神田将ブログ yksonic life神田将の音楽生活や日々のメッセージを綴るブログです。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
安中市民健康公開講座 [110129] レポート 23:19
今年初の公演レポートは、群馬県安中市で開催された市民健康公開講座&エレクトーンコンサートです。

10時の集合時間に間に合うよう、自宅に迎えに来たスタッフとともに午前6時半に出発しましたが、途中、関越道が断続的な渋滞のため、予想以上に時間が掛かり、通常なら1時間半の道のりに3時間半を要しました。

早めの出発が功を奏し、約束の時間までには到着。会場となる松井田文化会館は、瓦屋根が印象的な比較的新しい施設です。ホールでは医師会や市役所の皆さんが大勢で準備に取り掛かっており、すでに活気がありました。

 
楽屋には茶菓子や飲みもの、おしぼりの他、マスクまで用意されているところが、さすが健康講座。係が入れてくれたお茶で一息ついたところで、早速セッティングとリハーサルです。



ホールはひとつひとつの座席が広く、壁には大理石が使われていたり、眺めのいいホワイエがあったりと、とてもゆったりとした造りになっています。ステージも広々としており、半円状に迫り出しています。

すでに照明の仕込みが済んでいたので、シュートされた位置に楽器をセッティング。スピーカーの設置もほどなく終わりました。音を出してみると、なかなかいい響きです。石の反射は鋭くくっきりとしていて、私好みの音空間となりました。

1時間半ほど、今日のプログラムやそれ以外の曲を弾いて楽しんだところで、タイムアップ。シンプルなステージや、けれんのない照明も私好み。会場スタッフとの意思疎通もスムーズですので、今日は気持ちよく演奏できそうです。

ランチには横川駅名物の「峠の釜めし」が用意されました。本番前はあまり食べない私ですが、たけのこを除いてすべて食べきりました。これでパワーも全開です。

さあ、あとはお客様がどれだけ集まって下さるか。今回のイベントは安中市民の皆さんに向けた無料の公開講座ですので、チケットや整理券はなく、先着順でどなたでも自由に入場することができます。

開場は午後1時。ロビーに様子を見に行ってみたら、まだそれほど多くの人が集まっているようには見えませんでしたので、7割くらい埋まればいい方かなと思いました。

ところが開演5分前にもう一度行ってみると、すでに超満員。これは盛り上がりそうです。ステージは緞帳が下ろされていますが、碓氷の風景を描いたその図柄がとても気に入りました。



私のコンサートで緞帳を使うことは滅多にありませんので、なんとなく新鮮にも見えました。

いよいよ健康講座のスタート。まずは安中市長からの挨拶です。



続いて、月岡先生による認知症の早期発見と予防に関する講座が始まりました。私も客席で聞くつもりでいたのですが、もう席が残っていなかったので、楽屋のモニターで聞きました。

認知症予防には、頭と体を使い続けるのがいいそうです。その点、楽器を演奏することは効果的であると考えられるそうなので、私は予防対策万全です。でも、青魚も予防に効果的らしいですが、私は青魚が大嫌いなので、プラマイゼロかもしれません。

いずれにしても、あと数年すれば認知症の治療薬もでてくるそうなので、それまではくっきり思考でいられるように踏ん張りましょう。

健康講座に引き続き、私のコンサートです。15分の休憩の間にステージの転換を行い、音が問題なく出ることを確認。時間通りに開演しました。

司会によるプロフィールの紹介などは一切割愛してもらい、照明が決まったところで、私が登場し一礼した後、言葉ないままに音楽が始まるという趣向にしました。

1曲目の途中から、お客様が音楽の世界に引き込まれていることが伝わって来て、私もそれを受けてとても気持ちよく演奏できました。

超満員ですので音響的にはかなり吸われてしまうかと予想しましたが、その影響はほとんどありませんでした。リハーサル以上にくっきりと音が届いている印象で、音響としても非常に弾きやすく感じました。

いつものように軽快なトークを交えての10曲、65分の演奏は、あっという間に終了。もっと弾き続けたい気分でしたが、またの機会に取っておきましょう。

今日は健康講座にちなんで、心がワクワクして、頭の中がハッピーになる曲を中心に選びました。お帰りになる時のお客様の表情は、お越しになった時とはまるで別人のように輝いていて、本当に音楽って魔法なんだなと思いました。

