神田将ブログ yksonic life神田将の音楽生活や日々のメッセージを綴るブログです。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
blogからlifeへ 22:31
ブログを新しくしました。
新しいURLはこちらです。
さらにシンプルになりました。
引き続き、ご贔屓に・・・
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
3月のバラ 21:24
桜が満開の東京。近所の川岸に見事に咲いた桜のアーチを歩きながら、ここにエレクトーンを担いで来て「さくら」を弾いたらさぞ気持ちいいだろうなと思いながらも、実現する勇気のない私です。一方で、私の3月はバラ尽くしでした。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
ラフママニアの動画 00:09
ヤマハエレクトーンシティ渋谷のサイト内に、米津さんと私の演奏動画が紹介されました。ほんの3分間なので、お気軽にお楽しみいただけると思います。他にも、エレクトーンが活躍する動画がたくさんありますので、ぜひご覧ください。こちら

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
もうすぐリサイタルです 19:05
私の2014年は、演奏会と稽古と旅の三色でした。この人生の色合いは、しばらく変わりそうもありません。というか、変わらず、そうあれればいいなと願っています。2015年の幕開けは南半球へ向かう飛行機の中。空から眺める初日の出は、神々しいほどまぶしく輝いていました。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
神田将演奏といっしょに第九を歌いませんか?(加古川) 20:37
山口の第九合唱団アンディフロイデとの共演でスタートした神田将の第九。まだ数えるほどの回数ですが、第九演奏会は毎年欠かさず継続しています。昨年の周南市での感動的なステージは、今年も12月23日に開催。そして、来年3月28日には、いよいよ山口県外で初となる、加古川での開催が決まりました。そこで、いっしょにステージに立ってくれる合唱団メンバーを募集しています。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
アンサンブルガーデン 17:02
ずっとピアノやエレクトーンを習っているけれど、先生の演奏を聞いたことがないという生徒さんは少なくないと思います。今の先生方はとても忙しく、ご自身の演奏は後回しにせざるを得ません。本当は弾くことも大好きなはずなのに。そこでそんな先生たちを、無理やりステージに引っ張り出すコンサートを企画しました。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
あれから20年 03:36
1994年6月19日に新百合ヶ丘にある青葉幼稚園で、エレクトーンとピアノの小さな演奏会がありました。ささやかな花で飾り、パイプイスを並べただけのシンプルなこの空間こそが、私の演奏家としての第一歩でした。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
播州の熱き心の人たち 07:47
都心もすっかり雪景色になりました。いつもの大都会特有のノイズが軽減され、まるで何十年か時をさかのぼったかのような静けさ。寒いけれど、この落ち着いた空気は好きです。

