神田将ブログ yksonic life神田将の音楽生活や日々のメッセージを綴るブログです。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
長生館スペシャルディナーショー with いっこく堂 [110316] レポート 15:56
3月16日の新潟・長生館に於けるスペシャルディナーショーは、一時は開催そのものが危ぶまれながらも、お客様の熱いご期待に支えられ、盛会に終えることができました。その一日のレポートをお届けします。

 
集合は東京駅。JRより、上越新幹線は本数を減らして運行との発表がありましたが、いったいどの列車が運休するのかといった具体的な情報がまったくありませんでした。

予定の列車は本当に運行されるのか。不安を抱えながら、予定列車の発車1時間前に集まりました。いち早く駅に到着したのはエージェントIZU。その調査によれば定刻通りの運行とのこと。これでひとまず安心です。

新潟駅では長生館の担当者が車で出迎えてくれました。駅前に雪はほとんど残っていませんが、風は冷たく、身が縮むようでした。これから約1時間のドライブです。

走るにつれ、雪が深くなっていきますが、すでに降雪はやんでいました。順調に長生館に到着し、まずは全員で顔合わせ。女将さんをはじめ、多くのスタッフたちが歓迎してくれました。

私たち一行は、いっこく堂さんと私、そのそれぞれのマネジャー、そしてテレビ取材の担当ディレクター、あわせて5人です。

テレビ取材は、最近メディア露出が活発ないっこく堂さんをドキュメントで追跡する番組のもの。ひょっとしたら今日のステージやバックステージの様子が一部オンエアされるかもしれません。今日はほぼ密着でカメラが回っています。



ふと庭園に目をやると、美しい雪景色。真っ白な世界に、木々の濃い緑が見え隠れしています。コーヒーを飲みながら簡単な打ち合わせを済ませ、私とエージェントIZUは会場へ。いっこく堂さんたちには、しばらく休憩してもらいます。

会場では音響の設営が始まったばかりでした。ステージはとても狭いのですが、ふたりで呼吸を感じながら進めるにはちょうどいい広さ。長生館では、最近グランドピアノを購入したとのことで、ステージが一層狭くなりました。

音響のセッティングが整ったところで、エレクトーンのサウンドチェック。会場はかなり縦長な構造なため、手前と奥とで音量や音質が大きく変わってしまい、すべての客席に心地よい音を届けるには、かなりの試行錯誤が必要でした。

その後、いっこく堂さんを交えてコラボ部分のランスルーリハーサル。お互いにキッカケやタイミングを確認しながら、一通りやってみました。問題なし。一発OKです。

いっこく堂さんにはそのままリハーサルを上がってもらい、私は時間までソロのリハーサルをしました。今日の演奏曲目に加え、明石で演奏予定の曲にも手を広げておきました。



やがて時間となり、お客様の受付が始まりました。私は一度客室に戻り、本番に向けた身支度に取り掛かりました。

そして今日の開催を案じてくれていた、岩手をはじめとした全国の皆さんに、いっこく堂さんとのニッコリ2ショットをメール。

大変な時に、ニッコリ顔の写真なんて失礼だろうかとも思いましたが、笑顔を見て気分が晴れたと返事をくれ、心地よい笑いは救いになると言ってくれました。

その言葉をいっこく堂さんにも伝え、いつも通り明るく、誠心誠意、どこにもないオリジナルステージをお届けしようと誓い合いました。

いよいよ本番。お食事も済み、お客様はすでにご満悦です。人数も、かなりのキャンセルが出たとのことですが、昨日のブログを見て急遽参加してくれた方などもいて、かなりいい感じの入り具合に落ち着きました。

まずは私のソロ。明るく元気な曲と、しっとりと深く歌い込む曲、そのコントラストを鮮明に打ち出した選曲にしました。うち何曲かは、祈る思いで演奏しました。



ソロのラストはラプソディ・イン・ブルー。思い切り大胆に弾いた後、いよいよいっこく堂さんの呼び込みです。まずは師匠といっこく堂さん一緒に、歌を歌いながら客席を練り歩きました。



