても記念すべき写真となりました。次にこの舞台を仕切るのはこの中のひとりかもしれません。この子らの将来が楽しみであると同時に、東北の子どもたちにもチャンスを届けたいと思いました。
| コンサートレポート | comments(13) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
Comment








今日はとても興奮しました(*^ー^)ノ♪
東京のリサイタルも行きたいです♪
posted by れいな | 2011/03/21 1:01 AM |
明石の山には魔物がいました!
あんな悪態つかなきゃよかった。思い返しても後の祭り。

社会人でありながら、当日の体調不良は恥ずかしいこと。覆面リスナーとして、最後のスタンディングオベーションに加われないなんて明らかな逆ギレ。

さらに体調不良は、コンサート以前の行動にも影響し、某コンビニのコピー機を壊してしまった。(会社には早めに連絡しなきゃ)
そのため、チャリティーのCDを買って帰ることができず、サイン会にも握手会にも加われず、おまけにせっかく用意した誕生日カードも渡し忘れる始末。
今日のリサイタルに不満があったからではなく、すべて自らの会場外での不祥事による逆ギレが原因だなんて、リスナー失格!!


それでも、「さくら」は感激の余り、ド緊張しました。リクエストした者を意識していたことは背中から十分読み取れました。その演奏に感激しておきながら、終演後ロビーで談笑できない逆ギレ。

明石の山は努力を惜しまなかった神田さんに微笑みました。「ラプソインブルー」のピアノパートを弾き終えた瞬間、明石の高嶺に行ってしまった思いがしました。
アンコール曲を弾き終わるまでは、信じられないくらい声がうわずり、こっちが思わず泣いてしまうほどの重厚がかかっていたと察します。
こどもたちと談笑していた笑顔が一段上がった者の笑顔だったからこそ、今度こそ握手会行きたかったのに…


最初の2曲のエクスプレッションペダルに新境地を感じました。
ここにいる神田さんはもう貴公子の神田さんじゃない、少し嬉しく、悲しいリサイタルでした。
四年前ならきっと、部屋で大量の酒を仰ぎ、深夜に大音量で音痴な歌で騒いでいたことでしょう。そうしなくて済んだのは、ブログファンやコメンテーターの存在です。雨のはずが、リサイタル中は止んでいました。終演後も、ロビーの仲間たちにキレる心を押さえてもらいました。


このハンドルネームでのコメントは、今日が最終です。ハリセンキャラは疲れました。sakiちゃん、あとは頼んだよ(本音マイク)。

明石の山は、もう私を見放したかに思えますが、気のいいミューズが三度引合わせてくれることがあるならば、その時は、私も一段上がった姿でお会いしたい、その時を信じて練習に励んできます。

二か月間、バーチャルスーパーレッスンを担当ありがとうございました。今度は我が楽器店にもおいでやす♪


追伸:24日のお誕生日おめでとうございます。これからも獅子奮迅のご活躍を大阪から願っております。ブログには時々顔を出そうと考えています。
posted by Jeugia Cross | 2011/03/21 1:37 AM |
本日は素晴らしい演奏ありがとうございました。

最前列で存分に堪能しました。リクエストしていたオペラ座の怪人も、とても心に響きました。

リバーダンスの演奏後は、あっけに取られて、開いた口が塞がらない状態でした。(笑)

また次のコンサートを楽しみにしております。
posted by 松戸♪ | 2011/03/21 2:12 AM |
神田先生〜昨日からやっと、お家で寝る事が出来ましたよ〜お風呂も気持ち良かったぁ〜!
沢山の余震にもなれました。

私達の家の隣と斜めむかいのアパートに倒壊の恐れがあると言うので、車の中でずーっと生活していました。私の家の近くの広場は車でいっぱいでした。近くの避難所(私達の学校が避難所になっています)は、つなみで家を無くした人達が避難しているので、車の中での避難でした。
そして、今日初めて配給がまわって来ましたよ。お菓子食べました。
おばあちゃんに頭がかゆい〜って言うと「生きてるしょうこ」と言われ、みんなで笑いました。
神田さんが、私のコメントに対して、明るい未来の話…をしてくれたので、私も楽しみが増えました。ワクワクが久しぶりに私にやって来ました。
頑張るぞ〜っ!