さて、1月28日に渋谷でのコンサートを終えた後、10日ほど楽器から離れ、西日本の各地を訪ねて来ました。観光ではなく、今後のコンサートの打ち合わせが目的ですが、どの街でも歓迎してくれ、人とのふれあいに心満たされる日々でした。中でもとりわけ印象深かったのが、姫路労音を訪ねた日のことです。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
ハイリスクな楽器で挑むハイリスクなプログラム 20:02
今年の流行語大賞が発表されたそうですね。4つ選出されるのは珍しいのだとか。でも、どの言葉も私には何のことやらさっぱりわかりません。過去の流行と隔絶された世界で、ひたすら音楽と向き合っております。ほどよく自律を心掛けた生活とともに。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
マスク オブ ソロ 05:11
夜明け前の鹿児島湾。定刻通りに発車したきりしま2号の車内からの風景です。死ぬほど眠たいのに、こんなに美しいものを目の前にして、眠るわけにはいきません。他に誰も乗っていない車両に揺られながら、すっかり明るくなるまで、景色を見つめていました。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
トワイライト サガ 19:26
秋深まる11月。音楽の贈り物を心待ちにしてくれている子どもたちのため、波多江史朗さん、石川昇平さん、米津真浩さんと私の4人アンサンブルで佐賀県へ。福岡空港から車で約1時間。初めての唐津で出迎えたのは、松浦川の美しい夕景でした。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
霧島以降 22:40
米津さんとのツアーを終えて2週間が経とうとしています。今は14日のソロコンサートの稽古がメインの日々。その合間に、せんくらの稽古、それ以降の編曲の構想などで、鈍い頭をフル回転させています。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
展覧会の絵 13:26
夏空の誘惑を振り切って稽古に明け暮れる毎日ですが、音楽と向き合っている時ほど幸せな瞬間はありません。ふだんの私は一本の外れたネジでしかありませんが、音楽と共にある時だけは、壮大なものの一部になれたような気分を味わえます。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
日南、えびの、都城〜宮崎の旅 23:46
久しぶりの学校巡回コンサートで、宮崎に行って来ました。ソロの演奏会は4月の名古屋以来2ヶ月ぶりのこと。いつも通りだけど、何かが変わった。そんな自分自身を発見できる旅でした。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
エレクトーンとともに 16:35
エレクトーンとともにステージに立ち続けて、ずいぶんと長い時間が経ちました。いつも叩いたり蹴ったり、ひどい扱いをしているにもかかわらず、文句も言わず、壊れもせず、私の心を音にしてくれる素晴らしいパートナー。改めてその存在に感謝しています。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
共演者との思い出 18:57
今日は終日稽古。つべこべ言わずにとにかく弾こうと決めていましたが、どうも調子が上がりません。気分的に乗れない時にムリして弾くのは、作品に失礼なのでとてもイヤなのですが、明日に向けての最後の追い込みですから、逃げてもいられません。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
旧奏楽堂を振り返って 20:39
悪天候の中、激しく揺れる飛行機に乗って、東京へと戻って来ました。まだ一昨日のできごとだった旧奏楽堂での演奏会。なんだか、遠い昔のことのように感じます。山形さんは昨晩ルーマニアに向け出発しました。私も旅立ちの準備を進めます。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
たったひとつの旋律 19:57
今日も一日中稽古三昧。やっぱり集中して音楽に接している時が、一番心落ち着きます。夕刻からは山形さんとの最終合わせ。一晩で、またまた音楽は大進化を遂げました。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
音楽での対話 19:45
今日は16日の演奏会に向け、ピアニストの山形さんとの初めてのリハーサル。都心を吹き荒れた風のような太いうねりや、草をも揺らすことがないほどのささやかな息吹など、自在に表情を変える演奏に圧倒されました。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
探究の音楽 19:33
長い間、音楽とは創造だと思っていました。でも、じっくり考えてみると、私にとっての音楽は探究でした。創造は、創造主と作曲家の仕事。私は作品から何かを探し当てることに喜びを感じます。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
おひとりさま大歓迎 16:21
わたしのコンサートには、おひとりでご来場のお客様が多くいらっしゃることは、以前にも触れました。コンサートホールでの演奏会なら、ひとりで音楽に集中すれば周囲のことは気になりません。でも、ディナーショーとなるとどうでしょうか。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
音楽を花にたとえて 00:09
1月27日に渋谷で開催したSongs of My Heart。毎回多くのお客様をお迎えし、ご好評いただいているシリーズですが、今回は東北は釜石から、深夜バスで駆け付けて下さったお客様がいらっしゃいました。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
少女ひとり、異国へ 16:39
私が我が子のように大切にしている弟子のひとりが、日本を離れ異国で学ぶために旅立ちました。向かったのは上海。今なぜ上海?というのが世情かもしれませんが、エレクトーンの未来を中国抜きに語れない時代が目前に迫っていることを踏まえ、意を決して送り出しました。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
3月の演奏会に向けて 21:28
数日ぶりの東京。ひんやりとした空気から感じられるのは、寒さではなく、澄み切った美しさ。二千万人が活動する大都市でありながら、これほど空気がきれいなのは実に素晴らしいことです。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
今年もせんくらにまいります 16:40
計算違いの雪に振り回される火曜日でした。今日は弟子のひとりが留学のために外国へ旅立つ予定ながらも、雪で欠航。さすがに私も慌てましたが、後になればいい思い出話になりますね。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
シューベルトとベートーベンの午後 17:14
来月には私のディナーショーが決まっている神楽坂のラリアンス。今日はそこでピアニストを招いてのアフタヌーンコンサートがあるというので出掛けて来ました。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
ラ・パレット 美食音楽会のお品書き 00:00
いよいよラ・パレット美食音楽会の当日になりました。私にとっては、遅ればせながら、今年初のソロ演奏会。もう弾きたくて弾きたくて仕方なくて、朝が待ちきれない気分です。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
夏の霧島へ 16:59
ラパレットの演奏会を明後日に控え、稽古に勤しむ中、今日は渋谷にあるジェスクの事務所を訪ね、公演の打ち合わせをして来ました。私が夢にまで見たチャンスが、またひとつ現実のものに。心躍ると同時に気持ちが引き締まります。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
右脳と左手 12:01
右脳と芸術的感性が密接な関係にあることは、よく知られています。右脳と左手も同様で、左手を使いこなせば、効果的に右脳を刺激できるような気がします。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
The Best of YUKI KANDA 13:53
減量中なのに、昨晩は母たちに誘われ、天ぷらカウンターで揚げたてを賞味。久しぶりの油ものは、とろけるように甘く感じられる美味しさでした。さあ、その分の過剰カロリーは本気の演奏で消化しましょう。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
一音ごとをかみしめて 00:00
27日の演奏会から一夜明けた月曜日、フルマラソンの後のように体中が筋肉痛で、どっぷりと深い疲労感が残りました。連日の演奏会もへっちゃらなはずなのに、意外です。この先、舞台とどう向き合っていくのか、この年齢でのあり方をじっくり考える時期なのかもしれません。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
早春賦 08:35
今日は渋谷でのコンサート。もう1月も終わりというこの日に、私はやっと今年初めてのステージを迎えます。これほど演奏会から離れている期間が長いのは久しぶり。それだけになんだか遠足の朝のように気持ちがはしゃいでいます。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
明日は渋谷 21:39
丸三日こもって準備に明け暮れたコンサートは、明日いよいよ本番を迎えます。最後まで残っていた邦楽ソロの編曲もやっとそれらしくなりました。まだ弾き込みが足りないので、もう少し粘ってみようと思いますが、その前に一仕事です。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
タッチパネルに振り回されて 18:15
今日も終日のひとり稽古です。誰にも会わず、誰とも会話せず。耳にするのは自分が奏でる音楽だけ。あちこち飛び回ったかと思えば、同じ場所でじっとし続けるなんて、まるで渡り鳥のようです。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
気がつけば日曜日 18:43
日曜日の演奏会に向けたリハーサルは、昨日で終了。あとはそれぞれにリハーサルでつかんだイメージをベースに、自分自身ですべき準備を進めて当日を迎えます。私も終日マイルームにこもっていますが、まだ下準備の段階。残すところあと数日。そろそろピッチを上げなくてはいけません。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
フルートシスターズ 11:21
27日のSongs from My Heartに向けたリハーサルが、昨日よりスタートしました。いつもは5人のメンバーで演奏していますが、今回は7人の豪華版。プログラムもボリュームたっぷりで、引き立て役の私はてんてこ舞いです。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
和歌山ラーメン 23:39
この3日間はレッスンオンリーのセミハードスケジュールです。年始のレッスンですので、穏やかに楽しく濃密に。子どもたちの演奏を聞きながら、やっぱり音楽はいいなぁと、思わず笑顔になる毎日です。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
音楽を考えさせるということ 20:28
冬空に、遠くの富士山がよく映えています。街角の雪は氷の塊となり、子どもたちの格好の遊び場に。そばを歩く大人たちはヒヤヒヤ。車はもっとビクビクです。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
続・地下劇場 07:18
昨日は北千住の隠れ家的地下小劇場の印象を話題にしました。今日の話題は上海にある世界最大の地下劇場からスタートします。まだ生まれて1年半足らずの美しく壮麗なホールは、私が生涯で最も気持ちよく演奏できた空間のひとつです。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
地下劇場 00:00
気温が上がらない水曜日。まだ雪の残る道を歩いて、北千住にある古い音楽事務所を訪ねました。手袋もマフラーもないばかりか、薄手のジャケットだけでしたが、少しも寒くないのは、すでに気持ちが音楽人間にシフトしているからかもしれません。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
マカオより愛を込めて 01:42
2012年のラスト演奏を終えると同時に、2013年の幕開けをマカオで迎えました。音と光のシャワーに包まれながら、まるで人類にとって譲れない何かを勝ち取ったかのような歓喜の渦に埋もれて。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
門下生へ今年最後の課題です 00:00
全国に点在する神田将門下たちは、今年も一年を通じて実によく努力していました。その成長は、演奏を聞けばすぐにわかります。技術の程度はそれぞれですが、ひとたび演奏が始まれば、思わず引き込まれずにはいられない音楽を奏でられるようになっています。そんな門下たちを、私は心から誇りに思います。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
ラ・フランチェスカからのハガキとファンクラブ山口のブログ 10:31
クリスマスの夜、自宅に届いているはずの楽譜がどうしても必要になり、一瞬だけ東京の自宅に立ち寄りました。自宅に立ち寄るなんて変な表現ですが、まさにそんな感じ。たまった郵便物を整理していると、山口コンサートで滞在したラ・フランチェスカからのハガキがありました。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
湯暁風の琵琶に感じる美の極み 00:00
真冬の寒さが続く上海。外を歩くにはマフラーや手袋が欠かせませんが、室内で感じる陽の光はとてもやわらかく、縮んだ体をピンと伸ばしてくれます。スケジュールはフリー。気ままな一日を過ごせそうです。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
スウィートな熱情 pique Live Stage 23:38
年末が近づくにつれ、駅前が気分が高揚した若者たちで埋め尽くされる下北沢。私には無縁だった街ですが、とあるライブハウスでのパフォーマンスを楽しむため、意を決して出掛けて来ました。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
オフシーズンのレッスンで基礎力アップを 16:49
先週末は関西でのレッスンでした。子どもたちに会うのを毎回楽しみにしていますが、ピリピリしたコンクールシーズンとは違って、ニュートラルでリラックスした姿が見られるのが、今の時期ならではの喜びです。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
霧島市キッズコンサート最終日 21:39
霧島市内の小学校を訪ねる巡回コンサートも今日で終了です。朝からすでに寂しさを感じながら、国分のホテルより午前中の学校へ。車はあちこちに温泉が湧き出ていて紅葉の名残りが美しい天降川沿いの風景を眺めながら走り、小一時間掛けて牧園小学校に到着しました。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
雨の霧島とフェリーチェの生パスタ三昧 21:13
あいにくの雨。しかも気温が低く、演奏者にとっては厳しい朝になりました。でも、気分だけは晴れやかに、子どもたちに音楽を届けるため、今日も2校を訪ねます。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
霧島市内4つの小学校児童とともに 20:26
今日も午前と午後2回のキッズコンサート。穏やかで過ごしやすい陽気に恵まれた今朝、まずは宮内小学校を訪ねます。実を付けた大きなせんだんの木のある広い校庭では、子どもたちが楽しそうに体育の授業を受けていました。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
天降川小学校と鹿屋東中学校を訪ねました 22:24
すばらしい晴天に恵まれた鹿児島巡回キッズコンサート2日目。午前中は霧島市雨降川小学校、午後からは鹿屋市鹿屋東中学校を訪ね、それぞれトリオでの熱演をお届けして来ました。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
阿久根小学校へ行ってきました 17:56
昨晩から急に風が強くなり、宿の窓に打ち付ける雨と風に胸騒ぎを呼び起こされ、ほとんど眠れぬ夜を過ごしました。朝、海には白波が立ち、鳥たちも風に向かって必死に飛んでいます。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
リトルコンサートに寄せて 00:57
本日、新潟県村上市でピアノのリトルコンサートが開催されます。出演するのは私ではなく、みどりピアノルームに通う総勢45人の皆さん。応援に駆け付けたいところですが、それも叶わず、プログラムだけ分けてもらいました。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
お客様はトラベラー 17:58
最近、私のコンサートでは、遠方からはるばるお越し下さるお客様が多くなってきました。新幹線や飛行機、あるいは長距離をご自身が運転する車で、はたまた海外まで旅してでも私の音楽を求めて下さることに、大きな歓びと誇りを感じています。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
鹿児島キッズコンサートツアーに向けて 18:04
秋が深まってくると、鹿児島の季節。新潟から戻って一息ついたところで、サクソフォンの波多江さん、ピアノの米津さんとともに廻る、子どもたちのための巡回コンサートに向けた準備に取り掛かりました。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
19年目に向けて 00:02
ツァオレイとにっほん丸を降りてから1週間。下船後も香川、東京と演奏会が続き、2012年秋のコンサートシーズンのクライマックスを、存分に楽しみながら成功させることができました。この勢いで残りのシーズンも進んでいきたいと思います。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
CINDYさんの La Dolce Vita FM世田谷 00:06
日曜日は朝の第1便で羽田から大阪へ飛び、和歌山宮井クラスのレッスンへと急ぎました。開始時間ギリギリながらも遅れることなく到着出来たので、当日の移動でも大丈夫だとわかったのですが、前泊する方が体力的には楽です。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
ツァオレイ、無事来日! 19:57
ツァオレイが上海から到着しました。熱烈なファンたちが成田空港で出迎えた後、その足でエレクトーンシティ渋谷に駆け付け、ツアーに向けてリハーサルをしました。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
和歌山宮井クラス第2期スタート 21:42
修了コンサートでの堂々とした演奏が記憶に新しい和歌山宮井の神田将クラスは、本日より第2期のレッスンがスタートしました。2年目のチャレンジに気持ちも新たに集まる子どもたちに、私も本気のレッスンで向き合います。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
鬼稽古再開 17:53
安中でのコンサート後から、少し自分の稽古の密度を落としていましたが、また濃厚な弾き込みを再開。移動や事務作業で時間が限られているため、短い時間で成果を上げるよう心掛けています。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
Postponement 22:23
いつもなら弟子たちのレッスンに余念のない私ですが、9月と10月の2ヶ月間は、ほとんどレッスンをしません。まるで放ったらかしのように思われるかもしれませんが、これも上達に向けた作戦のひとつです。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
ツァオレイと神田将/二胡とエレクトーン 21:11
今月末に来日を控えたツァオレイ。今回は3回の演奏会が予定されており、いずれもエレクトーンとのアンサンブルでお届けします。3回ともロケーションが異なるので、それぞれにマッチするプログラムを考案中です。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
いのちの電話 22:19
つらいとき、いつでも相談員が電話で話を聞いてくれるいのちの電話。その存在は広く知られていますが、どのように運営されているのか、どんな人が相談に乗ってくれるのかなど、私は具体的なことをほとんど知らずにいました。それが今日、縁あって群馬いのちの電話開局20周年の記念式典と祝賀会に招かれ、演奏を披露して来ました。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
仙台クラシックフェスティバル2012を終えて 18:00
昨日は、米津さんとのコンチェルトを終え、その余韻を満喫することも、関係者たちに感謝の気持ちを十分に伝えるゆとりもなく、台風で混乱が予想されている新幹線へと急ぎました。定時に出発した新幹線は、福島を過ぎたあたりから強い雨に打たれ始め、まさに荒れた天候の中へ向かっているのだと感じさせながら、東京へひた走ります。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
新潟テルサ 22:46
午後の新幹線で新潟に向けて出発し、明日からのカルメン公演会場となる新潟テルサに入りました。1500人規模の大ホールは4月の上海以来久しぶり。スケール感のあるホールにいるだけで、気分が高揚してきます。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
ピアノコンチェルトの初リハーサル 21:20
せんくら最終日に予定されている米津真浩さんとのアンサンブルに備え、エレクトーンシティ渋谷でリハーサルをして来ました。米津さんと会うのは3月以来。笑顔に変わりはありませんが、外国での研鑚を終えて戻った直後だけに、今までとは違ったものを感じさせます。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
カルメンのドレスリハーサル 22:22
冷たい雨の日曜日。オペラの稽古場にエレクトーンが運び込まれ、本番を目前に控えたカルメン公演のドレスリハーサルをおこないました。初めてエレクトーンの演奏を聞く歌手は、どんな印象を持つのでしょう。責任重大です。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
表現の探究 20:26
外出なしの一日。稽古中の作品が、弾く練習から表現の域に入って来たことで、1ページごとに余計に時間を要するようになりました。早朝にカルメンを弾き始めて、一通り終わったのが12時間後。安心して弾けるようになるには、あと1年くらい没頭したいところです。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
カルメンの音楽リハーサル 19:44
今日はカルメンの音楽稽古日。本音をいえば、合わせるよりも自己練習に時間を使いたいところですが、覚悟を決めて出掛けて来ました。初めての指揮者と初めて音楽的な対面をする時は、かなり緊張します。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
ラベルとビゼーとラフマニノフと 19:58
新潟から自宅に戻ってすぐ、また終わりのない稽古を再開しました。エレクトーンの電源は24時間ついたまま。スタートアップを待たずに、いつでも瞬時に演奏できる環境になっています。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
へらないページ 02:36
午前5時から楽器に向かい、ただいまやっと小休憩。これからブドウで食事です。夕食なのか、朝食なのか。21時間半やり続けても、分厚い楽譜は少しも減ったように感じません。まだまだ先は長いようです。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
美しい旋律 00:13
今月中の演奏に必要な編曲がほぼ終わり、エレクトーン演奏用のレジストレーションデータ作りに入りました。楽譜作成ソフトで仕上げた譜面をプリントアウトしたところ、400ページ以上という膨大な量。それを見るなり、怖じ気づきましたが、とにかくやるしかありません。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
引き続きフレンチキッス 20:48
やっとカルメンの編曲が終わり、ひとつの峠を越えました。楽譜に没頭している間に、東京の空は夏から秋へと変わり、私はすっかり歳をとったような気がします。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
やっと第4幕 21:27
本来なら、すでに終わっているはずの編曲は、やっとカルメンの最終幕への前奏曲に差し掛かったところです。今夜中にカルメンを終え、引き続きラベルの組曲に取り掛かる予定。厳しい展開に、余裕のない週末です。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
ただいま第3幕 18:55
ふと我にかえり、和歌山の修了コンサートのことを思い出して、子どもたちの熱演に元気をもらっている私です。あれからもう、何年も経ったような錯覚。オーケストラからエレクトーンへの編曲は、精神的にかなりの負担です。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
2nd Concerto by Rhachmaninoff 13:11
昨晩、徹夜で編曲したのは、せんくらで米津真浩さんと共演する、ラフマニノフ作曲のピアノ協奏曲第2番。朝には出掛けなければならず、それまでに仕上げようと粘った結果、出発5分前に最後の一音を書き記すことができました。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
いつか目的地へ 15:23
ゴールははるか遠く、霞んで見えない。その道のりを思うと、怖じ気づきそうになる。だが、一歩ずつ進もう。後に振り返れば、恐れていたほど道はきつくなかったと感じるはずだ。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
娯楽と芸術の間で 13:35
演奏会では音楽を楽しんでもらいたい。でも、それ以上に芸術性を感じてもらいたいというのが、最近の私の心情です。楽しむことと芸術性は同居できるはずですが、適切なバランスを取るのはとても難しいと感じています。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
観客のいないコンサート 00:00
金曜日の午前中に和歌山へ向けて出発し、サマーコンサートの会場となる宮井ホールへ。25日のコンサートのために、午後からずっとホールでリハーサルをさせてもらいました。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
本格派無料サマーコンサートに向けて 00:00
18日に香川で開催予定のサマーコンサートが、いよいよ目前に迫って来ました。準備のために16日に香川入り。メインで演奏する若者たちに最終的な稽古を付けるのが、私に課せられた最大の役割です。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
35小節×200回 00:30
昼夜を忘れて楽器に向かうこと3日目。約束の作業をひとつひとつ終わらせながらも、達成感や開放感にはまだ縁遠い気分が続いています。そんな中、自分の稽古も少々と思って弾き始めた曲にとりつかれ、ある部分だけを延々と繰り返しています。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
弟子たちが主役の夏 00:00
入道雲がみるみる形を変えていく空は、いつまで眺めていても見飽きることがありません。さて、月曜日は和歌山で臨時レッスン。平日に行くのは初めてです。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
松本淳一リサイタル2012 00:00
8月2日の夜は、錦糸町のすみだトリフォニーホールで開催された、松本淳一さんのリサイタルを鑑賞しました。錦糸町は、今話題のスカイツリーにもほど近く、目の前に巨大なタワーがそびえているのが見えます。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
久しぶりの名古屋 00:01
灼熱の東京から快適な新幹線に乗って名古屋へ。まぶしい日差しを浴びる緑がとても生き生きと見えました。着いた名古屋は東京より一層の暑さ。じっとしていても汗が吹き出します。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
Treador Song 00:24
今度の日曜日は2010年以来となる名古屋での演奏会。ソロ演奏のほか、バリトン歌手とのアンサンブルがあるので、今週はたっぷり時間を取って、名古屋に向けた準備をしています。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
演奏会前夜の緊迫感 00:22
夜が明ければコンサートの一日が始まります。もう何年も続けて開催してるシリーズの演奏会ながら、準備の大変さでは文句なしにトップクラス。とりわけ今回はギリギリの今になっても、自分が納得できずに試行錯誤を重ねています。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
KANSAI SUPER LESSON 00:41
関西滞在3日目。のどの調子もよくなり、心置きなく大声を張り上げてレッスンにのぞめるようになりました。阿倍野橋にできる日本一高いビルは、着々と工事が進んでいる様子。子どもたちの実力や感性も、こうして着実に積み重なってほしいものです。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
演奏会場で成果を発揮するために 00:00
この季節、コンクールや発表会などで、ステージを控えている人が多いことと思います。今日は、自宅や教室では仕上がりのいい演奏ができるのに、ステージに行くと思い通りにならないという人のためのアドバイスです。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
日本のうた 06:08
今週は22日に控えたコンサートの準備を進めています。プログラムはすべて懐かしい日本のうた。誰もが知っている童謡や唱歌が次々と飛び出してきますが、このシンプルな魅力をエレクトーンで表現するのはあんがい難しく、新しいセンスを開拓する必要があると感じています。



続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
七夕に願いを込めて 00:00
木曜の晩は高熱がピークで、とても寝苦しい一夜を過ごしましたが、たっぷり汗をかいたことで、朝にはだいぶ楽になっていました。だましだまし身支度して朝食を。快復期には食べることが一番大切ですね。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
7月のコンサートに向けて猛特訓中 01:53
連日の集中稽古。人に会うこともないので、必然的に会話もなく。これなら都会でなくても生きていけそうですが、こんな日常こそが都会的なのかもしれません。公園に一羽のカモ。なんだか気が合いそう。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
丁寧に仕上げてベストパフォーマンスを 00:59
1週間続いた「せんくら」のブログ当番も、今日で最終回。いつもトップバッターなので、依頼が入ってから締め切りまでの間が2〜3日しかなく大慌てですが、人を気にせず好きに書けるので、むしろラッキーです。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
レジストレーションエディットの前にもう一度スコアを読む 00:33
新潟での有意義なリハーサルを終えて東京に戻ってきました。緊張から解放され、久しぶりにまとまった睡眠を取ったところで、更なるグレードアップを目指していきます。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
見えない光 12:51
今週は、取り憑かれたようにだた一曲を弾き続けています。7月7日に新潟で演奏するジョン・ラターのグローリア。想像していたよりもはるかに奥深いこの作品は、私の弱点を見事に浮き彫りにし、それを克服する道を開いてくれました。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
真夜中の稽古 01:51
まだ強い風が窓ガラスを叩きつけている深夜1時50分。もう稽古は27時間続いています。その間、軽い仮眠や気分転換を兼ねての外食、メールチェックなどをする他は、ずっと楽器に向かいっぱなしです。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
美しい無から始まる音楽 00:08
演奏中、私がどんな心境でいるかについては、昨年9月にも話題にしました。門下生たちにも、演奏中のこの素晴らしい気分を味わわせたいものですが、方法を伝授するのは難しいと痛感しています。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
レジストレーションエディットと音楽稽古の関係 16:12
今日は、エレクトーンでクラシック音楽を演奏する場合における、稽古の進捗状況とレジストレーションエディットのタイミング的な関係についてお話しします。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
3時間移動と9時間レッスンと1時間筋トレ 00:30
朝一番でホテルブレックファストを食べ、片道1時間半掛けて和歌山へ。土曜日はわずか2時間半のレッスンでギブアップ寸前だったので、日曜日の9時間レッスンに耐えられるか、かなり不安でしたが・・・

