神田将ブログ yksonic life神田将の音楽生活や日々のメッセージを綴るブログです。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
Strangers in Shanghai 19:27
上海はいつでも尽きない好奇心を満たしてくれる街です。あちこち歩いても、毎回新しい発見がいっぱい。今回は散歩の途中で見かけた風景をご紹介します。

続きを読む >>
| トラベル | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
上海の空 17:41
2014年がスタートしました。素晴らしい一年となりますように。でも、待っているだけでは何も変わりません。今できることをひとつずつ。ひとりでたいしたことはできなくても、人生振り返るときには、ちょっとは自慢になることを遂げられるかもしれません。

続きを読む >>
| トラベル | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
シドニー駆け足さんぽ 00:00
イベントでシドニーを訪れました。わずか2泊の滞在で、自由時間は半日ほど。幸い、素晴らしい晴天に恵まれましたので、カメラ片手に散歩に出掛けてみました。

続きを読む >>
| トラベル | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
6000泊の記憶 11:35
公開が遅れていた喜怒哀楽2011年が完成し、アップロードを済ませました。これで1992年から2011年まで、20年分のレビューを書き終えたことになります。約二千のエピソード。平均3泊として、私がホテルで過ごした約六千泊分の記憶です。

続きを読む >>
| トラベル | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
らんの里 10:52
気持ちが乱れている時は、美しいものを見るのがいちばん。西伊豆で出会った蘭の花たちが、みずみずく華やかな姿ばかりでなく、甘い香りで慰めてくれました。

続きを読む >>
| トラベル | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
喜怒哀楽-海外編 01:13
辛口ホテルレビューでお馴染みのThe Ki-Do-Ai-Rakuに、海外編を設けました。まだサイトからのリンクを公開していませんが、ブログをご覧の皆様に一足お先にお届けします。

続きを読む >>
| トラベル | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
雨の神戸 23:11
明日の演奏会のため、今夜は神戸ステイです。羽田を出る時は曇り空でしたが、伊丹が近づくにつれ天候が乱れ、着陸前はジェットコースターのようなスリル。夕刻はレッスンをして、だいぶ遅くなってからホテルにチェックインしました。

続きを読む >>
| トラベル | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
ハノイでティーブレイク 22:00
東西文化が複雑に入り交じるベトナムの首都ハノイ。滞在数日目になると、喧騒や混沌にはすっかり慣れて来ました。私は気楽な街歩きが好きですが、ここハノイでは、空気が悪いことと、歩行に向かない交通事情とが影響して、行動範囲は限られています。

続きを読む >>
| トラベル | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
ハノイの混沌とエレガンス 00:04
ベトナムならではのスタイルでアスファルトを行く女性。夥しい交通をものともせず、マイペースで歩く姿に釘付けになりました。ハノイの街には混沌が溢れていますが、その中でさえも人々は穏やかなリズムを貫いて生きています。

続きを読む >>
| トラベル | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
龍の下るところ ハロン湾 ベトナム 00:18
まだ暗いうちに朝食を。ベトナムの朝はもちろんフォー。それがホテルであっても。迎えの車に乗り込むと、覚えのある香りに深い安らぎを感じ、まるで天国にいるような気分に。それは月桃の香り。4時間のドライブを経て、世界遺産ハロン湾へ。クルーズ船に乗り込み、三千の奇岩や島の浮かぶ海に出発。

続きを読む >>
| トラベル | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
タンロン水上人形劇場 00:08
マカオのThe House of Dancing Waterに刺激され、ウォーターショーに興味を引かれる今日このごろ。ハノイでのメインイベントは水上人形劇です。ベトナム文化の香り高いショーは、旧市街に近い古びた劇場で上演されています。

続きを読む >>
| トラベル | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
ハノイの街角から 14:55
ベトナムの首都ハノイに来ています。音楽とは関わりのない、まったくのプライベートプランです。叔母を連れての旅なので、観光の王道をたどるのみですが、その合間に覗き見るハノイの素顔を探しながら歩きます。

続きを読む >>
| トラベル | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
高知城の梅 00:00
香川から気動車特急に揺られて高知へ。途中の車窓は四国はもとより、全国でも指折りの美しさ。大歩危小歩危の渓谷美に息を呑みながら、曲がりくねった鉄路を進み、約2時間で高知駅に到着しました。