続いて、新しく用意した松山千春さんの歌。こちらもバッチリ決まりました。途中で西条秀樹さんや野口五郎さんが登場するとは知りませんでしたので、びっくりしながらお伴しました。



そして、私が大好きな「サトルとジョージ」。また一段と冴えた演技に進化しています。



次は「腹話術教室」。あの「衛星中継」を、会場の皆さんと一緒に練習しました。もちろん、私もトライします。いっこく堂さんのようにはできませんが、ちょっと腹話術らしい気分を味わえるようになり、ワクワクしました。

最後は、会場のお客様から代表おひとりにお越しいただき、「本音マイク」によるパフォーマンス。お客様も素晴らしいエンターティナー振りを見せて下さって、会場全体が大変な盛り上がりとなりました。



コラボのステージでは、絶えず会場に笑い声が響いていました。その笑いには温もりが感じられ、とても気持ちのよいものだった思います。

そしてアンコール。私がどうしてもいっこく堂さんに歌って欲しかった「生きてるだけでそれだけで」をリクエストさせてもらいました。



シンプルなメロディーと歌詞にのせた私たちの思い。どこまで響いたかわかりませんが、どうかこの響きが、絶えることなく、人から人へと続いていくよう、心から願いながらの終演となりました。



長生館の皆さんにも、このタイミングでの実施には大きなご苦労があったに違いありません。ですが、とてもハッピーな気分になってお帰りになるお客様をお見送りしている姿には、歓びが満ち溢れていました。この日の音楽と弾む心がどこまでも響きますように!



いっこく堂さんのブログにもちらっと、また長生館さんのブログにも書いて下さっています。のぞいてみてください。
| コンサートレポート | comments(11) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
Comment








こんばんは☆彡

ディナーショーお疲れ様でした。。。

ブログを見て、元気を頂きました。。。

いつか、きっと…参加したいなぁ…って思います☆彡

素敵なお二人の笑顔に、沈んでいた気持ちが癒されま
したヽ(^。^)ノ

ありがとうございました。。。

また、明日から頑張れそうです。。。
posted by まゆみ | 2011/03/17 6:58 PM |
将さまの笑顔が大好きな私ヾ(^▽^)ノ
いっこく堂さん、長生館の皆さん、お客さま、そして将さまの笑顔が沢山の写真をみていたら、何だか私まで笑顔がうつっちゃいましたよ〜!

今日はうれしい事がありました。10年前・・私が中学校のスクールカウンセラーをしていた時に不登校だった女の子が仙台にお嫁に行ってから2年。今回の震災で連絡が取れなくなって心配していましたが今日連絡がつきました〜〜(T^T)
もしかしたら・・・って考えてしまっていたのでめちゃくちゃ嬉しかったです。(^^)(^^)(^^)(^^)
「一日一笑」私の好きな言葉です。
posted by 典子 | 2011/03/17 10:27 PM |
二人の魂の叫び しっかり届いたぜ
posted by おぐけん | 2011/03/17 10:38 PM |
今日は、珍しく、コメント記入前に、リンクをたどってきました。
…私、語りすぎ?

神田さん然り、いっこく堂さん然り、長生館さん然り…

「男は黙って…」
プロ意識。決してステージで弱さを見せない。

振り返って、我が身は…?

以前のブログ本文にあった、演奏者の喪失感と引換えに得られる、聴衆の達成感。
いや、スーパーレッスン後のこどもたちが受け取る、キラキラ感。
(*^◇^)(^◇^*)

今日はコメンテーター失格です。言葉になりません。

これが本当の「音楽は言葉?」★


明石もまもなく。このコメントを読んで、実物とのギャップを感じなければ良いのですが。実物は、おバカでショボくって、ど〜しようもないのですよ。
(´・ω・`)
posted by Jeugia Cross | 2011/03/17 11:24 PM |
こんにちは!
私は元気です。
神田先生のブログを久しぶりに見れました。お元気そうで何よりです?