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
スーパーレッスン再開 22:04
2時間のコンサートと2時間のレッスン。どちらが消耗するかというと、レッスンの方です。

コンサートもタキシードがびっしょりになるほどですが、レッスンはほとんど常時叫んだり踊ったりしているので、音楽に身を任せて弾いているコンサートとは疲れ方が違います。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
和田龍 新酒を味わう会 23:44
6月恒例の和田龍新酒を味わう会に参加するため、信州上田を訪れています。今年の会場は、上田駅から徒歩3分という便利な場所にありながら、源泉100%の温泉を持つ宿、祥園。今夜の宿泊もこちらです。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
クローズイベント 20:11
クローズイベントとは、一般にチケットを販売せず、あらかじめ決まったお客様を対象にした催しです。このブログでも何度か話題にしましたが、学校での演奏会や、企業が主催するパーティでの演奏もこれに当たります。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
Gloria / Rutter 17:22
もう6月。私が好きな雨の季節はもうすぐですが、一年の半分が程なく過ぎると思うと、少々気ぜわしく感じます。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
ハモンドオルガン 19:09
新潟コールトゥッティの窓口になってくれている方の新築の家にお邪魔した時のこと。真新しく心地よいミュージックルームには、グランドピアノに並んでハモンドオルガンが置いてありました。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
最前列のお客様 18:48
コンサート会場が大きくても小さくても、ステージから見て一番目立つのは、やはり最前列です。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
ヒューマン・エラー 19:58
ここ数日、日にちの感覚がありません。香川から意気揚々と帰って来たとたん、やっぱり喉の虫が動き出しました。でも、週末までにやるべきことがありますので、文字通り這ってやっています。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
コンサートホールで効果的な演奏をするために 00:00
ふだんは自宅や教室でエレクトーンに親しんでいる人でも、発表会やコンクールなど、大きな空間で演奏する機会があることと思います。今回は、そうしたコンサートホールで演奏する際の注意点を解説します。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
才能の伸ばし方と守り方 10:02
私には音楽的才能がないのかもしれない。どんなに頑張っても思い描いた成果に手が届かない。音楽を心から愛しながらも、そんな風に思い悩む人に出会うと、どんなに時間を掛けてでも話を聞いてやりたくなります。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
明日をはぐくむとくしまの調べ 03:40
第27回国民文化祭のプレイベントとして開催された「明日をはぐくむとくしまの調べ・親子のためのコンサート」に弟子のひとりが出演したので、そのサポートに行ってきました。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
エレクトーンのタッチコントロール 00:00
大阪に向かう途中、羽田空港内に新しくできた伊勢丹を見物。「みるだけ」のつもりが欲しいものだらけで、私には珍しく思いっきり衝動買い。そのうちのひとつが虹色カフスです。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
エレクトーンで奏でるオーケストラのニュアンス 00:00
昨日はエレクトーンのレジストレーションはシンプルな方がいいという話をしました。ただし、これは「私にとっては」のことであり、すべての人に勧めるものではなく、曲のジャンルやスタイルによっては、異なるアプローチの方が有効かもしれません。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
エレクトーンでナチュラルな音を奏でるには 00:00
今日はエレクトーン演奏に欠かせないレジストレーションについて考えてみたいと思います。

私のコンサートで演奏を聞いた方々のうち、少しでもエレクトーンに親しんだ経験のある人は、相当凝りに凝ったレジストレーションを使って弾いていると感じるかもしれませんが、実は極めてシンプルに仕上げてあります。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
宿題山積 00:00
東京に戻って来ました。今月は旅が多く、東京にいるのは10日ほど。留守の間にたまった仕事に早速取り掛かることにします。

目前に迫るコンサートのステージプランを練る合間に、新しく引き受けたコンサートの打ち合わせや、それに関わる編曲も進めていきますが、今、最も急を要する作業は門下たちのコンクール向け課題の添削です。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
ちょっと袋井まで・・・ 00:00
土曜日の山口さくらコンサートは最高の気分でした。余韻そのままに日曜日は終日和歌山宮井楽器の特別レッスン。受講生たちの音楽に大きな進歩と手応えが感じられ、私は更に上機嫌に。そして月曜日は静岡県の袋井まで、ちょっとお出かけです。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
時間との戦い 20:57
上海での演奏会準備に没頭していますが、とても時間が足りません。体調のこともあり、いつものように(というか若い時のように)ノンストップで弾き続けるわけにもいかず、気ばかりが焦ります。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
私はなぜ音楽家になったのか 01:25
最近、取材やインタビューを受ける時に、私の音楽のルーツを尋ねられる機会が多々あります。あまり深く考えたことがないので、いつも答えに窮してしまいますが、改めて考えるチャンスを与えられたような気もします。

私は音楽家になろうと望んでなったわけではありません。気がつけばステージに立っていた。うそのような本当の話です。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
演奏フォームの修正 19:09
雪は解け、いつもの東京に戻りましたが、今日も外出はせず、楽器に向かって稽古、というか特訓中。昨日リサイタルの動画を見ながら気になった自分の演奏フォームの修正が主目的です。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
リサイタルの動画 18:35
東京にも雪が降りました。こんな日は外出を控え、稽古場にこもって音楽とともに過ごすのが一番。たまりにたまった宿題を、ひとつずつ紐解いていきます。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
夢は途中 by TONPEI を聞きながら 00:28
和歌山で稽古の日曜日。月に一度の宮井楽器エレクトーン特別レッスンです。大阪から和歌山に向かう特急列車の窓から見る景色は、明るい日差しに包まれ、暖かそうでした。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
エレクトーンとその演奏環境 00:00
音楽表現の効果を最大限引き出すために演奏環境が重要なのは、エレクトーンに限ったことではなく、あらゆる楽器にいえることです。しかし、電子楽器であるエレクトーンは、演奏環境を選ばず、どこでも弾ける楽器だと思われがちです。コンセントさえあれば。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
韓国からようこそ! 18:52
ディナーショーの準備がかなりいい感じになったところで、今日は韓国からのお客様を迎え、エレクトーンシティ渋谷で演奏によるコミュニケーションを楽しんで来ました。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
オペラハイライトのリハーサル最終回 00:09
日曜日はエレクトーンシティ渋谷が休業のため、ヤマハ銀座の教室を借りてリハーサルをおこないました。半分楽しくて、半分ドキドキで・・・

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
今日は歌いっぱなし 21:33
今日も終日の2月9日に向けた稽古ですが、弾くよりも歌っている時間の方がずっと長く、スーパーレッスンでシャウトした後のように喉がガラガラになりました。カラオケで気分発散というわけではなく、これもオペラの稽古です。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
無限の集中力の秘密 20:57
今日も早朝から終日ひとりきりで稽古です。食事の時間以外はずっと楽器かパソコンに向かいっ放しですが、集中力が途切れることはありません。その秘密は干し葡萄です。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
オペラハイライトに向けて 21:51
2月9日にフォーシーズンズホテル椿山荘東京20周年記念ディナーショーでは、オペラ「椿姫」(ヴェルディ作)のハイライトをお届けします。主要キャストの歌手3人と、エレクトーンによるひとりオーケストラ。このミニマムな編成でオペラの醍醐味をいかにして伝えるかをテーマに、日々練り続けています。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
千人のパーティ 19:55
今日は、とある企業の新年パーティに招かれての演奏。来日中のツァオレイとのアンサンブルです。都内有数の規模を誇る大宴会場に集まるお客様は千人。テーブルセッティンッグだけでも圧巻です。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
弾くことがすべて 20:31
この歳になっても、時間を忘れるほど何かに集中できる気力が残っているのは、とてもありがたいことです。

ずいぶんと長い時間、楽器に向かって弾き続けている一日。こうなればOKというゴールはなく、ひとつクリアすれば、すぐまた次の課題が浮かび上がってくる。その繰り返しは、永遠に続くのかもしれません。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
歌と楽器 21:41
朝からずっと23日の準備に、寒さも季節も忘れて勤しんでいたら、珍しくあちこちから電話が。ふだんは電話嫌いな私ですが、ちょうど作業に行き詰っていたので、いい気分転換になりました。

母たちは南国へ旅立ち、北国からは嬉しい知らせが入り、地球は広いなと感じたり。季節はどうであれ、どこでもクリスマスムードが高まっているようです。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
最後のピアノ 21:48
23日のコンサートではエレクトーンの他にピアノも弾きます。もう人前で弾くことはないと思っていたピアノ。稽古をしていても、なんだか初めて触る楽器のような感じでした。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
good morning airport 09:59
18日のコンサートのため、山口に来ました。暗いうちに自宅を出発し、混み合う小さな飛行機で宇部空港に到着。空港内のCOCO'Sで、後続の便でいらっしゃる高橋晴美先生をお待ちしています。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
エレクトーンシティ渋谷までのルート案内 00:01
場所がわかりにくいと評判のエレクトーンシティ渋谷。何度行っても迷うという人も少なくありませんので、渋谷駅からエレクトーンシティまでのルートを、写真入りで解説します。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
ふたつの交響詩 21:01
鹿児島県の学校巡回トリオコンサートは今日が最終日。やっと緊張感がほぐれ、アンサンブルが絶妙になってきたばかりで、名残惜しさが高まるばかりです。

今朝から天気は下り坂。昨晩チェックインした宿の窓からは、はるか海の向こうに懐かしい甑島のシルエットが見え、それに導かれるようにして海辺を散策。ほとんど人に出会わず、静かな時間を持つことができました。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
それぞれのたそがれ 22:19
今日のコンサートは霧島市の小学校と鹿屋市の中学校の2回。年齢が違えば演奏会の雰囲気も大きく異なりますし、霧島から鹿屋までを限られた時間内で移動し、準備を整えなければならないので、今週の中では今日が最もハードなスケジュールです。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
銀杏が燃え山茶花がこぼれる校庭 19:44
今日も霧島市内の小学校2校を訪ね、トリオコンサートで盛り上がりました。霧島の子どもたちはとにかく明るく元気。手拍子が始まれば、エレクトーンの大音量をかき消す迫力です。

ステージの準備が行われている間、私の秘かな楽しみは校舎や校庭の散策。静寂を意識しながら、演奏会への心の準備をします。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
鹿児島の白くまと霧島連山 20:03
霧島市巡回コンサートの初日は、高千穂小学校と向花小学校を訪ねました。合間には、鹿児島名物の白くまを初めて食べたのですが、今日は気温が高かったのでひときわ美味しく感じ、凍ったチェリーの味も新発見でした。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
ヤギのリンと真っ青な空 00:00
木曜日の午前中に訪ねた小学校では、なにごとにも物怖じしない頼もしい子どもたちと、ヤギのリンに出会いました。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
クリムトの接吻とシュルンベルガーのスパークリングワイン 00:00
冷たい雨の金曜日、オーストリア大使館で催しがあり、その中でご来賓の皆さまにエレクトーン演奏をお届けする機会をいただき、張り切って弾いて来ました。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
レッスン三昧 08:12
金曜日の午前中に高松へ飛び、以来、レッスン三昧の週末です。下の写真は機内から見た富士伊豆箱根国立公園。角度的に富士山は見えませんでしたが、芦ノ湖の湖面が銀のように輝いていました。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
エレクトーン演奏のタッチ感 09:11
全身を使ったダイナミックな演奏が魅力のエレクトーン。ピアノとエレクトーンは同じ鍵盤楽器ですが、その奏法はまったく異なります。では、具体的にどんな違いがあるのでしょうか。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
玖珠の子どもたちからのメッセージ 22:10
昨晩のメルサンホールコンサートでの余韻とともに、1日3公演の心地よい疲労感の中で迎えた朝。1週間の滞在となった玖珠町ともいよいよお別れです。

飛行機で東京に戻るため一足先に出発した波多江さんを見送ってから、私はホールの担当者に豊後森駅まで送ってもらいました。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
子ども太鼓との共演 17:32
玖珠町学校巡回公演3日目。今日は午前中に市街地の大きな小学校を、午後からは街から離れた小さな小学校を訪問しました。移動の車窓には風光明媚な景色が広がり、演奏会に向かう気持ちを強く後押ししてくれます。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
第九とあめ湯と五重塔 21:45
雨の姫路から新幹線を乗り継いで山口へ。岩国を過ぎた頃から晴れ間が見え始め、深呼吸したいような晴天になりました。山口に近づくと張家界で見たようなカルスト地形特有の風景に懐かしさも。さあ、第九までいよいよ一週間です。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
第九三昧 15:20
火曜、水曜と食事以外は一切外出せず、24時間体制で稽古に勤しんでいます。特に睡眠時間を設けず、疲れて集中力が持たないと感じたら一休み。すぐに蘇生してまた楽器に向かうという繰り返しです。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
明日はリサイタル 08:58
明日14日は、東京でのリサイタルです。毎年のことですが、直前まで準備に没頭し、いくら時間があっても足りません。とにかくベストを尽くすのみです。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
福島から仙台へ 21:31
今日は福島県白河市での小学校巡回コンサート最終日。26日から3日間は市内中心部の学校を回りましたが、最終日はかつて村部だったところを訪ねました。夜明けとともに起き、軽く走った街並みとも一度お別れです。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
テッパンエナジー白河 00:00
白河市内小学校巡回コンサート初日はとどこおりなく終了。午前と午後で約700名の小学生たちと一緒に音楽を楽しみました。