続きを読む >>
| トラベル | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
3週間ぶりの飛行機と3カ月ぶりの四国 01:18
早朝の飛行機で高松へ。ふだんから、バスよりも、電車よりも、飛行機の方が利用頻度が高いのですが、3週間ぶりの搭乗でした。ということは、都心に3週間連続でいたことになります。これまた珍現象。やはり、私には旅が必要です。

続きを読む >>
| トラベル | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
浜離宮恩賜庭園の梅 15:26
「梅が咲きました」の知らせに、いざ散歩。活気あふれる東京の海沿いにある、浜離宮恩賜庭園を訪ねました。日曜日でも午前中はまだ人が少なく、都会のノイズとは無縁の穏やかな時間が流れています。

続きを読む >>
| トラベル | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
croissant 06:30
旅先での朝食は、旅そのものの質をあんがい強く印象付けます。最近は相当な高級ホテルでもブッフェスタイルで提供するところが多くなってきました。バラエティ豊富な料理が並んでいるのは見るだけでも楽しいのですが、朝からバタバタと慌しい雰囲気の中で食べなければならないという場合も少なくありません。

続きを読む >>
| トラベル | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
My Home Town, Tokyo 05:04
朝5時の東京。雪と強風の後、東京の冬空はいつになく澄み渡っています。夜明け前でも、まるで銀河のような無数の光。この見渡す限りの大都会が、私のふるさとです。

続きを読む >>
| トラベル | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
オアフ島 西海岸 カエナポイントを目指して 02:57
ワイキキ、ノースショア、ウィンドワード。オアフ島の美しい海をいくつも訪ねましたが、まだ西海岸が未踏でした。西には他とは違った気候と景色が待っていると聞き、海岸線たどってを北上。道がなくなるところまで行ってみました。

続きを読む >>
| トラベル | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
天国の海 02:56
やっといつものオアフ島らしい天気になったので、海を見るために車を飛ばしました。光と風の状況で、さまざまに表情を変える海。雲が走り、強い風が吹くこの日は、まさに七変化。いついつまでも見飽きることのない眺めが広がります。

続きを読む >>
| トラベル | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
ホノルルの動物園と水族館 06:03
家族と別行動の時間を利用して、ホノルル動物園とワイキキ水族館を訪ねました。ファミリー向けの観光コースとしてお馴染みの施設ですが、ひとりでふらりと立ち寄ってみるのも悪くありません。

続きを読む >>
| トラベル | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
風と虹と砂浜と 12:54
年明けのオアフ島も、今回で3度目。一年分の深呼吸とともに、できるだけ遠くを眺める日々で、完全リフレッシュを目論んでいます。香港も寒く感じましたが、ハワイも同様。シャワーのような雨と強烈な北風に歓迎されました。

続きを読む >>
| トラベル | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
水舞間 The House of Dancing Water, City of Dreams, Macau 00:02
数あるマカオエンターエインメントパフォーマンスの中で絶大な人気を誇るThe House of Dancing Waterに招かれ、90分のショーを鑑賞。サーカス的な楽しさが主軸だろうと思っていたら、想像をはるかに超える美しさと芸術性に、時が経つのも忘れるほどに釘付けでした。

続きを読む >>
| トラベル | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
歩いて出会うマカオの風景 00:08
マカオは歴史の街。起伏のある狭い土地に、ポルトガル文化の影響を色濃く受けた建物が数多く残っており、見どころたっぷり。気の向くままのそぞろ歩きがよく似合います。

続きを読む >>
| トラベル | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
Good Morning! Hong Kong, Good Luck! Macau 00:35
景色は確かに香港なのに、気温はまるで東京。雨が上がったので、日課の水泳をと思い、早朝6時にルーフトッププールへ。プール内は温水だけど、プールサイドは強風。意外なことに、この寒さでも泳ぐ人は少なくありませんでした。

続きを読む >>
| トラベル | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
Hong Kong 2A.M. 03:15
今年最後の、そして来年最初のプレイのため、香港とマカオを訪れています。大陸の南側に位置し温暖な気候のはずですが、なんだかとても寒いんです。ただいま深夜2時。おそらく気温は10度を下回っているのではないでしょうか。