ママのお友達はまだ22人見つかっていません。「1度泣いてしまうと一週間位涙が止まらなくなりそうだから泣かない!」と泣き虫のママは我慢しています。
神田先生はじめ、典子さんの優しいコメントにまた笑顔を貯める事が出来ました。本当に有り難うございます。
私には家も家族もあります。だから元気です(*^o^*)

ところで神田先生は3月24日生まれですか?私の誕生日は3月26日です(^O^)
遠くの沢山の方々が被災者の為に色々な事を我慢してくれていると聞きますが、私は日本に生まれて良かったと思います。
ブログのコメントで、嫌な情報も知りましたが、嫌な事は知らなかった事にして、前だけを向いて頑張りま〜す!

何があっても「生きてるしょうこ」です
ひとみ
posted by 宮城県名取市相原ひとみ | 2011/03/21 5:17 PM |
本当に素晴らしいコンサートでした。リコパパもリコ妹も大感動!!帰りの車の中では、神田先生のCDを聴きながら、余韻にひたっておりました。東北の子どもたちにも先生の想いは届いたはずです。私も毎日、子どもたちと関わる仕事をしているので、明日から一日一日を大切に想いを届けたいと思います。本当にありがとうございました。
posted by リコママ | 2011/03/21 7:58 PM |
今日のステージは音が体中を駆け巡り、胸がず〜っと熱かったです。思い出すだけで様々な思いが去来し涙が溢れ・・・涙腺ゆるゆる(T^T)でした。言葉で表現できません。会場に花粉症の方が沢山いた訳ではありませんよ〜。
アンコールの「ひとつ」は阪神淡路大震災のチャリティーコンサートの時に生まれた高橋晴美さんの曲・・・心の中で歌っていました。。。
この曲を聞くと生きていることに感謝しながら日々を過ごさないとと思います。
沢山の出会いもありました。将さまの側には素敵な方が一杯ですねヽ(^^)叉、お会い出来るといいです。
色々とありがとうこざいました。

さあ〜次はどこ?♪♪
posted by 典子 | 2011/03/21 10:02 PM |
ひとみ様

是非昨日のリサイタルを聴いて欲しかったとコメントを読んで思いました。
Web上で喜怒哀楽なんてサイトを運営しているはずなのに、舞台のMCで泣いてしまったのははじめてだったんですって。
電気が来るようになれば、ステージアを弾いたり、ブログを読んだりできるでしょうね。
でも、あんな取り乱した神田さんをみて、私は反省しました。


泣かなければならない時は、泣いてもいいんだよ。

バブル世代にとっては、一番苦手なことなんですけどね。

阪神大震災を経験した私は、ひとみ様にこそ、涙のシーンをみて欲しいと思いました。

泣く勇気を持つために、ひとみ様に動画をお願いします。

(もう少し残業…)Jeugia Cross。
posted by | 2011/03/21 10:56 PM |
れいなさん
初めてホールで聞いてもらいましたね。機会があれば今度は「音楽専用ホール」での演奏を聞いてもらえたらと思います。私もれいなが弾いた「いずみホール」を狙っています!