また、多くの皆さんが私の演奏を初めて耳にしたことと思いますが、新しい方々にエレクトーンの世界を感じていただけたことも、私の大きな歓びでした。

さて、2月10日のラパレットプレミアサロンコンサートですが、昼の部は間もなく満席となります。たくさんのご予約ありがとうございます。夜の部はまだ余裕がありますので、ぜひご参加下さい。心よりお待ちしています。
| コンサートレポート | comments(7) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
Comment








道中大変でしたね。
お疲れさまでした。
どんな曲を演奏なさったのですか?
まさか葬送行進曲じゃないですよね〜。
( ̄(エ) ̄)

今年も毒女全開です。
posted by てる | 2011/01/30 12:44 AM |
あら?神田様、たけのこはお嫌いですの?
posted by 眠り姫。 | 2011/01/30 8:53 AM |
今回も素敵な音楽をありがとうございました!

第一部の健康講座には遅れて会場に到着したところ、神田さんの文章にもあるように既に満席。
「入れませんのであちらでご覧下さい」と指示された先はロビーにあるテレビのモニターとその前に置かれた簡易椅子。
それでも「県外から来ました」とひとこと伝えたところ、受付の市役所の方々が懸命に席を探して下さり、最終的に主催者である医師会の席に座ることが出来ました。
そのホスピタリティ溢れる対応にまずは感激しました。

そして第二部のコンサート。
(上記のてるさんの回答も兼ねて)「美しく青きドナウ」から「ボレロ」、そしてアンコールの「ラデツキー行進曲」まで全12曲。

途中「仮面舞踏会」の「ワルツ」、「惑星」から「木星」、「さくら」では思わず会場から「ブラボー!」や「素晴らしい!」といった声が掛かったり、「認知症防止のために手拍子を合わせてください」と始まった「ハンガリー舞曲第5番」ではころころ変わるリズムに手拍子が合わず会場からどっと笑いが漏れたり、神田さんならではの緩急自在に満ちたあっという間の1時間弱でした。

それにしても今回の健康講座に絡めた曲の合間のMC、もちろんアドリブなんでしょうが、うま過ぎです。

posted by S.W | 2011/01/30 12:52 PM |
将さまへ・・・・・。

群馬県の安中市からご帰還・・お疲れ様でした〜〜〜。

群馬県と言えば、(懐かしの)友人5人と有名某ホテルで2ヶ月間ほどアルバイトしたところで〜〜〜〜〜〜〜す。

寒くはなかったですか?良いブログでしたので、私も喜んでおります。

3日前・・完璧に趣味の「ダイアリー」のブログを作ってしまいました。テーマをだいたい決めてあるので、エッセイのようなものでしょうか。あるサイトに公開したところ、意外な反響でビックリしています〜〜〜〜!(何しろイタリア系パリジェンヌだもーん。)

受けが良いからといってけっして作家にはなりませぬ。

将さま。。。意外に嫌いな物多いんですね。。。。。。
横川の釜飯は、美味しいで〜す!!!(何回も召し上がった私。)

(下手物以外はOK!・・)パリジェンヌ。



posted by 真理子 | 2011/01/30 1:24 PM |
てるさん
亡き王女のためのパヴァーヌやレクイエムも弾きたかったのですが、「わかりやすい曲」という指示もありまして。

眠り姫。さん
タケノコとヒカリモノとモツが苦手なんです。

S.Wさん
ご来場、誠にありがとうございました。せっかくのお越しに、入場時のご案内不足があり、大変失礼しました。もっともっと弾いていたかったのですが、それはまたの機会に取っておきます。

真理子さん
ブログのタイトルは「イタリアンパリジェンヌ」ですか?
posted by 神田将 | 2011/01/30 10:36 PM |
将さまへ

タイトルは、

「marikodeco フォト・アーティスト・ダイアリー」

なんです。・・・見知らぬ20歳の大学生に「本より面白いので、愛読します〜〜〜!」とファン第1号が出現しちゃったぁ〜〜〜。

気軽に始めたのにもうやめる訳には「行きませ〜〜ん。」
(まさかねっ!こんな事になるとは・・・)

隣のおばさまも「もう読んだわよ〜。」です。
あと何人かが。。。

(・・・)パリジェンヌ。
posted by 真理子 | 2011/01/30 11:54 PM |
真理子さん
順調なスタート、おめでとうございます。もうこちらでアブラを売っている場合ではありませんね。
posted by 神田将 | 2011/01/31 10:07 PM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://blog.yksonic.com/trackback/116199
<< NEW | TOP | OLD>>