会場は体育館ですが、ぬくもりのあるリッチな響きは、名だたるホールにも負けないほど。手元を映し出すスクリーンで、指使いのディテールも見ることができます。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
コンサートシーズン到来! 00:00
9月の張家界音楽週から始まった秋のコンサートシーズン。昨年までに比べれば楽なスケジュールですが、年末までの長丁場を乗り切れるのか心配です。

すでにシーズンに入っているとはいえ、10月は毎日が正念場。そろそろ大気圏突入という感じで、まもなく全身全霊が激しく熱を帯びて燃え上がります。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
本番に強い人 00:33
18日はジュニアエレクトーンフェスティバルの大阪ファイナル大会の応援に。子どもたちの熱演はどれも生き生きとしていて、弾く歓びに溢れていました。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
最優秀音楽演奏賞 02:40
16日から17日に掛けては、さまざまな列車を乗り継いで鉄道の旅を満喫。車窓の風景はインスピレーションの宝庫であり、とりわけ初めての路線は好奇心を掻き立てます。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
絶叫と熱狂の張家界最終日 03:02
張家界での音楽祭は16日まで続きますが、私は日本でのコンサートのため、14日を最後に張家界を後にします。いきなり千人の友だちができたばかりですが、もうお別れしなければなりません。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
張家界は遠かった! 04:01
東京の自宅を午前6時に出発し、現地時間の正午に上海へ到着。そこで、ツァオレイと落ち合って、6時間の乗り継ぎ待ち。そして、何のアナウンスもないまま1時間以上遅れて出発した国内線で、やっと湖南省の張家界へとたどり着きました。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
音とこころの散歩道 00:00
コンサートのプログラムを決める時は、いつもギリギリまで悩みます。弾きたい曲は決まっていても、それが当日の雰囲気やニーズにふさわしいかどうか、なかなか判断がつかないのです。

できるだけ聞き手の要望に応えたいという気持ちもありますが、求められるがままでは、新鮮な発見をお届けできません。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
弾きながら思うこと 00:00
演奏中は何を考えているんですか、という質問を時々受けることがあります。壮大な音楽の世界を紡ぎだすために、頭をフル回転させていると答えたいところですが、実は何も考えていません。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
CD“ロマンス”残数僅少/ご案内中のコンサート 00:00
10月14日リサイタルのチケット先行予約に多数のお申込みをいただき、誠にありがとうございます。552席がいっぱいになるには、まだまだ余裕がありますので、引き続きよろしくお願いします。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(1) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
たくさんの夜明け/リサイタル先行予約開始 00:00
深夜の方がものごとがはかどるのは涼しいからか、元来の夜行性を引き継いでいるからか。ここのところは深夜のデスクワークがルーチン化していて、毎朝、素敵な夜明けを眺めています。フレッシュなコーヒーとともに。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(2) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
コンサート形式の発表会 00:00
私が稽古をつけている特待的門下生は現在3人いますが、楽器に向かって一緒に音楽を練っていくことばかりでなく、さまざまな経験をさせてやりたいと思っています。そのひとつが演奏機会を設けてやることです。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(3) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
静謐な色彩園へ 00:00
日曜日の夕刻は、渋谷で開かれた松本淳一さんら3人が出演するコンサートへ。本日のブログタイトル「静謐な色彩園」は、ご案内にあった松本淳一さん自身のことば。まさに、その通り音世界がそこにありました。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(6) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
冷静と熱狂のあいだ 18:50
全国から飛び込んでくるコンクールの結果に、一緒になって喜んだり、ガッカリしたりの一日。それぞれに精一杯の努力を重ねて取り組んできたことは間違いなくても、結果はさまざまです。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(6) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
緊張を克服するには 00:00
演奏会やコンクールなど、人前で演奏する時に限って、緊張で思うように体が動かず、日頃の成果が発揮できなかった。そんな経験をした人も少なくないことと思います。では、どうしたら緊張せずに、落ち着いて演奏することができるのでしょうか。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(4) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
印象に残る演奏とは 10:56
人は音楽からさまざまな印象を得ます。おそらくよい演奏ほどその印象は強く、聞いた人の心に長く留まるような気がします。

では印象に残る演奏には、どんな違いがあるのでしょうか。そして、印象に残る演奏をするにはどうしたらいいのでしょうか。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(11) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
コンサートとレッスンのバリューセット 00:28
和歌山でのソロコンサートから明けた日曜日の午前5時。いつも通りに目覚めてホテルの窓から外を眺めると、和歌山城が朝日を浴びて、まるで森に浮かんでいるかのよう。早速ウェアに着替えて、堀の周囲をランニング。気分爽快です。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(3) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
銀河に舞う調べ 23:23
今晩は、東京文化会館で開催されたサイイエングアンさんのソプラノリサイタルを鑑賞しました。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(2) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
演奏の表現力を高めるには 20:57
昨日、エレクトーンのコンクールを鑑賞してから、ずっと「表現力」について考えていました。

講評で審査員の先生がおっしゃったことも、集約すると「より伝わる演奏を心掛けてほしい」というもので、私もそれに同感です。では、どうしたら表現力が身に付くのでしょうか。そもそも表現力とは何なのでしょうか。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(7) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
コンクールの応援 21:01
午前中は大阪のホテル客室でゆっくりと過ごし、体力のリカバリーに努めました。休めていたのは喉です。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(3) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
己と闘う少女たち 22:41
今夜チェックインしたホテルにはもう笹飾りがお目見えし、訪れた人々の願いが託されていました。

笹飾りに見入っていると、ちょうどメールが。あたり一面ホタルの舞。せせらぎが胸に沁みるとありました。光景が目に浮かびます。浴衣の季節もあっという間にやって来そうですね。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(4) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
外灘画報 14:50
外灘画報は中国で人気のある大判の雑誌で、とても多くの発行部数を誇っています。取り上げる話題は最新の時事問題から、ファッション、スタイル、カルチャー、アートなど多岐にわたり、これを読めば上海の今が手に取るようにわかります。

その外灘画報の文化音楽ページに、私の記事が掲載されました。中国語のウェブ版が公開されていますので、ぜひご覧ください。こちらからどうぞ。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(3) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
魂による表現の領域 00:00
ブランクを置いた後で楽器に向かってみると、日常のように弾き続けている時には感じなかったことを、次々と発見することができ、とても新鮮です。

昨日のブログを書く直前まで稽古していた時は、それなりに本気で弾いているつもりでした。でも、一晩明けて改めて弾いた時は、まったく別の次元に突入した感覚になり、前日の本気は思いこみであったと気付きました。



続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(4) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
35日ぶりの稽古と「せんくら」情報 00:08
やっと楽器に真剣に向き合う準備が整いました。35日ぶりに心して鍵盤に触れ、丁寧に感覚を思い出しながら、長い時間ずっと弾き続けていました。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(5) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
制限時間 01:30
しまなみに暮れゆく夕陽を眺めながら、私の心には久しぶりに音楽が溢れていました。裏を返せば、4週間ほど意識的に音楽と距離を置いていたわけですが、時に餓えるまで待つことも、情熱を長く保つ上で有益なのです。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(2) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
ひさしぶりがふたつ 01:01
嵐のような東京で、ひさしぶりの出会いがふたつありました。どちらも私が心から敬愛する音楽家です。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(3) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
楽譜の電子化 00:00
ソロ、アンサンブル、あるいは私自身が演奏するのではなく、編曲だけを頼まれたオーケストラスコアなどなど・・・周囲は楽譜だらけです。

紙の楽譜もそれはそれで保存しておきますが、咄嗟の時にでも使いやすいようにするには電子化するのがいいと、友人から勧められました。でも、なかなか面倒な作業です。とりあえずティーブレイクを。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(14) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
ヤマハマスタークラスエレクトーンゼミ修了コンサート 00:01
4月24日は、エレクトーンシティ渋谷で、マスタークラスエレクトーンゼミの修了コンサートがあり、見物してきました。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(3) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
synchronized breathing 00:01
シンクロナイズドスイミングや、ブルーインパルスのアクロバット飛行のように、ぴったりと動きの合ったパフォーマンスを実現するには、研ぎ澄まされた感覚と気の遠くなるような反復練習が必要です。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(5) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
absolute silence 21:46
「ふだん、どんな音楽を聴きますか?」という質問をしばしば受けます。

コンサートではクラシック音楽をメインに演奏していますので、いつもクラシックを聴いていると思っている方も多い一方で「個人的にはどんな音楽を好むのか」という点に興味を持って下さる方もいらっしゃいます。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(4) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
風に揺られて 19:27
昨夜から強い風が吹き荒れる曇り空の東京。自宅近所を流れる川の両岸をびっしりと埋める桜が、みごとに咲き揃っていて、見物がてら散歩をする人ばかりでなく、たまたま通りかかった人たちも足を止めて見入っています。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(3) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
PRAYER 〜祈り〜 本日公開 11:59
中国から戻って2回目の朝。エキゾチックでスリリングな夢を見ました。私は中国の軍人で、謎の組織に追われる・・・なんとベタなストーリーだろうと思いながら逃げ惑っていました。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(6) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
上海公演のリハーサル 23:57
せっかく心地よい夢が見られそうなベッドに入れたというのに、隣室で中国人たちがハイテンションに盛り上がっていて、結局ほとんど眠れずに朝が来ました。

ゆっくりとバスタイムを取り、ホテル内のブラッセリーで朝食を。今はブッフェになりましたが、ファイブスターホテルならではの品揃えに加え、中国料理のアイテムも揃っています。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(2) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
今年の「せんくら」は・・・!! 19:19
2009年、2010年と、初めてのエレクトーン演奏としてエントリーさせてもらった仙台クラシックフェスティバル。例年なら、そろそろ出演依頼が来て、3月中に演奏プログラムを提出という流れでした。

3年連続のエントリーを願いながら、今年もお声が掛かるかどうか待ちわびていたところに地震が来ました。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(6) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
ひとりきりのコンサート 23:58
久しぶりにエレクトーンシティ渋谷へ。いつもより人が少なく、ひっそりとしていました。今日使わせてもらったスタジオからは、東京タワーがよく見えます・・・

続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(6) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
4月3日の上海公演に関するインタビュー記事 21:47
4月3日にコンサート開催が決まっている上海からも、大地震への見舞いの言葉が多数寄せられています。海の向こうで「YUKIは本当に来てくれるの?」と心配してくれる人も少なくありません。

明石と同じように、私は必ず上海に行きます。明石と違って這っては行けませんので、泳いででも行く!と宣言しましょう。

このコンサートに関連して、私へのインタビュー記事が公開されましたので、ご紹介させていただきます。文面は中国向けですので、日本向けのものより口調がきっぱりとしていますが、ご理解下さい。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(5) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
明後日の明石公演に寄せて 16:05
多くの人が苦しんでいる中での演奏会。そこに臨む気持ちが穏やかでないことは、ここでも繰り返し打ち明けて来ました。でも、例えば新潟では、お客様のほうが私よりもよほど分別や良識を持っており、私が音楽に込めたものを曲解することなく、まっすぐに受け止めて下さいました。明石に向け、もう迷いはありません。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(3) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
元気をふりまきに新潟へ 01:01
今日は新潟村杉温泉の名旅館「長生館」で開催されるディナーショーです。つい先日訪ねたような気がしていましたが、昨年の夏以来ですので8ヶ月ぶりです。木々に囲まれた見事な庭園。春には樹の芽が澄んだ水をたっぷりと吸って育っていましたが、今はまだ雪に覆われているのでしょうか。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(4) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
神田将が松山千春 20:25
私のレパートリーはほとんどがクラシック作品です。たまに脱線してミュージカルや映画音楽なども弾きますが、あくまでニュアンスはオーケストレーションです。ところが、今日は松山千春さんの作品をエレクトーン用に仕込んでいました。しかも、まんま千春さんテイストに。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(9) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
コンサートを創り出す人たち 19:40
3月に入り、私の周囲はにわかに活気づいています。春を待ちわびた蜂たちのように、さまざまなプロジェクトが動き出しました。秋が連日連夜のコンサートシーズンになるのに対し、春はイマジネーションの季節です。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(6) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
一発録りの名人 22:50
楽しかった昨日のランチとは対照的に、今日の食事はひとりきりで簡単に済ませました。これから数日は仕込みのオンパレード。消耗戦に突入した今となっては、食事も作業の一環のようなものです。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(11) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
黄昏のような曖昧さ 23:10
今日もまた暮れゆく瀬戸内海をぼんやりとみつめながら、大きな橋を渡って四国に来ました。昨日、にわかに決まった旅です。いつものように少女たちと音楽で対話をするために。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(4) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
幕末に惚れなおす 19:57
普段、目の前で演奏されるものを除いて、滅多に音楽を聞かない私ですが、今日は参考音源やらDVDやらを聞きまくりました。自分が弾かずに聞くという点ではスーパーレッスンの時も同じですが、レッスンと違い黙ってじっと聞くのはかなりの忍耐力がいります。

そして打ち合わせ、打ち合わせ、また打ち合わせ。演奏家は楽器に向かっている時間が大半だと思われがちですが、実際は演奏や稽古よりもミーティングや事前準備に時間を取られます。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(7) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
弾かせたい曲、大募集 18:58
今日はバレンタインデーですね。私にとって今年のバレンタインデーは10日のサロンコンサートでしたので、今日はフツウの日。でも、今にも雪変わりそうな冷たい雨ですから、今日がサロンコンサートでなくてよかったのかもしれません。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(23) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
今年のテーマは「クオリティ」 19:46
一月が暮れていく。見上げた空には、ところどころ低い雲が垂れこめていました。日差しや温もりが恋しい季節です。