続きを読む >>
| トラベル | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
ちっちゃな赤プリとTokyo Bay 00:58
都心と千葉を往来するために、アクアラインを通りました。海ほたるから眺める都心方面の風景は、ビルの森そのもの。でも、海の上に都会のノイズはなく、潮風だけの世界です。

続きを読む >>
| トラベル | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
ぞうの国のクリスマス 00:00
沖縄から都心に戻ったら、やっぱり寒く感じます。でも、上海の寒さを思えば、このくらいへっちゃら。羽田からはアクアラインを通って木更津に直行。スケジュールの合間を見て、念願の市原ぞうの国を訪ねました。

続きを読む >>
| トラベル | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
山口-東京-山口上空-上海 02:26
コンサートを終えて翌朝、ラ・フランチェスカで2回目の朝食を。焼き立てのパン、好みに合わせた卵料理、生野菜と生ハム、日替わり野菜スープ、バスケットから選んでカットしてくれるフルーツ、そして爽やかなブラッドオレンジジュース。最高の朝でした。

続きを読む >>
| トラベル | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
singapore splash! 00:28
すでにシンガポールから帰国し、和歌山でのレッスンを終えてホテルにチェックインしたところです。温度に鈍感な私ですが、今夜はさすがに寒い!カゼがぶりかえさないように注意しながら、常夏のシンガポールを思い出しています。

続きを読む >>
| トラベル | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
Sound of Fort Canning Park, Singapore 00:16
シンガポール市街中心の小高い丘一体を占めるフォートカニングパークは、今でこそ熱帯の森の中に遊歩道が整備された安全な憩いの場として親しまれていますが、シンガポールの歴史を無言で語る遺産でもあります。今回はこの公園内にあるホテルに滞在したこともあって、隅々まで歩きながら、森の声に耳を傾ける毎日でした。

続きを読む >>
| トラベル | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
夢の中のシンガポール 08:15
シンガポール行きの飛行機は、出発が大幅に遅れるとのアナウンス。使う飛行機のサンディエゴからの到着が遅れたためだとか。サンディエゴ便は12月2日の就航だから、これから乗る飛行機はサンディエゴ出発の初便。西海岸の残り香がするかも。

続きを読む >>
| トラベル | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
かごしまmemories 09:46
1週間の鹿児島県キッズコンサートを振り返ってみると、あっという間のようでいて、たくさんの思い出がギュッと詰まった日々でした。昔は体育館なんてどこも同じと思っていたけれど、人と同じくそれぞれにユニークで、知れば知るほど愛着を感じます。

続きを読む >>
| トラベル | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
沖永良部島の雨 19:52
昨晩から降り続けている雨。時折強い風を伴い、ホテルの窓は小石が当たるような音を立てています。この程度の雨でも胸騒ぎがするくらいですから、9月28日の台風17号襲来時は、さぞや恐ろしかったことでしょう。風の音というより、金属が擦れるような音だったという島の人の話を思い出します。

続きを読む >>
| トラベル | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
肥薩おれんじ鉄道 22:29
連休最終日で大混雑する博多駅から、九州新幹線さくら号に乗車。わずか70分で出水駅に到着したら、今度は肥薩おれんじ鉄道に乗り換えて、鹿児島県阿久根市へ。最新鋭の新幹線と、のどかなローカル列車。どちらもそれぞれに魅力たっぷりです。

続きを読む >>
| トラベル | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
にっぽん丸の旅・最終日 00:11
2泊3日の船旅は、あっという間に最終日。前夜に開催したコンサートの余韻が冷めぬままに訪れた幻想的な朝。雲から漏れる光に導かれるようにして最上階のデッキに上がり、寝そべりながら空を眺めていました。

続きを読む >>
| トラベル | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
にっぽん丸出航 01:18
10月30日午後5時。日没とともに、名古屋港に停泊中のにっぽん丸に、お客様の乗船がスタート。早速船内を探索したり、ご自分の客室でくつろいだり、あるいはカフェでのティータイムを楽しんだり、思い思いのクルーズライフが始まりました。

続きを読む >>
| トラベル | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
にっぽん丸探検 16:06
午前中の新幹線で名古屋へ。接岸し、お客様を迎える準備が刻々と整いつつあるにっぽん丸に、わくわくしながら乗船しました。これから2泊3日の船旅がスタートします。

