神田将ブログ yksonic life神田将の音楽生活や日々のメッセージを綴るブログです。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
ラ・パレット プレミアサロンコンサート [110210] レポート 23:49
バレンタインデーを目前に控えたこの日、恒例のサロンコンサートが開催されました。昨年は3月にソプラノの伊藤真友美さんをゲストにお迎えして、ウィーンの雰囲気をお届けしましたが、今回は「至上の愛を奏でる男」。愛に満ちた名曲ぞろいのプログラムをご用意しました。

 
朝4時に目覚め、まずは11日の演奏曲を稽古。結局ギリギリまで続けてしまい、慌てて家を出ることに。でも、よく晴れて、なんだか暖か。サロンコンサート日和です。ラ・パレットのかわいらしい外観も青空によく映えます。



店に着いた時、ちょうどエレクトーンが搬入され、スピーカーの設置が行われていました。店のスタッフによるテーブルセッティングも進んでいます。

楽器の準備が整ったところで、早速今日のプログラムを弾いてみました。お客様が入るまで1時間足らずですので、次々と弾いて感触を確かめます。久しぶりのサロンコンサートなので、独特の響きに慣れるまで時間を要しました。

11時半。昼の部をご予約のお客様が続々と到着し、店内は一気に賑やかになりました。席についたお客様より、ウェルカムドリンクとお料理のサービスが始まります。

お食事タイムは約1時間半。これは決まっているわけではありません。様子を見ながら、皆さんのデザートが一通り出そろったところで、演奏をスタートします。まずは店のマネジャーから挨拶。そして、演奏に入ります。

それまでおしゃべりで賑わっていた店内が、一瞬で音楽の世界に。お客様も慣れたもので、思い思いにイスの向きを変え、リラックスしながらそれぞれの音楽世界に浸っていました。

至近距離にお客様がいらっしゃる場合、時には演奏しにくいと感じることもありますが、今回は店内が一体になった感じがあり、弾きやすく思いました。

あっという間に8曲を弾き終え、次いでアンコール。ステージと違って、気取ったおしゃべりがしにくく、いつも以上にフランクな雰囲気でお届けした昼の部も無事に終わりました。

帰り際のお客様と会話を交わすと、今回初めてご来店になったお客様が多いことに気付きました。遠方からはるばるお越しの方も。今日の演奏テーマをイメージしてアレンジしてもらったという花も届きました。



夜の部までには3時間半ほどありますが、私は着替えも休憩もせず、ひたすら11日の演奏曲を稽古し続けました。弾いても弾いてもまだ納得がいきません。そうこうしているうちに、夜の部のお客様がやってきました。

お客様がお食事を楽しんでいる間に、私は控室でしばしの休憩。でも、テンションが落ちてしまわないよう気をつけます。

夜はお客様の数も少なめでしたが、その分、夜らしいしっとりとして落ち着いた雰囲気に。やはりこの夜のムードはいいものです。



より濃密な曲に一部プログラムを変更し、ちょっぴりオトナの香り漂うコンサートも無事終了。お客様も演奏と食事の余韻を胸に、心地よくお帰りいただけようでホッとしました。

最近はパレットのサロンコンサートも年に一回のペース。以前は季節ごとに4回のシリーズで開催したこともありました。

お客様が近い環境での演奏スタイルや、くつろいだ雰囲気の演出法はもちろんですが、私の軽妙なトークはこのサロンコンサートを通じて磨いたものです。もしラパレットでの演奏がなかったら、私はステージで今なおダンマリを決め込んでいるかもしれません。

小さな会場での経験は、不思議なことに大舞台でとても役に立っています。私のスタイルの原点とも言うべきプレミアサロンコンサート。少なくとも年に1回は続けていきたいと思います。どうぞ次回にご期待下さい。
| コンサートレポート | comments(6) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
Comment








遅くまでご苦労様です
posted by ありす | 2011/02/11 10:43 AM |
将さま。

「待ってるよ〜〜〜〜。」

(ひたすら・・)パリジェンヌ。
posted by 真理子 | 2011/02/12 7:33 PM |
ありすさん
弾きまくって弾きまくって時間が足りないのは、苦しいこともありますけれど、よく考えれば幸せなことです。集中力を途切れさせずに向かえる対象に恵まれてるんだと考えています。

真理子さん
次回のサロンコンサートを待って下さっていると思ってよろしいのでしょうか。
posted by 神田将 | 2011/02/12 11:56 PM |
将さま(勘違いしてるけど。)

自由に想像しても良いよ〜〜〜〜〜〜。

とにかく、待ってるんだから・・色々と。

(あ〜〜ぁ)パリジェンヌ。
posted by 真理子 | 2011/02/13 12:50 AM |
初めてのサロンコンサートはドッキドキの連続でした。

超至近距離に狂喜して、足さばきや指の動きに目を奪われて、気がついたら、一曲が終っていたことも。

そして何故か、当日の夜から2日間、首が廻らなくなっちゃった。

ランチタイムの合間には一歩踏み出すとそこにはエレクトーンがあり、「わお、いまだFD装置がついているぅ。でも隣にはメモリスティックがさしてある!」
とか「なぜ下鍵盤の上に一つだけ電気がついているの?」等々、ワクワク興味深々で眺めておりました。

この小さな楽器に神田さんの魔法がかかると壮大なオーケストラ演奏が生まれるのがものすごく不思議。

子供心に戻れた楽しい楽しいひとときでした。
また、ラ・パレットに行きたいです!!

posted by 美音 | 2011/02/15 8:59 PM |
美音さん
思わぬトラブルでご迷惑をおかけしましたが、それがかえって幸いしましたね。あの至近距離は、レッスンでもありえませんよ。楽器も美音さんに興味をもって見つけられ、とても喜んでいたようです。FDが付いているのは、FDしか使えなかった古い機種との互換性のためなのですが、今新しく買ってもFDは付いていません。
posted by 神田将 | 2011/02/16 11:22 PM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://blog.yksonic.com/trackback/117034
<< NEW | TOP | OLD>>