今日は終日デスクワークデー。月末だからというわけではありませんが、こうした作業は音楽とは完全に切り離さないと、精神衛生上、何かと不都合が生じますので、まとめて一気に片付けることにしています。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(10) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
なんとなくリサイタル 20:53
今日もjetの新年会におけるゲスト演奏があり、充実した一日を過ごすことができました。ホテルに戻ってきた今も、まだ余韻に浸っています。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(9) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
演奏はじめ 22:22
今日は今年初めて演奏会がありました。 jetヤマハミュージックスガナミ経堂支部の新年会におけるゲスト演奏でしたので、関係者様のみが対象のステージとなりましたが、私自身が弾くことを思い切り楽しみながら、気持ちのよいスタートを切ることができました。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(8) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
自分をけなして魂に火を付ける 17:24
なんでザマ。まったくもって話にならないひどい演奏。姿勢は悪いし、表情も空っぽ、音楽設計もめちゃくちゃ。ただがむしゃらなだけで品性のかけらも感じない。これが自分だなんて何とも情けない・・・。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(5) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
2011計画、始動 16:59
年始に10日ほどの充電期間を持ち、体力的にも気持ちの上でもすっかりリフレッシュ。例年よりも遅くなりましたが、2011年の計画をすべてクリアするための本格的な活動が、昨日よりスタートしました。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(7) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
Shanghai Skyline 23:51
2010年最後を飾るコンサートのため、上海へやってきました。コンパクトにまとまっていて使いやすい羽田空港の新しい国際線ターミナルから出発したJAL便が到着したのは、虹橋空港の古いターミナル。

こちらもまたコンパクトですが、設備が古いこともあって、初めて降り立った空港なのに、とても懐かしい場所を訪れたような気分になります。

虹橋空港では現地で世話をしてくれる皆さんが出迎えてくれ、明日のコンサートがある劇場を併設しているホテルへと向かいました。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(5) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
音楽の翼に乗って 22:55
クリスマスイブの夜、皆さんいかがお過ごしでしょうか。ロマンチックなディナーや家族とのだんらん、あるいは職場の忘年会という方もいらっしゃることでしょう。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(7) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
Last Christmas 21:26
今日も25日のコンサートに向けたリハーサルがありました。昨日はフルートの藤原さんとメゾソプラノの松浦さんとの合わせでしたが、今日はフルートの玉村さんとです。

こちらは昨年の夏のステージからの写真。玉村さんはスタイリッシュな装いがよく似合います。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(2) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
ロボくんと大介さんと悪魔と天使 20:17
山口での濃密な40時間は、あっという間に過ぎ去ってしまったような気がします。多くの方々に力添えしていただいたコンサートも大成功に終わり、少しは余韻に浸りたいところですが、次のコンサートに意識をシフトしなければなりません。

思えば、リサイタルも上海も名古屋も、遥か彼方、遠い昔のように思えます。
我にかえる隙もなく、何かにとりつかれたように、ひたすら音楽に全神経を注いでいますが、こうしている間は不安や苦しみを実感することもありません。

月刊エレクトーン紙面で「永遠に続く研鑚と挑戦」と評していただいた際、「そうか、私の旅はまだまだ始まったばかりではないか」と気持ちを新たにしたことを思い出し、次のステップを踏み出そうではありませんか。

午前の便で山口宇部空港から羽田へ。「どこかに売ってないかな」と密かに探し求めていた宇部のお気に入りお菓子が、空港売店の軒先に山積みされているのを見て大喜びの私。

それがこちら。「ロイヤル」の「記念館の見える街」というお菓子です。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(5) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
an die freude 23:14
昨晩泊まったホテルでは、とてもとても狭い客室と、隣室から聞こえてくる盛大ないびきに悩まされ、ほとんど眠れず。あの豪快さからして、野獣のような男以外には考えられないのですが、巨体に狭い部屋と小さなベッドでは、さぞや窮屈だろうと同情せずにはいられませんでした。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(3) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
BIZET! BIZET! BIZET! 20:24
今日は終日仕込みと稽古のみのスケジュール。一歩も外出することなく自室で過ごしていますが、飲食禁止ルールを発令しているので、まだ食事にはありつけていません。

デスクに置いてある薔薇のプリザーブドフラワーだけが、束の間の安らぎを届けてくれます。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(3) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
一度限りの演奏に向けて 21:59
音楽的な創作活動と、企画などの事務的作業。どちらもデスクワークではありますが、それぞれに使う頭の領域が異なるため、これらを同時進行することは困難を極めます。

理想的なのは、創作と事務で取り組む時期を分け、それぞれに集中できる環境を作ること。さらに、演奏会が多い時は、演奏だけにフォーカスできれば言う事ありません。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(5) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
mission practicable 20:06
相変わらず、移動、移動の日々。ささやかなクローズイベントと、オフィシャルな打ち合わせを両立させるため、連日500キロ以上の旅を繰り返しています。名古屋-東京-京都-東京-大阪・・・・・ああ、交通費と時間と体力がもったいない。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(2) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
余韻を胸に次の挑戦へ 21:13
名古屋公演で私たち出演者の心を虜にした、満場のお客様からの喝采が、今なお私の胸に響き渡っています。総立ちのお客様からの歓声は、身震いするほどの心地よさでした。

いつまでも余韻に浸っていたいところですが、立ち止まってしまっては、これほどまでに歓迎して下さった名古屋の皆さまにもしめしが付きません。次の公演に向けて気持ちを引き締めいきましょう。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(3) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
新境地に希望はあるのか 20:33
明日はいよいよ名古屋での座長公演。午前中から仕込みがあるため、ひと足早く単身名古屋へとやって来ました。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(5) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
本日もおさかなづくし 21:14
ステージが待っている!
そう言い聞かせて動こうとしない体と朦朧とした頭を奮い立たせ、エイッと気合いを入れてベッドから出さえすれば、あとは音楽家としての私を保つことも、そう難しくはありません。

ただ、熱か高いので入浴は控え、寒さを感じないようにしながら身支度をしました。

そして向かった旭小学校では、またひとつ、私の宝ものが増えました。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(9) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
串木野シーサイドでマグロづくし 22:11
朝から少々雲行きがあやしかった木曜日、霧島と鹿屋で2回のトリオコンサートが行われました。

鹿児島に来てからしばしば目にするこちらの花。背が高く、花が大きいのでとても目立ちます。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(7) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
雨の霧島と縄文スピリッツ 20:40
下甑島以来、鹿児島で初めて雨が降りました。早朝は曇り空で、桜島からの噴煙と雲が融け合って、不思議なグラデーションを作っていました。

今日は霧島市内でのコンサート。1回目はかつて海だったという平地へ、2回目は山が連なる地域へ出掛けて行きました。

霧島は温泉がとくに知られていますが、茶どころとしても名高く、市街地にも茶畑が見られました。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(3) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
名古屋公演リハーサル第2弾 23:44


朝の伊丹−羽田便は満席。元来ビジネスマンの多い路線ですが、満席ともなるとさながらラッシュアワーのようで殺気すら感じられました。
続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(6) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
三重での二胡コンサートと松阪牛 22:25
今日は三重県松阪市にある「くしもと整形外科」の開院11周年を記念する催しがあり、二胡の姜建華さんと共演してきました。

くしもと整形外科の院長ファミリーが、姜建華二胡コンサートを手掛けているプロデューサーの親族というご縁から実現した今回のイベント。世界の姜建華さんをお迎えするにあたり、会館でのコンサートというスタイルをとることも考えたそうですが、例年通り医院のリハビリ室でのコンサートとなりました。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(9) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
岡山、香川、そして三重 23:48
秋晴れの空を仰ぎながら、朝のマリンライナーで香川へ。今日はスーパーレッスンです。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(7) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
音の「らしさ」より、文化的な音楽性 21:35
11月前半は、姜建華さんとのコンサートツアーやクローズ演奏会が続きますが、今日はそのための編曲を一気に仕上げる予定です。



新しく用意する作品もありますが、多くはやり慣れている曲。ではなぜ改めて編曲が必要かというと・・・編成が違うからなのです。
続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(9) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
名古屋公演の初リハーサル 22:02
冷たい雨が降りしきる東京で、今日は12月8日に予定されている名古屋公演のパーシャルリハーサルをおこない、その後はパークハイアットでティーブレイクをしました。



おかげさまで名古屋公演は早々と完売となりました。早い段階から名古屋の皆様に高い関心をお寄せ頂き、出演者一同、一層やる気満々に盛り上がっています。
続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(7) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
子どもたちからの手紙 23:52
9月に巡回コンサートをした、岩手県と秋田県の学校から寄せられた感想文の束が、今日、私の手元に届きました。

今、まさに私の目の前にある言葉の花束に、私の心は大きく揺さぶられました。そこには子どもたちが私の演奏に触れた時に感じたありのままの思いが綴られており、感想文というよりも魂をしたためた手紙のようです。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(6) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
過去にすがらず、未来を見据える 21:46
今朝は西武新宿線の特急「小江戸号」に乗って、本川越に向かいました。第一電装部品株式会社の創立50周年パーティに出席して、演奏をお届けするためです。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(5) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
レジストの流儀 23:15
大阪で迎えた清々しい朝。陽の光を意識したのは久しぶりです。ここしばらくは気候に思いを馳せる余裕がまったくなかったと、もう駆け足で生きる歳でもないのに、随分と前のめりに突っ走っている自分を哀れに思いました。

さあ、今日も私を待ってくれている人のところに向かうため、道を急ぐとしましょう。岡山経由で瀬戸大橋を渡り、香川県へ。車窓から見る瀬戸内海は、波も穏やか。モーツァルトのディベルティメントが聞こえて来そうでした。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(5) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
伝統的かつ革新的に 23:55
昨年に引き続き、中国上海国際芸術祭からの招聘を受け、上海にやって来ました。



中国上海国際芸術祭は、1ヶ月の会期中に、世界中から招聘された各界のスーパースターたちが上海市内を中心に日夜パフォーマンスを繰り広げるという、国家の大イベントです。
続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(6) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
リサイタル後の心情と池谷フォト 22:46
5日のリサイタルを終えて3日目。
終演直後より、関係者、弟子たち、ご来場のお客様など、リサイタルをご覧頂いた様々な立場の視点から感想を聞かせてもらい、その成果と反省点を噛みしめているところです。

当日のブログにも書きましたが、昨年までのリサイタルでは、私はまるで抜け殻のように喪失感に苛まれたものですが、今回はそれがまったくありません。
続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(7) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
いよいよリサイタル! 20:57
仙台クラシックフェスティバルを終えて帰京し、その余韻を味わうゆとりもないまま、リサイタルに向けての戦闘モードに突入しています。

昨晩は自宅に戻ってからブログを書き、シャワーを浴びたらすぐに稽古を始めました。遅い時間ですので、周囲の迷惑にならないよう、軽いタッチで、いつもよりもゆっくり丁寧に弾いて、感覚を体にインプットしていきます。

主に「幕末」を磨きました。せんくらの間はリサイタルの曲を十分には扱えませんでしたので、感覚が鈍っていないか心配でなりません。実際、少々あやしくなっているところがあったので、徹底的に部分練習をしました。
続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(6) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
明日からせんくら! 21:39
明日から3日間に渡って開催される「第5回仙台クラシックフェスティバル」に参加するため、仙台にやって来ました。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(5) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
ノンストップマラソンリハーサル 22:24
今朝には天気も回復し、絶好のランニング日和。体力温存のため、今週はトレーニングをさぼるつもりでいましたが、走らなければ走らないで、体が硬直してきますし、気分も閉じてきてしまいますので、今朝は神田川沿いを走って来ました。

その後は身支度をして、「せんくら」に備えたリハーサルをしました。午前中は自宅で、そして午後からはエレクトーンシティで。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(9) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
バクマチックシンドローム 21:38
今日はほとんど丸一日「幻想行進曲/幕末」の稽古に明けくれました。

編曲からデータ作成までに、かなりの時間を費やして仕上げたのですが、弾いているうちにどんどんイメージが膨らんできて、データの細かい手直しが続出。

とにかく音数が多く、手が休まる暇を与えない作品ですが、石田ワールドともいうべき複雑な和音構成なので、ほとんどの音符に臨時記号が付いていて、ちょっと気を抜くと、何を弾いているのかわからなくなってしまう恐ろしい曲です。
続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(3) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
あと4曲・・・ 21:30
あと4曲・・・。リサイタルと「せんくら」に必要な曲のうち、まだ準備が整っていない曲の数です。



とりあえず、朝日とともに全曲の編曲が終わり、楽譜は仕上がりました。あとはデータ作成と演奏稽古のみとなり、いよいよラストスパートで一気に畳み掛ける算段です。
続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(3) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
音楽相撲 19:17
延々と続くひとりでの作業と稽古。こんな私のことでも、さまざまなイベントやパーティに誘ってくれる奇特な人々が周囲にたくさんいます。私が滅入っていないだろうかと心配して、景気づけにプライベートな食事に連れ出そうとしてくれる友人もたくさんいます。

その度に「待ってました」と気持ちが動くのですが、同時に「そんな場合じゃないだろう」と強く抑制する内なる力が働きます。盛り上げてくれる人の顔を見て、外の空気を吸えば、勢いを増して効率を上げられるかもしれない。

でも、すでに途中まで登って来た岩山を、麓まで下りることは今更できません。やはり、頂に達するまでは、踏ん張り続けるのが賢明です。誘ってくれた皆さんには、愛想なしで申し訳ありません。
続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(7) | trackbacks(1) | posted by 神田将 (かんだゆき)
STBフォーラム vol.3 リハーサル 20:53
私の住む町にも、今朝から強い雨が降りました。時折、稲妻が光り、体の芯にまで雷鳴の重低音が響きます。私の音楽も時にはこのくらいの衝撃が伴えばいいのにと、雷とは比較にならないほどに生ぬるい演奏を反省しました。

午前中はリサイタル向けの稽古を重ね、午後からはエレクトーンシティ渋谷へ。毎日通うこともあるシティですが、ここ最近はご無沙汰でした。久しぶりに歩く桜丘町は何も変わっていないけれど、歩いている私は以前と同じではありません。
続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(4) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
生きてるだけでそれだけで 20:00
今日も終日コンサートの仕込みデー。データ作成がメインなので、稽古デーというには程遠い一日でした。