続きを読む >>
| トラベル | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
上海音楽学院と農園飯店 00:23
冷たい雨にしっとりと濡れる上海。傘をさしてプラタナス並木を歩けばロマンチックな気分に。ただ、インドネシアの熱帯気候から、一気に秋に移った感じなので、温度差で体調を崩さないよう気を付けないと。そう思いながら向かったのは上海の名門音楽校、上海音楽学院です。

続きを読む >>
| トラベル | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
上海文化広場1周年 01:35
ジャカルタから深夜便で成田に着き、そのまま飛行機を乗り継いで上海に来ました。浦東空港では、高松から来る弟子と合流するため、2時間30分のウェイティング。あえて到着ロビーのベンチに座り、行き交う人々に溶け込んで過ごしました。

続きを読む >>
| トラベル | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
Jalan Jalan Jakarta 07:13
インドネシアにはとても魅力的な観光地が多数ありますが、首都ジャカルタには目玉となる観光名所がありません。そのため、訪れる人はビジネスかトランジットばかり。それが逆に観光地化を推し進めず、現地の雰囲気をそのまま残してくれているのかもしれません。でも、せっかく来たのですから、ちょっと歩いてみましょう。

続きを読む >>
| トラベル | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
ジャカルタの虹 11:24
次の目的地に向かうつもりが、現地事情により困難になったので、このまま大都会ジャカルタで過ごすことに。外にも出られないので退屈かと思いきや、想像をはるかに超えて楽しく快適です。

続きを読む >>
| トラベル | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
歩いて入れないジャカルタのホテル 11:30
日本では、どんな高級ホテルであれ、誰もが自由に訪れることができます(一部入りにくい雰囲気のところはありますが)。ジャカルタの場合、入館に際しては空港のような手荷物検査があり、閉ざされた特別な空間という感じです。

続きを読む >>
| トラベル | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
朝のラグーンプール 17:39
ジャカルタの月曜日。やや雲が広がり、熱帯の強い日差しもまろやかです。こんな朝は体を動かして、疲れた細胞を生き返らせたいもの。幸い、滞在中のホテルは、ジャカルタの中心部にいながらにして、バリ島のような気分を味わえるラグーンプールがあります。

続きを読む >>
| トラベル | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
ジャカルタの朝 20:05
インドネシア、ジャワ島北西、首都ジャカルタ、現地時間午前5時20分。わずかに靄がかった都市の空気が赤紫色に染まると、熱帯の一日が始まります。日曜日の午前中は、ジャカルタの中心部を貫くタムリン通りが歩行者天国に。時間になると、夜通し続いた車のクラクションが消え、急に静まり返ります。

続きを読む >>
| トラベル | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
日南、そしてえびの 17:32
初めてのかんぽの宿はあんがい快適でした。造りは立派でリーズナブル。そして何より、バリアフリーなどの設備とサービスが素晴らしいと思いましたし、泊まっている方々のくつろいだ表情がとても印象的でした。

続きを読む >>
| トラベル | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
トロントロン川南と伊勢海老日南 22:06
宮崎県高鍋町で目覚め、雲ひとつない晴天を眺めながら隣りまちの川南町へ。今日は川南町のすべての小学校5校が集まって、ひとりオーケストラの観賞会が開催されます。街の中心部はトロントロンと呼ばれています。商店街もバス停もトロントロン。ジブリアニメの舞台になりそうな名称ですね。

続きを読む >>
| トラベル | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
宮崎フルーツ 20:46
安中コンサートの盛り上がりと余韻が冷めないままに、今日は宮崎へとやって来ました。空港に到着したら、到着口目の前にあるフルーツパーラーで、早速マンゴーソフトです。

続きを読む >>
| トラベル | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
空想の旅 11:07
馴染みのホテルレストランに、いつも優れたサービスでくつろがせてくれる外国人がいます。たいへん忙しい店なので、必要な会話しかしたことがありませんでしたが、珍しく閑散としている時に、生まれ故郷について尋ねることができました。

続きを読む >>
| トラベル | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
旅は道連れ 17:10
関西での全スケジュールを終え、帰京途中でのエピソード。それは身も心も疲れ果て、願わくば誰とも接したくない時に起こりました。

続きを読む >>
| トラベル | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
桜なき吉野を訪ねて 06:42
吉野といえば山一面を覆い尽くす満開の桜。一度はこの目で見てみたいと願いつつ、まだ叶えられずにいます。桜の時期でない吉野はどんなだろう。そんな興味といくつかの国宝を目当てに、夏の吉野を訪ねました。