Jeugia Crossさん
この度はご来場ありがとうございました。実は、終演後のロビーでどの方がJeugia Crossさんかと、ずいぶんとお探ししました。お顔を存知上げないので、私からお声を掛けることもできませんでした。スガナミ楽器の担当とも「どの方だろう・・・」って話していました。次の機会にはどうか声を掛けて下さいね。
ひとみさんには動画よりも、現物をお届けしようかと・・・

松戸さん
最前列でお聞きいただいていましたね。ラパレットに続きお越しいただきとても嬉しく思いました。久しぶりの「オペラ座の怪人」、とても気持ちよく演奏しました。

ふつか違いで誕生日のひとみさん
明るいコメントを寄せてくれ、私の方がいつもパワーをもらっています。本当にありがとう。明石ではひとみさんにも聞こえるようにと願いながら弾きました。思いは通じたかもしれませんが、やっぱり目の前で演奏を聞いてもらいたいものです。そんな機会をぜひ作りますからね。

リコママさん
この度はリコちゃんがどうしても来られないというのに、ファミリーの皆さんにお付き合いいただいて、本当に感謝しています。私もリコちゃんファミリーの皆さんの笑顔に元気をもらいました。

典子さん
遠路はるばるお越し下さり、ありがとうございました。私のコンサートでは、お客様同士のご縁も広がっていくのがとても嬉しいです。今回もステキな皆さんをご紹介し合うことができましたね。次は・・・山口?
posted by 神田将 | 2011/03/21 11:32 PM |
神田先生、明石のコンサートはまた、私の心に感動の残音で一杯にさせて頂きました。ここ数週間、日本のグレーゾーンの環境を日々メディアなどで報道され、誰もが何かを感じている時期に、先生の奏でる音を聴きながら、温かい風が心の中に入ってきたのは私だけではなかったでしょうか。言葉では言い表せない音感をエネルギッシュな奏者と聴衆が会場でシンクロし、自然に涙が顔を流れスタンディングオーベンションをしている自分に気付き、音の魔力にまた取り付かれてしまいました。これからも、元祖神田将を貫いてください。
posted by masuda | 2011/03/21 11:47 PM |
明石でのエレクトーンリサイタルお疲れ様でした。
笑顔の将さんが大好きな私ですが、優しさからこぼれでた涙に濡れるお顔も見たいと思いました。

ひとみさん
私も3月26日生まれです。将さんと同じ歳の息子がおりますので、年齢差は相当あると思いますけれど、365分の1の偶然ですもの、何だか嬉しくなってしまいます。

東京に住んでいますので、地震の被害に少しだけ遭いました。折も折、親友をガンで亡くし、ダブルパンチで落ち込んでおりました。

が、貴女のコメントを拝読し、御自分が窮地に立ちながらも一人暮らしの老人や廻りの方達に思いやりの手を差し伸べ、笑顔で前向きにがんばっていらっしゃる様子を知って生きる勇気と元気をいただきました。有難うございます。

娘と共に(インターネット音痴で、娘が毎日プリントアウトしてくれるブログに目を通しています)関東の空からエールをおくります。

フレー!フレー!ひ・と・み・さん!!

将さん
被災地からのコンサートリポート、今から楽しみに待っていますからね。
posted by 惠子 | 2011/03/22 1:04 AM |
masudaさん
この度は遠路はるばるお越しくださいまして、誠にありがとうございました。masudaさんがおっしゃるように、会場にいらしたすべての皆さまの心に、温かい風が舞い込んでいったのを私も感じました。それは音楽からの贈り物。私はその配達人に過ぎませんが、ステキな贈り物の届け手になれたことを誇りに思います

惠子さん
スマイルは自信を持ってお見せできますが、泣き顔はやはり男ですのでちょっと恥ずかしかったです。でも、それがまた私に一歩踏み出す力を与えてくれました。
posted by 神田将 | 2011/03/22 7:48 PM |
  明石のコンサート凄かったです♪        すごく気持ちが伝わってきました!私もエレクトーンを習っているので神田さんのように弾けるようにがんばります★また聞きたいです♪♪
posted by san☆ | 2011/03/24 9:37 PM |
san☆さん
明石のリサイタルに来てくれてありがとうございました。エレクトーンを習っているということは、san☆さんも私も仲間ですね。私もいつかsan☆さんの演奏を聞かせて欲しいです。
posted by 神田将 | 2011/03/24 11:26 PM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://blog.yksonic.com/trackback/119550
<< NEW | TOP | OLD>>