リサイタルも「せんくら」も、準備はそれぞれラストスパートに入っていますが、日ごとにギリギリ感が高まり、スリリングな気分でトライし続けています。

そんな中、今日は24日に控えたいっこく堂さんとのコラボレーションの準備もおこないました。こちらは1年半前に開催したイベントと、大筋は同じ内容なので、新しく仕込むものはありません。復習という感じでしょうか。
続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(9) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
印象派的レジストレーション 21:49
「せんくら」でのご披露予定のドビュッシー2曲。
「月の光」も「ゴリウォーグのケークウォーク」も有名な作品なので、耳馴染みのある方が多いと思います。

普段はピアノで演奏されるこれらの曲をエレクトーンで弾くには、ちょっとした工夫が必要。その工夫次第で聞き映えが大きく異なりますし、弾く時の思い入れをも左右するので、準備には気を遣います。
続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(5) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
大阪ファイナル悲喜こもごも 22:00
小清水町の宿で迎えた朝。窓から外を見ると今日もあいにくの雨です。朝食の前にランニングをと思っていましたが、転倒を恐れ断念。その代わり、源泉掛け流しの温泉大浴場を独り占めして、ゆっくりと体を温めました。これは首にもよさそうです。

朝食を終え、出発の準備を整えていると、フロントから電話が。なんと、小清水町と私とを結び付けてくれた河合前町長が、奥様を伴って訪ねて来て下さったのです。
続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(6) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
負けるものか 19:46
今朝、岡山から空路東京へ戻りました。岡山の地上でも、機内から見る上空も、真っ青な空に気持ちまで澄み渡るようでした。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(6) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
LIVE 夢wa途中 at 和歌山 23:52
まだ真夏の暑さが残る関西の日曜日。午後からは和歌山は宮井楽器店での特別レッスンのため、南海特急で和歌山へと向かいました。いつもは早朝の列車に乗るのでガラガラですが、10時過ぎに難波を出発する列車は、行楽地へと向かう人々で結構な賑わいでした。

後ろに座ったのは「しゅうくん」とおばあちゃん。もちろん顔見知りではありませんが、しゅうくんは私にちょっかいを出したくて仕方がありません。しゅうくんの声は食器洗剤でお馴染みの「joyくん」にそっくり。甲高いのでただでさえよく響きますが、私の耳元であれこれと叫びまくっていたので、無視するわけにもいかず、結局一緒に遊ぶハメに。
続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(5) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
プラネタリウムのリハーサル 21:58
今月の24日、27日、30日に予定されている、多摩六都科学館プラネタリウムでのイベントに向け、今日は現場でのリハーサルにのぞみました。

リハーサル時はもちろん、イベント当日も、夕方までは一般投影が行われるので、スタッフの皆さんは日課の仕事を終わらせてから、改めてイベントの準備に取り掛かってくれます。

今日を迎えるためにも、これまで連日遅くまで、投影のプログラムや進行を練ったり、機材の調整をしたり、科学館のスタッフの皆さんはとても熱心に取り組んで来ました。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(5) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
音楽モード フルスロットル 00:59
いったい今日は何日?
規則正しい生活リズムを返上して取り組んでいても、一向に出口が見えてこない今日この頃。15分から30分の仮眠を何度か取ったものの、ほとんど起きたまま数日が経ち、今がいつなのか見失うことしばしば。

それでも音楽的にはなかなか冴えているので、なすべきことは順調に進んでいます。進んでいるからこそ、休む間がないのかもしれません。
続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(8) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
最後の発表会 00:03
8月15日。西国分寺駅前にある「いずみホール」で予定されている「Tokyo Symphonia 2010」は、私が子どもの頃から通っていた音楽教室が主催する、最後の発表会となります。

この発表会を機に、私を導いて下さった先生は引退をします。
続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(5) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
名古屋公演チーム初顔合わせ 00:08
12月8日に予定されている名古屋公演のチームメンバー初顔合わせをおこないました。
集合場所はお馴染み、北青山のトルコ料理「HAREM」。それぞれのメンバーとは個々に面識がありますが、メンバー同士は初めて顔を合わせる人がほとんどですので、食事を楽しみながら打ち解けられるよう、使いなれて安心できる店を選びました。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(3) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
久しぶりに弾くエレクトーン 00:34
実は、ここしばらくエレクトーンに触れずにいました。長生館でのコンサートの際に演奏して以来なので、10日以上遠ざかっていたことになります。

その間にもプライベートレッスンはあったので、軽く弾いて聞かせたり、タッチコントロールやニュアンスの実演のために脇から手を出したりはしていましたが、いわゆる「マジ弾き」はご無沙汰です。
続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(8) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
ユニークな指揮合わせ 11:56
今日は演奏会に向けた指揮合わせ。指揮者と共に音楽の作り方、演奏の方針などを決めていく、大切なリハーサルです。

でも、今日の指揮合わせは、ちょっと変わっています。
なんと、指揮者はヒューマノイドロボットなのです。

その名は「MANOI」。これからは「マエストロMANOI」とお呼びしましょう。

マエストロMANOIと共演するのは、8月下旬に多摩六都科学館サイエンスエッグで開催予定の、星空コンサート。
多摩地区や東京都にある島々の子どもたちを対象とした、夏休み体験塾の一環として開催するイベントです。
続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(6) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
果てしない喪失感 19:45
何かものごとに無心になって打ち込んだ時、それが終わった途端、ガクッと力が抜けて放心状態になってしまう。そんな経験をお持ちの方は少なくないことでしょう。

私の場合、日々の演奏活動の中で、しばしばこうした状態に陥ります。
そして、最も「重症」なのが、年に一度のリサイタルを終えた夜です。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(6) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
音楽は魔法 08:26
音楽って何だろう。
この漠然とした問いに、私はおそらく生涯答えを見出すことはないだろうと思います。
なぜ、こんなに心を揺さぶるのか。どうして、これほど忘れがたいのか。

言葉が通じなくても、どんな国の人とでも、同じ旋律に同じ思いを共有できたり、どん底の気分にある時でさえ、生きる気力を湧きあがらせたり、人の心に計り知れない影響力を持っていることは確かです。

私は舞台でも稽古場でも、何かを弾いている時には「なんていい曲なんだろう」と、心で常にしみじみ感じています。「この旋律、最高!」とか、「ここ!ここがうっとりするんだよな」とか、どんな曲にでも必ず潜んでいる魅力をいち早く見つけ出そうと努めています。

その時、私はまさに魔法に掛かった状態。楽しい曲を弾けばどんな悲しみも吹き飛びますし、恋の曲を弾けば誰かを思う気持ちで胸が張り裂けそうになります。それはさながら俳優のようなもの。本当の俳優は概ね人物を演じますが、音楽家は動物や植物にもなりますし、時には雨や星にもなります。
続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(4) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
アンサンブルで触発されること 19:30
今日は引き続き私自身の稽古を重ねる一方、週末に予定されている波多江史朗さんとのコンサートに向けたリハーサルをしました。

サクソフォニストの史朗さんとは何度も共演してきたので、気心は知れています。性格は私とは正反対。誰とでもすぐに打ち解け、つまらないことでくよくよしないさっぱりとした性格は、なんとなく三味線の新田昌弘さんに共通します。

今日も、あらかじめ作成して送っておいた新曲の楽譜を持ってくるのを忘れるほどのおおらかさ。でも、私は少しも腹を立てたりしませんし、心配もしません。なぜなら、史朗さんは舞台で私に恥をかかせたことなど、一度もないからです。
続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(3) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
先生たちが知りたいこと 18:53
子供たちをはじめ、今音楽を学んでいる皆さんに日々接する中で、その人に今何を注ぐべきなのかは、そう深く考えないまでも直感的にひらめきます。

というのは、音楽とは、人それぞれの個性くらいのことではびくともしないほどの山のようなものであって、どんな曲に取り組んでいようとも、どんなジャンルの音楽にハマっていようとも、その人を伸ばし、本物の音楽に近づけるためになすべきことは、誰に対してでもそれほど大きく違いはしないのです。

音楽をたしなむ人は誰しもが音楽という至高の峰に向かって同じ道を歩む途上にあるわけで、その人が今どの辺りにいるのかによって、その時になすべきことが決まります。

私もまたそのひとり。音楽の峰は遠くに霞んで見えていますが、その頂に立つことは、短い人生では不可能に違いありません。モーツァルトやベートーベンでさえ、いったいどの辺りまで登ったのか、私などよりはるか先まで進んだのでしょうが、頂に立ったかどうかを知るすべはありません。
続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(4) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
師弟関係 20:57
今日は、稽古に訪れていたエレクトーンシティ渋谷で、若いエレクトーン演奏家と、「理想の師弟関係」についてディスカッションしました。

音楽の指導を受けるには、まずは音楽教室に通って、月謝を支払うというケースがほとんどでしょう。その道を究めたいと思えば、音楽大学や専門学校に進学し、より高度な技術と音楽性を養うことになるかもしれません。

子供のころから音楽を習う場合、特定の先生から手ほどきを受ける期間が長くなり、その間に築かれる信頼関係が、その先の鍛錬にも非常に大きな影響を与えるように思います。
続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(2) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
和歌山でのレッスン 23:40
今日は和歌山の宮井楽器さんにおじゃまして、先月に引き続き希望した10人の方々に稽古をつけてきました。

前回からまだ1ヶ月経っていないというのに、すべての生徒さんが、前回とは見違えるほどに成長していたことには、とても驚かされました。初回には緊張して無口だったり表情が硬かった子たちも、すっかりリラックスして笑顔でスタジオに入って来るようになり、私が語りかける言葉に一層の理解を示してくれたように思います。

今日の稽古は1コマ50分でしたが、実際はほぼ1時間ずつ、1分も無駄にすることなく建設的に進めていきます。途中、ランチタイム以外の休憩はなくなってしまいましたが、次の人の顔を見るのも演奏を聞くのも楽しみで仕方がないので、休憩をしたいとも思いませんでした。
続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(2) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
中国上海国際芸術祭2010 23:54
2009年、私が長い間夢見ていた国際芸術祭への参加は、中国上海国際芸術祭で現実のものとなりました。
中国上海国際芸術祭は、毎年世界中から優れた芸術が招聘され、1ヶ月の会期中、上海市内のあちこちで連日素晴らしいパフォーマンスが繰り広げられる、中国国家の催しです。

昨年はヨーヨー・マさん、五嶋みどりさん、ギトン・クレーメル楽団など、スーパースターたちが顔をそろえる中、私もエントリーさせてもらうことができ、これをきっかけにまたひとつステップアップできたという実感が得られました。

エレクトーンが国際芸術祭の正式なプログラムに選ばれたのも、これが史上初めてのことでしたし、上海の皆さんが見慣れない楽器と無名の演奏家を温かく迎えてくれたことにも深い感銘を受けました。
続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(10) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
才能の開花を阻むもの 19:42
私が日頃接している子供たちには、音楽の才能に恵まれ、将来を嘱望される逸材が多く含まれます。
こうした特別な能力を持った子供たちは、音楽の力に恵まれてはいても、自分の運を逃さずつかんだり、自己統制や自己啓蒙に優れている、すなわち、放っておいても自分で才能を開花させる力も併せ持っているとは限りません。

むしろ音楽に優れている分、どこかに不器用な一面もある場合が多いようですが、そんな「才能の芽」を見ると、私は何としてでも伸ばしてやりたくなります。

私と出会うことが幸か不幸かはその人次第ですが、こころざしさえきちんと持って接してくれれば、私は何一つ惜しむことはしない方針です。
続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(8) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
選曲の難しさ 11:12
現在、今秋以降の演奏会プログラムを考案しています。本来はもっと早い機会に考えるべきことなのですが、クラシック音楽にも「旬」と「流行」があり、その流れの一歩先をとらえようとすると、どうしてもギリギリになってしまいます。

最近、私が弾きたい曲と、プロデューサーから求められるプログラムに、溝を感じるようになりました。求められている意図はよく理解できるので、それを踏まえて提案しているのですが、なかなか合意に至りません。

「誰もが知っているクラシックを」とリクエストされ、「誰も寝てはならぬ」や「胡桃割り人形」を提案しても、「難解だ」と言われてしまいますし、ビートルズやプレスリーを入れてくれというを求められたりもします。
続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(14) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
エレクトーンのレジストづくり 00:11
ある曲をエレクトーンで演奏しようと思ったら、練習の前にいくつかの段階を踏む必要があることは、以前にも触れました。

その中でも電子楽器特有の作業なのが、「レジストレーション」と呼ばれるデータの作成です。

実に多くの音源がエレクトーンに用意されていることは、皆さんよくご存知でしょう。

上・下・ペダルの3段の鍵盤に対し、様々な音色を組み合わせてあてがうだけでなく、それぞれの音色ひとつひとつに細かい設定を施すことができますが、これらの設定の手順がいかに複雑で面倒かはあまり知られていません。
続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(10) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
せんくらPR用コメント撮りがありました 00:00
24日の早朝、新潟県瀬波温泉の宿を出発し、美登里先生に見送られつつ村上駅から特急「いなほ」に乗って新潟駅へ。そのまま新潟→東京をノンストップで走る「とき」に乗り換え、東京に戻りました。

この日は「せんくら」の主催のひとつになっている仙台放送の番組で使われる、PR用のコメント収録をおこなうため、東京駅からジャパン・アーツの事務所へ車で直行しました。

せんくらパンフレットとぶらあぼ7月号
続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(8) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
ピアノレッスン 09:02
新潟市より少しばかり北上し、山形県にもほど近い新潟県村上市に来ています。
村上は鮭と堆朱で名高いばかりでなく、町屋の風情を残した地域や、いにしえより伝わる雛人形、そして日本海に沈む夕日が眺められる瀬波温泉などが全国に知られている観光の町です。最近は、ブランド牛「村上牛」の人気も高まっています。



今回この町を訪れたのは、こうした名物をめでる観光のためではありません。こちらもまた、コンクールを目前に控えた若き音楽家たちに稽古をつけるためにやって来ました。
続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(9) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
エレクトーンと肩こり 00:22
エレクトーン演奏に際して、かなりの体力とバランス感覚が必要なことには、何度も触れて来ました。