続きを読む >>
| トラベル | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
世界遺産 高野山 01:06
世界遺産廻りを趣味とする外国からの友人を伴い高野山へ。夏休みの週末ですから、どれほどの賑わいかを心配しながら、満席の南海特急「こうや号」に乗車しました。

続きを読む >>
| トラベル | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
松山空港と伊予柑コーヒー 00:04
今回の愛媛訪問では、鉄道車窓と松山の中心地以外、何も見ることができなかったけれど、それだけにもう一度訪ねてみたいという気持ちで出発しました。

続きを読む >>
| トラベル | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
予讃線で香川から愛媛へ 00:00
連日のスーパーレッスンのため、坂出市内に1泊。夏休み中の混雑により、いつものホテルが取れず、全国展開のビジネスホテルに泊まったのですが、ベッドが驚くほど硬かったせいか、浅い眠りの途中で入獄する夢をみました。

続きを読む >>
| トラベル | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
HANEDA OASIS 00:00
名古屋のホテルで7:00に朝食。7:12にチェックアウトし、7:24の新幹線で品川まで行ってから、タクシーに乗り換えて羽田空港へ。予定していた以上にスムーズに移動できたので、羽田でゆっくり一息つくことができました。

続きを読む >>
| トラベル | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
5番のりばのサービス精神 00:00
香川から岡山経由で東京へ。この季節、岡山ならではの旬のフルーツを思う存分味わいたいところながら、毎度素通りです。空港では100円を投じて展望デッキへ。真っ青な空と白い雲、かすかな風に揺れる緑に囲まれながら深呼吸しました。

続きを読む >>
| トラベル | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
新潟の空と海 02:22
8日・日曜日の新潟は爽やかな夏空に覆われ、土曜日が雨だったこともあってか、どこも午前中から多くの人で賑わっています。

はるばる四国から譜めくりに来てもらったお嬢さんは、初めての新潟かつ初めての日本海。帰りの新幹線に送り届けるまでの数時間、できるだけ人混みを避けながら、新潟の空と海を見ることにしました。

続きを読む >>
| トラベル | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
小樽さんぽと海猫屋 00:00
どこまでも続く空。梅雨と無縁の北国で迎える朝は実に気分爽快です。午前中は一周忌法要に列席。経の特殊な音階とリズムに酔いしれたり、ありがたい話に頷いたり、懐かしい顔ぶれと談笑したり、そこにいない故人の和が、まだ確かに息づいていました。

続きを読む >>
| トラベル | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
夏のおたる 00:01
昨年の7月に他界した神田将後援会前会長の法要に参列するため、小樽を訪ねています。足繁く小樽に通った頃を思えば、すっかりご無沙汰。でも、小樽の街は、私をいつでも温かく迎えてくれます。まだ会長がお元気であるかのように。

続きを読む >>
| トラベル | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
川は憩いの場〜続・新潟散歩 00:15
25日の日曜日も、新潟は素晴らしい天気に恵まれ、馴染み深い九州や山口が大雨だというのに申し訳ないくらいでした。午後3時からは新潟コール・トゥッティのミニコンサート。それに照準を合わせながらも、リラックスを求めて新潟の魅力を尋ね歩いてみました。

続きを読む >>
| トラベル | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
午後の新潟散歩 00:05
稽古上がりのフリータイムに、好天に恵まれた新潟の街を歩いてみました。何かしら、新しい発見を求めて。

続きを読む >>
| トラベル | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
NASPA 〜 りゅうとぴあ 16:30
稽古に熱を入れ過ぎてカチコチになった筋肉をほぐすには温泉が必要だと思い、昨晩は急に思い立って越後湯沢へ。日付が変わるちょっと前に到着し、思う存分、目的を達すことができました。

続きを読む >>
| トラベル | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
特急列車の旅 22:44
信州上田で目覚め、朝食やモーニングコーヒーとともに歓談を楽しんだ後は、東京方面に戻る方々と別れて、ひとり反対方向の新幹線に乗車。約7時間の列車の旅が始まりました。

続きを読む >>
| トラベル | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
book now! 17:01
思い立ったら、必要なものだけをカバンに詰めて、気が向くままに行きたい所へ向かう。それが旅の理想ですが、日常生活ではなかなかそうはいきません。