周りは地獄のようです。
信じられない光景です。

我が家から10分くらいの場所はみ〜んな、なくなってしまいました。
毎日毎日一晩中サイレン、ヘリコプタージープの音が聞こえます。
余震なのか、ずーっと揺れています。

私の一番大切な友達もそのママもつなみで流されてしまいました。クラスメートも、クラスメートのお父さんも…家も…

昨日電気が通りました。ガラスが割れ、家具が壊れ…グチャグチャな部屋の中、真っ先にステージアで「ラヴェルのラ・ヴァルス」を1曲だけ弾きました。

向かいのアパートや隣の家が倒壊の恐れがあると言う事もあり私達親子は夜は車中生活です。

お腹もペコペコだけど、すぐそばで、沢山の人がもっと大変な思いでいます。

生きているだけで有り難いです。


電気のない夜は皮肉にも星がとってもきれいです。

神田先生の演奏をゆっくり聞きたいなぁ〜

色々書いてしまいすみませんでした。
posted by 宮城県名取市相原ひとみ | 2011/03/18 1:26 PM |
まゆみさん
このコンビで全国を巡回して、皆さんに爽やかな時間をご提供できればと願っています。真っ先に秋田に行かなくてはね!

典子さん
仙台から嬉しい知らせ!またひとつ安心が広がりましたね。スクールカウンセラーをしていたとは初耳ですが、だからこそ、いつも子どもたちの心にも気配りが絶えないのですね。今日も一日一笑で!

おぐけん
こんどは耳元で叫んだる。

Jeugia Crossさん
語り過ぎだなんてことはありませんよ。語りたい時に語り、聞きたい時に耳を傾け、笑いたい時に笑いましょう。

ひとみさん
よくぞご無事で!本当によかった。よかった、よかった、よかった!ひとみさんには音楽があるのだから、これからは、すべてを失った人を力づける役割があります。与えられた才能は人の役に立ててこそのもの。そのためにも、まずはひとみさん自身がしっかりとね!必ず乗り越えられます。
posted by 神田将 | 2011/03/18 8:44 PM |
ひとみさんのコメントを拝読させていただき、考えたことを思いきって、書きます。

神田さんの演奏・公演の様子(演奏とトーク)・ビデオレター等をYouTube にupする事はできないのでしょうか?

ネットが繋がる環境下にある被災者の方であれば、ものすごーく励みになるのではないかと思って。

私のお願い、難しいでしょうか?
posted by 美音 | 2011/03/19 9:25 AM |
美音さん
いいアイデアをありがとうございます。私はこう見えて最新式のメディアにはとても弱いのです。手順がまったくわかりません。それが可能な弟子たちに相談してみます。
posted by 神田将 | 2011/03/19 3:54 PM |
神田さんの演奏や声が聴こえる・顔が観られたらどんなにか勇気づけられることかと思います。弟子の皆様方、宜しく宜しく希望を叶えて下さい。どうかどうか御願い致します。
posted by 美音 | 2011/03/19 6:15 PM |
いっこく堂さんが出演されていた番組を録画していました。やっと今日見ることが出来ました(^^)
今回の腹話術は爆裂音!爆裂音だけで歌うスキャットマン・ジョンの「スキャットマン」でした。すごかったです(≧∀≦)ぱ行やば行を口を閉じたまま発するのです。
でもいっこく堂さんは終わった後、司会の紳助さんに「ダメでしたね!」と言って目頭を押さえ涙ぐむ場面がありました。私には何がダメなのか全くわかりませんでしたが、口が良く回らなかったそうです。自己採点は20点(>_<)厳しい〜っ。
いっこく堂さんも将さまと同じでとてもプロ意識が高くストイックな方でした。これからまだまだ進化されるのでしょうね。
いつか必ず目の前で見たいです。将さまと同じステージに立っているいっこく堂さんを・・・(*^_^*)
posted by 典子 | 2011/04/12 10:15 PM |
典子さん
ちょうどエージェントIZUが新潟の打ち合わせのために伺ったのが、その番組の収録が行われた会場だったと聞いています。新潟でもその番組の話題になり、いっこくさんは失敗したと言っていましたが、私の母も番組を見て、何が悪いのか少しもわからなかったと首をかしげていました。でも、ご本人が不本意だと言うのですから、ぜひ絶好調の時を見てみたいですよね。
posted by 神田将 | 2011/04/12 10:26 PM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://blog.yksonic.com/trackback/119350
<< NEW | TOP | OLD>>