これまで指先だけで奏でていた人たちも、私との出会いをきっかけに、体全体を使って音楽を表現するスタイルにシフトするケースが多くなっています。

でも、ただやみくもに力を込めて弾いたのでは、ダイナミックというよりは単なる乱暴な演奏にしかなりません。

では、どうしたら演奏に適したバランスのいいボディを手に入れることができるのでしょうか。
続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(11) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
パリのはずが高崎 00:03
10日前のスケジュールでは、今頃パリにいる予定でした。久しぶりに連絡があった友人から「パリで会おう」と誘われ、3日くらいなら留守にしてもいいかと思い快諾。フライトもホテルも決めてあったのですが、今回は見送ることにしました。

PARIS
(というわけで、以前のパリ写真を・・・)

パリ行きを取りやめたのは、群馬県高崎市にある高崎楽器さんで開催されるエレクトーンコンクールの店別大会に招かれたからです。
続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(10) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
チームメンバー紹介 「WATA」 07:59
神田将yksonicチームメンバー紹介第3弾はWATA。
現在は私立高校で数学を教えながらも、エレクトーン演奏にいそしんでいます。

私の門下に入ったのは彼が高校生の頃。第一印象は「賢いが騒々しい子だ」というものでした。「騒々しい」というのは、「賑やか」とか「うるさい」といった類ではなく、「面倒くさい」に近い感じ。

でも、決してそれがイヤなわけではなく、もう少し落ち着きがあれば、本来の賢さがもっと活かせるだろうにと思わせる雰囲気がありました。

加えて、「自分は自分」という強い意志を持っている子だったので、出会った頃には帰国子女に違いないと信じて疑いませんでした。(実際は純国産です。)

それだけ強烈な個性を感じさせるのもひとつの才能。ある意味、芸能界向きなキャラが潜んでいるに違いありませんが、本人にその気はなく、もっぱら勉学とエレクトーンに打ち込みつつ、恋に悩む青年でありました。
続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(4) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
12人のパーソナルレッスン 01:28
日曜日。関西はあいにくの雨でしたが、5月20日のコンサートを開催してくれた和歌山の宮井楽器におじゃまして、コンクールを控えた12人の生徒さんたちにひとりひとり稽古をつけてきました。

今回の受講生は小学低学年から大学3年生まで年齢が幅広く、選曲もバラエティーに富んでいました。
私が知らない曲もたくさんありましたが、日本人作曲家の作品を取り上げている人が多く、中でも三善晃先生や芥川也寸志先生の作品が聴けたことは、新鮮な驚きでした。
続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(6) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
スーパープライベートレッスン 00:31
コンクールや特別な演奏会を控えた人、あるいは高いプロフェッショナル志向を持つ人には、通常のレッスンの枠を超えたスーパーレッスンを推奨しています。

レッスンは通常30分〜1時間半がひとこま。長くてもせいぜい1日2時間程度ですが、私のスーパーレッスンは時間の枠を設けず、その日一日、朝から夜まで時間が許す限り連続して稽古をつけます。

長丁場の稽古で、いかに集中力を切らさず弾き続けるかが課題になりそうなところですが、不思議なことに受講者たちは「あっという間だった」と口を揃えます。
続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(5) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
亡き作曲家との対話 19:43
ある楽曲を演奏する、あるいは深く理解するにあたり、音楽の背景を探求することは珍しくありません。
私もしばしば「楽曲を理解するためにどのようなプロセスを踏んでいるか」という質問を受けます。

作曲家の伝記を読んだり、書簡をひも解いたり、様々な情報を通じて音楽を理解するのだと思われることが多いのですが、それはまったく違います。

私は作曲家のいわゆる歴史的な事実については何も知りません。逆にいえば知る必要がありません。
なぜなら、それらはすべて作品に深く刻まれているからです。
続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(5) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
エレクトーン演奏に必要な筋力 10:19
音楽をするヤツはひよわで体育が苦手。
音楽をするヤツは理屈っぽくオタク気質。
音楽をするヤツは気もよわくて草食系。

昭和の時代、音楽男子のイメージはこのように散々でした。
ロック歌手やスーパースターならともかく、クラシックのイメージは、スポーツマンの対極にあるようなものでしたから、「クラシックやってます」なんて宣言したとたんに、笑いものにされかねない空気さえありました。

それが、21世紀になって、音楽家に対するイメージは大きく変わって来ましたが、まだ現状には追いついていないように思います。

私はかねてから、芸術家も舞台に立つ以上はアスリートでなければならないと言い続けて来ました。
続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(13) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
11人のパーソナルレッスン 00:29
好天に恵まれた日曜日。私はほぼ終日、スタジオ内でプライベートレッスンをしていました。

この日だけで11人に稽古をつけましたが、その全員が初対面。
毎日レッスンをしている先生方なら、日に11人の生徒を見ることは少しも珍しくないでしょうけれど、あまりレッスンに慣れていない私にとっては、なかなか手応えのある経験でした。

対象は小学生低学年から中学生までで、全員がコンクールにエントリーしていて、目前に迫った大会に向けた総仕上げをするというのが、今回のレッスンの主目的です。
続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(7) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
せんくらブログ書きます 01:54
5日はほぼ一日香川で過ごし、夜遅くに福山に移動しました。

香川の方々に岡山まで車で送ってもらい、初めて車で瀬戸大橋を渡った経験は、忘れられない思い出になりました。

もうひとつ忘れられないエピソードがあります。
岡山から福山まで向かう新幹線でのこと・・・
駅改札を入って、電光掲示板を確認したら、すぐにのぞみが出発するようだったので、ホームに急ぎました。
すでにベルが鳴っていましたが、停車駅を確認。
「確かに徳山に停まる。よし乗車。間に合ってよかった・・・」
続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(9) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
指揮者パフォーマー 00:00
2日の午後。
12月8日に開催が決まった、神田将初の座長公演に出演して頂くメンバーのおひとり、好田タクトさんとお会いしました。

好田さんは、世界でも大変珍しい指揮者の形態模写を得意とするパフォーマーです。

好田タクトさんと
続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(3) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
新しい写真/イメージチェンジ 00:01
先日ずぶ濡れで撮影した池谷友秀さんによる作品が仕上がり、本日より公式サイトでご覧いただけるようになりました。

池谷友秀撮影の神田将2010

続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(5) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
パーソナルレッスン 20:04
私は演奏家であることに集中したいという理由で、定期的なレッスンは受け持っていません。
いずれは後進の指導に注力したいと計画していますが、今はまだ、私自身が現場で経験を重ね、後に続く人たちのために道を拓いていくべきだと考えています。

そんな私もかつては生活のためにレッスンを引き受けなければならない時期がありました。
今の私がその当時を振り返って自分自身をジャッジすると、よくもまあ未熟な身分で、もっともらしいように見せかけたレッスンをしていたものだと、恥じ入らずにはいられません。
それこそ、私は当時の生徒さんたちに支えられて、今日まで音楽の世界で生きながらえてきたのだと思います。

レッスンの現場を去って約10年。ふたたび指導する立場になったのは、一昨年の夏から1年間受け持った、財団法人ヤマハ音楽振興会のエレクトーン特別ゼミでした。

正直、私に教えられるのだろうか、と不安でした。相手は音楽に青春のすべてをかけているこどもたち。技術も努力もずば抜けたスーパーキッズたちです。
続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(4) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
2010年秋用スチール撮影がありました 18:43
今日は2010年秋から使用するスチール写真の撮影がありました。

フォトグラファーは以前このブログでもご紹介した池谷友秀さん
2006年以来、5年目のお付き合いです。

最初の写真を改めて眺めてみると、そこには音楽の世界でなんとか呼吸をしようともがき苦しんでいる私が映し出されていますが、それからの写真を年ごとに追うと、だんだんと表情が「らしく」なっており、「ようやくここまで来たな」と、感慨もひとしおです。

続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(4) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
私のたからもの 21:43
こどもたちのイラスト

こどもらしいポップでキュートな絵たち。
これは、私が全国各地の学校を訪問して開催したコンサートで、演奏を聞いたこどもたちが、感想文とともに私に送ってくれた、私のたからものです。

最近では、何かイヤなことや悲しいことがあると、これらを取りだし、なにげなく眺めます。
すると、不思議なことに気持ちがスッと軽くなり、そればかりか、なんだか楽しい気分になってきます。
続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(10) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
エレクトーンのデザイン性 23:00
皆さんはエレクトーンのデザインに関して、どのような印象をお持ちですか?

エレクトーンは1959年の1号機種発表以来、モデルチェンジの度にデザインも進化してきました。

現在発売中のエレクトーンは、D-deckを含めて5機種。
うち3機種の基本的外観は、私がコンサートで使用しているものと共通しています。

以前は、家庭用モデルとステージ用モデルとで、デザインが大きく異なっていましたが、現在はこうした区分けがありません。

現行モデルのSTAGEAは、かつてない可搬性が特長となっており、この可搬性を実現するために、今のデザインになったと聞いています。

最初にSTAGEAを見た時は、ある意味、シンプルでモダンに感じましたが、格式のあるクラシックのステージに相応しいかといえば、残念ながら私のみならず、多くの人が違和感を覚えることでしょう。

大理石や天然木をふんだんに使った壮麗な空間では、STAGEAのモダンデザインは、安普請にさえ見えているかもしれません。
続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(10) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
オペラウィーク 22:44
新田昌弘さんとの民謡ウィークが終わり、その余韻に浸る間もなく、次の重要イベント「エレクトーンプレミアムコンサート」に向けて、頭の中の模様替えをしているところです。

思えば、昨日昌弘さんとコンサートをした長生館では、今度の日曜日に共演するサイ・イエングアンさんとも何度かコンサートをさせていただきましたし、昨年12月にほぼ5年ぶりにサイさんと共演する機会を与えてくれたのも、長生館の女将さんの口添えがあってのことでした。

そう考えると、新潟との数奇な縁を感じずにはいられません。
今、まさに運命を実感しながら、サイさんとのオペラウィークに意識を集中しようと努めています。

ところが、今日はどっぷりと疲労感が・・・
やはり、昌弘さんの若さに振り落とされたのでしょうか。
続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(6) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
ストイックなリハーサル 00:00
神田将のソロコンサートリハーサルは、かなりストイックです。

弾きなれている曲ばかりのプログラムでも、何度も経験している会場であっても、時間が許す限り、全曲のランスルーをおこないます。

練習や指慣らしが目的ではありません。
会場の響きは、広さ、形状、材質によってまったく異なります。
同じ会場でも、温度や湿度、来場者数、その年齢や服装によっても、響きが変わってきますので、リハーサル時に自分が投げかけた音がどのように響くのかをしっかりと把握した上で、お客様が入った時のことを予測しておかなければなりません。

どんなに慣れた曲でも、わずかな響きの違いが影響して、演奏への集中力を大きく損なう場合もありますので、本番で音楽の世界に専念するには、リハーサルがとても大切なのです。
続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(4) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
座長公演 21:29
ちょっと先のことですが、12月に名古屋で開催するコンサートに関する話題です。

このコンサートは、私にとって特別な意味があります。
これまで、私は数々のコンサートに出演させて頂き、ソロのみならず多くの演奏家との共演を経験することができました。
そのすべてが刺激的で、ひとつ残らず大切な思い出になっています。

でも、ソロ以外はいずれも私は誰かの引き立て役でした。
それが、今回は私が中心になって、舞台上のあらゆる責任を背負いながら、座長を務めさせていただけることになりました。

やっと、やっと、エレクトーンが舞台の中央でスポットを浴びる公演が実現することになったのです。

エレクトーンが何かの添えものでなく、主役としてステージに立つ日を、どれほど待ちわびたか知れません。
もちろん、これまでもソロや対等なコラボなどで、それなりの主役は担ってきましたが、今回はスケールが違います。

この公演の成功が、エレクトーンの地位向上に少しでも役に立てれば嬉しいです。

共演者も私に選ばせてもらいました。
エレクトーンに理解があり、互いに敬意を持ちながら真剣に向き合える人材を厳選しました。
また、アコースティック環境下で、エレクトーンのパワフルな音に埋もれない音量を出せる楽器であることも条件のひとつでした。

それではユニットメンバーを紹介しましょう。
続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(7) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
未来の音楽家たちへ 20:42
私には子供がいませんので、これまであまり子供たちと接する機会がありませんでしたが、その状況が最近になって、大きく変わってきました。

3年前より、全国の学校へ出向いて演奏を届ける芸術鑑賞事業に参加するようになって、毎年大勢の子供たちとふれ合う機会に恵まれ、毎回、どんな子供たちに会えるのかと、指折り数えてその日を待ち望んでいます。

また、エレクトーン特別ゼミの講師を担当した経験からは、「スーパーキッズ」と言われる類稀な才能に恵まれた子供とじっくり向き合うことで、こうした若い才能のために、私が何をなさねばならないかを、真剣に考えさせられました。

いずれのケースも、わが子ではないですから、親のような気持ちで接しているというのは、本当のご両親からすれば心外かもしれません。
でも、彼らのために何かを残すことで、おそらくこの先も子供を持つことのない私がこの世に生きた意味を刻みたいという思いは真実ですから、私の人生を賭けて接しているというのは、あながち大げさなことでもありません。

今日はこどもの日。この日によせて、特に今、一生懸命音楽に励んでいる子供たちにメッセージを贈ります。
続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(10) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
80才のピアニスト 23:06
今朝の沖縄は薄曇りで、やや強い風が吹いていました。
朝食を済ませてから午前中いっぱいは客室でパソコンに向かって過ごした後、ロビーラウンジのテラスで、サンゴの石組みに静かに流れ落ちるカスケードの音に耳を傾けながら、ホットサンドイッチでランチにしました。

ホットサンドイッチ

すると、また昨日の鳥が来て、食べ物を狙っています。

昨日の鳥がまたやって来た

そこにホテルの副総支配人が顔を見せてくれ、しばらく会話に花が咲きました。
最近の沖縄の観光事情やホテルの動向といった話題から始まった会話は、次第に共通の友人の話題となり、やがて私のコンサートスケジュールにも触れました。

明日のプラネタリウムコンサートがなかったら、もうしばらく滞在したいところだが、実のところ、今回のコンサートは音楽とプラネタリウムの本格的なコラボレーションなので、とても楽しみにしているのだと告げると、ユニークで意欲的な試みに大きな関心を示してくれました。

そして、1枚のシンプルなチラシが差し出されました。
そこには普段着でくつろぐ老齢の紳士の写真とともに、「80才祝い ピアノリサイタル」の案内がありました。
続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(6) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
幻想行進曲「幕末」 23:55
明日のコンサートを控え、今日は香川で過ごしています。
天気にも恵まれ、さわやかな気候の中、心地よいコンサートをお届けできそうな気分です。

そんな中、一冊の楽譜が届きました。
作曲家・石田匡志先生が私とエレクトーンのために書き下ろして下さった、幻想行進曲「幕末」です。

石田先生とは、昨年秋のイベントで知り合いました。
薩摩川内市が主催する「秋の夕べ」という野外コンサートで、石田先生が作曲した「天璋院嘆願図」というミニオペラを演奏したのがきっかけでした。

その「天璋院嘆願図」は、石田先生がオーケストラをイメージして書いた作品ですが、私が渡された楽譜はピアノ伴奏用のものでした。

石田先生の作風は、複雑な和声とドラマチックな展開が魅力的です。
でも、楽譜は臨時記号のオンパレードで、ぱっと見てすぐに音をつかめる感じではありません。
続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(4) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
a picture and natural voice 23:15
今夜は、先日もご紹介したフォトグラファーの池谷友秀さん、そしてメイクアップアーティストの岡田知子さんと、5月に予定されているスチール撮影の打ち合わせを兼ねて、夕食をともにしてきました。

普段から美しいモデルや誰もが知っているセレブリティたちと仕事をしているふたりですので、私のようなありふれた人間を素材にするのは、さぞや知恵を絞らななければならないでしょうけれど、ふたりとも実に気さくに接してくれて、まるで友だちと過ごすひと時のようなリラックス感で楽しむことができました。
続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(6) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
新しいプランの始まり 22:22
今日は一日中ミーティング尽くし。
またいくつもの新しい出会いに恵まれました。

最近、私の音楽に興味を持ち、様々な形でアプローチして下さる人が急に増えて来ました。
その中には、私がこれまで関わったことのない世界の人や、考えたこともないアイデアを持っている人がいるので、出会いがある毎に、新しい発見と驚きの連続です。
そして、その度に「私はいったい何がしたいのか」と考え直すことになります。

以前にも触れましたが、私は人とのコミュニケーションが得意ではありません。
人見知りする性格で、初めての人と向き合う時には必ず緊張します。
自分で言いたいことがあってもなかなか口に出せず、相手の言い分をじっくり聞いている方が気が楽です。

今日も最初に会った大物俳優さんとの会話はほとんど聞き役でした。
続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(6) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
ソロであってソロでない・・・ 20:12
今日も稽古漬け&水泳漬けの一日でした。
早いところ「民謡ウィーク」の展望を明らかにしたいところですが、TANEちゃんから資料が送られてくるまではヘタに着手しない方が、最終的には無駄がなく合理的なので、今日は主に秋の「せんくら」の準備をしていました。

今年の秋も、天国と地獄をシャトル往復するような毎日になるので、今から計画的に準備を進めています。

3日間で35曲のマラソンプレイをする中には、その1曲だけでも必死で稽古しなければ弾ききれない作品がいくつか含まれているので、こればっかりは半年前から照準を絞って取り掛からなければ、「4回転ジャンプ連続3回に挑戦と宣言しながら、あえなく転倒」みたいな結果になってしまいそうです。

しかも、35曲のうち10曲は、未経験の作品なので、スコアリーディングから取り掛からなければなりません。さあ、のんびりしてはいられませんね。
続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(7) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
エレクトーン音色データの修正 20:44
今日は一日民謡ウィークは休戦して、5月16日のエレクトーンプレミアムコンサートの準備をしました。

プレミアムコンサートでは、私は第2部を担当します。
第1部で中野正英さんと沈媛さんが華麗なエレクトーンソロ演奏を披露してくれたあとですから、サイ・イエングアンさんのおともだけに専念しようかとも考えましたが、私の演奏を初めて聞いて下さる方も大勢お見えなので、やはりまずはソロを演奏させていただきます。曲は「オペラ座の怪人」。

それからサイさんをお迎えして、スクリーンミュージックの中から「慕情」をお届けし、そこから先はオペラワールド一色。

トゥーランドット「氷のような宮殿で」「誰も寝てはならぬ(神田将ソロ)」、蝶々夫人「ある晴れた日に」「かわいい坊や」、魔笛「地獄の復讐はわが胸に燃え」をおおくりします。
続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(7) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
音楽の国境 12:57
先週の「歌謡曲ウィーク」に引き続き、今週は「民謡ウィーク」モードで、国内各地の民謡を自分の脳内にインストールしています。

先日実現したばかりのリー・チュヒさんとのコラボでは、韓国の音楽を体に叩き込み、やっと少し慣れてきたところで終わってしまいましたが、私が普段扱っている音楽とはまったく異なり、どのようにしたらしっくりと溶け合うのか、結局解明できないままでした。

何度やっても「こうじゃないよな」と、自分でも納得が行かないのですが、「こうじゃない」と判るだけに、まだ見込みはあると自分に言い聞かせて、ギリギリまでトライしました。
続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(8) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
降りそそぐ星たちからのインスピレーション 21:06
やっと髪の毛を切りました。やっとです。最近は年に2〜3回しか行くことができません。

ミラーの前に座っていても、たまりにたまった作業のことが頭を離れず、すぐにでも飛び出したい衝動に駆られますが、瞑想のまねごとをして終わるのを待ち続けます。

最初に「今日、長さとかお色は、どんな感じにしましょうか」と尋ねられますが、私の答えは毎回決まって「お任せします」の一言。
もちろん担当のヘアスタイリストを信用しているから言えることですが、私自身に「こうしたい」という願望がないのも事実です。
続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(6) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
歌謡曲ウィーク 20:36
金曜日のコンサートを目前に控え、私のミュージックライフは歌謡曲一色です。

このコンサートの準備を開始したのは昨日。
そんな付け焼刃のにわか仕込みとはけしからんとお叱りを受けそうですが、実のところこうした短期型のローテーションというのが日常です。

私は不器用なので、一度に集中して取り掛かれる作品の数が多くありません。
新しく用意すべき作品が30曲を越えると、気分的にも焦りが出てきますし、浅く長くかかえた作品は「大味」な仕上がりになってしまいます。

それよりは目前の演奏曲に集中し、それを短期間に一気に仕上げ、目前のものが終わってから瞬時に気持ちを入れ替えて次に取り掛かるようにしています。
続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(6) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
チームメンバー紹介 「HOSSHI」 22:04
TANEの次に紹介するチームメンバーはHOSSHI。
国立音楽大学のピアノ科を卒業し、現在は合唱団でピアノを弾いたり、音楽出版社に勤務しながら、神田将チームの一員となって支えてくれています。

最初の出会いは彼が小学5年生の時。「名探偵コナンのテーマ曲を弾けるようになりたい」と、お母さんに手を引かれて私の自宅の扉をノックしたのが始まりでした。

小柄でメガネを掛けたその姿はまさしくコナンのようでしたが、高い演奏力を潜在的に持っていることが感じられたので、すぐにより高度な作品へとチャレンジするようになり、やがてコンクールにも積極的に参加することになります。
続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(4) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
一意専心、鍛え抜く 20:05
今日は広島県にある楽器店におじゃまして、講師さんたちを対象とした講座をおこないました。
先だっての打ち合わせで若き部長さんと決めたテーマは、エレクトーンの未来を考えるというものでした。ほとんど思いつきのようにして決めたテーマではありますが、あながち的を外しているわけではなく、今こそ考えなければならないことのひとつです。

ただ、今回講座を受け持つ上で、ひとつ大問題だったのが、受講する講師さんたちにとって、私はどこの馬の骨だかわからない存在であるという事実です。知りもしない人間が、壇上で偉そうなことをまくし立てても、心に響くはずがありません。

限られた時間の中で一定の成果を上げなければ、集まって下さった講師さんたちの大切な時間を無駄にすることになりますので、いかに短時間で信頼を得るかがカギとなります。
続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(5) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
YAMAHAと神田将のアヤシイ関係 00:23
私はエレクトーン演奏家でありながら、YAMAHAが主催するコンサートやイベントにはほとんど参加したことがありませんでした。

YAMAHAには素晴らしい実力を持った専属のプレイヤーが多数いらっしゃいますし、フリーで活躍している人もコンクールなどを勝ち抜いてきた実力派揃いで、YAMAHAの中で名前が通っている人ばかりです。

私は決してYAMAHAを避けてきたわけではありません。私のように、YAMAHA内で無名で、エレクトーンユーザーにも知られていないエレクトーン演奏家などありえない存在でしたから、縁のない私が受け入れてもらえなかったのも無理もない話です。
続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(9) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
チームメンバー紹介 「TANE」 11:29
今日は神田将チームメンバーのひとりを紹介します。

私は基本的に一匹オオカミですが、たったひとつのコンサートを成功させるのでも、決して一人きりでは成し遂げられませんので、チームを作り、様々な場面で助けてもらっています。

チームの構成は、コンサートやイベントの規模や目的によって、必要な手助けが変わってきますので、その都度人員をピックアップします。
チームメンバーは私の専任ではなく、普段は別の音楽家チームに加わったり、自身の活動をしたりしています。

今回ご紹介するのは、神田将チーム唯一の「ゆるキャラ」でもあるTANEちゃんです。
続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(5) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
せんくら2010の選曲 17:45
今日の東京は穏やかに晴れ渡り、行楽日和でした。
私は終始屋内で頭をひねり続けているうちに日が暮れてしまいましたが、日中、鼻腔にかつてない違和感を覚え、それ以降くしゃみが止まりません!

もしや花粉症デビューでしょうか。
いや、ちょっとした風邪気味だと信じましょう。
でも、先日の抗生剤大量摂取で体質が変わってしまったのかも・・・
ともあれ、しばらく様子をうかがってみようと思います。

今日一番頭を悩ませたのは、秋に出演予定の仙台クラシックフェスティバルで演奏するプログラム決めです。
まだ半年も先のことですし、公演スケジュールも暫定的な中、演奏曲リストは明日までに提出することになっています。
続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(4) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
エレクトーンデーダづくり 23:46
いよいよ四国滞在最後の夜を迎えました。
初めての四国ステイが6日間に及ぶとは想像もしていませんでしたが、体調不良あり、新しい発見あり、泥沼の仕込みありと、盛りだくさんの退屈しない日々でした。
これからも足を運ぶ機会はたくさんあると思いますが、「初めての滞在」は二度とできませんので、それだけ深く思い出に刻まれました。

前日から今日の午前中にかけて、予定していた曲をすべて仕上げられたので、あとはエレクトーンデータの作成と、皆さまにお聞かせできるクオリティになるまでの稽古を残すのみとなりました。
続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(5) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
スコアリーディング 18:43
今頃は東京に戻っているつもりでしたが、金曜日までのすべての予定を変更して、高松にとどまることにしました。
作業の効率と健康のことを考えたら、それがダメージを最小限にくいとめる最善の選択だと判断したからです。

大量の抗生物質の効果で、とりあえず感染症らしき症状は治まりましたが、今日は食べ物を何も受け付けません。でも、これももう少しの辛抱だと思います。

今朝は、まずは目の前に並んだ「なすべきこと」を、どの順序で着手するかを、しっかりと吟味することから始めました。

片っ端からやるなどという乱暴なことはせず、すべての対象について、難易度や煩雑性を検討して所要時間を割り出し、どの順序で進めるのが効率的かを見極めます。

こうして、ひとつのことに着手している間は、他のことに不安を抱くことなく、集中できるようになります。
続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(9) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
金曜日までにあと7曲 19:21
今日の高松は日差しが戻りましたが、港のすぐ外には白波が立ち、風にあおられると襟を立てたくなる寒さでした。

いつもなら発熱しても一晩で回復させられるのですが、昨夜からの悪夢は今朝になっても消えなかったので、朝のうちに東京行きの飛行機をキャンセルし、同時に東京での約束をすべてキャンセルし、昨晩から滞在中のホテルを延泊できるよう手続きしました。

これは大量の抗生物質が必要だと判断しましたが、それは処方箋がなければ入手できませんので、まずはよさげなクリニックを探すことから始めました。
続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(4) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
泥沼から生まれる音楽 18:17
今週に入ってから、私の日々はにわかに慌しくなってきました。
溜まりに溜まった編曲や創作の仕事を、大急ぎで仕上げなければならなくなったからです。

といっても、締め切りが繰り上げられたわけではありません。
私が勝手に今の今まで放っておいたのがいけないのです。
片づけなければ後が大変だということも十分承知しながら、ずっと手を付けずに来たものに、とうとう真剣に向き合わなければならない時が来ました。
続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(8) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
選曲あれこれ 21:20
今日の東京は暖かい一日でした。
考えごとをする時間に恵まれたので、選曲についていろいろと思いをめぐらせました。

自分で次に弾きたいと思う曲も選ばなければなりませんが、今日は、縁のある子供たちがコンクールや演奏会で弾くのに相応しい曲を、それぞれの好みや得意を踏まえてアドバイスするのが目的でした。
続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(6) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
新ヤマハホールでのコンサート 15:07
今日は2010年5月16日に開催されるプレミアムコンサートの打ち合わせのため、銀座に行ってきました。

会場となるヤマハホールは、現在改築中の新ヤマハ銀座ビル内に間もなく完成します。
演奏する人を身近に感じられる333席の空間が、どのような仕上がりになるのかとても楽しみですが、まだ工事中で建物の内部には入ることができませんでした。
2月26日のオープンが待ち遠しいです。
続きを読む >>
| ミュージックライフ | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)