続きを読む >>
| トラベル | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
合唱稽古と日本海の夕陽〜新潟 22:03
7月7日の新潟コールトゥッティ演奏会稽古のため新潟へ。まずは練習会場へ直行し、4時間に及ぶシビアで本格的な稽古に参加。アマチュアとは思えない真剣な雰囲気や指揮者からの高度な要求を見て、ますます当日が楽しみになりました。

今日、私は演奏せず。ただ隅に座って流れを見守ります。合唱団の実力や指揮者の要求に触れることで、私が何を求められているかを探り、当日の参考にするのが目的です。

続きを読む >>
| トラベル | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
上州富岡、そして安中 20:19
行楽日和の週末は、秋のコンサート打ち合わせのため、車で安中へ。予想以上にスムーズで1時間以上早く着いたので、富岡製糸場に寄り道しました。

続きを読む >>
| トラベル | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
HANEDAのコーヒーと帯広の豚丼 18:28
まだ体調がかなりあやしいのですが、明日は池田町での演奏会です。自分に往復ビンタをする気分で、シャキッと気合いを入れて出掛けて来ました。

今回の旅は叔母も一緒。私に叔母の子守をする余裕がないので、頼もしい友人にも同行してもらうことになり、一気にチーム人数が増えた感じです。

続きを読む >>
| トラベル | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
ホスピタリティ 19:58
今日は意を決して和歌山から東京へ移動。帰り路は失意の分だけ遠く感じました。結局、何の成果もあげられず、容体を悪化させるだけに終わった今回の和歌山ですが、体力の限界を知ることができましたので、今後に活かしたいと思います。

続きを読む >>
| トラベル | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
世界の果てより遠かった和歌山 21:22
送りの車のシートに深く身を沈めて、うつろに見上げる東京の空は、いつもより美しく輝いて見えました。高速道を過ぎゆくシーンは、まるで走馬灯のよう。

火照る体に「私は今沖縄のサトウキビ畑で日光浴を楽しんでいるんだ。なんと心地がいいのだろう」と耽る空想。目的地はまだ遠くです。

続きを読む >>
| トラベル | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
阿修羅と向き合う10分間 00:15
黄砂舞う水曜日の午後に訪れた奈良。2009年夏にコウキ商事で開催されたコンサート以来、久しぶりのことです。正確にいえばコウキ商事は天理ですので、奈良市を訪ねたのは30年ぶりになります。

続きを読む >>
| トラベル | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
Sakura in Shanghai 00:50
東京の桜が満開になったとのニュースを聞き、帰国前に上海の桜をもう一度眺めようと、早朝のホテルガーデンを散策。錦江飯店の庭では、1本だけ桜の木が見つかりました。

続きを読む >>
| トラベル | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
上海茂名南路 00:01
今回の上海公演には日本からも多くの皆さんが駆け付けてくれましたが、日毎に帰国していき、4日には家族を空港に見送り、上海に残っているのはとうとう私ひとりになりました。

続きを読む >>
| トラベル | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
上海 3A.M. 04:01
ただいま上海は午前3時。いつもは賑やかな広告映像やライトアップもほとんど消灯し、街は束の間の眠りに就いています。

続きを読む >>
| トラベル | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
Shanghai morning, Nanxiang evening 23:09
上海は時間帯によって大きく表情を変えますが、私が好きなのは昼の活気でも鮮やかな夜景でもなく、朝独特のけだるさです。

続きを読む >>
| トラベル | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
飛行中のストレスと大陸でのストレス 23:58
予定通りに上海に到着したのも束の間、コンサートの準備は予想通りに紆余曲折のスタートを切りました。

続きを読む >>
| トラベル | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
Transit Tokushima 21:25
和歌山を後にして、次に向かうのは香川。いつもなら大阪と岡山を経由して最速の鉄道を使うところを、今回はのんびりとフェリーを選びました。ゆとりある旅路を。最近はそれが好みのスタイルです。時間が許される限り。

続きを読む >>
| トラベル | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
土佐高知から上州高崎へ 19:27
昨晩の夕食抜きが功を奏したのか、今朝の目覚めは快調。ホテルのブッフェ朝食は野菜中心にしっかり食べました。高知のトマトは実に美味です。

続きを読む >>
| トラベル | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
南風7号高知行き 19:33
香川を後にし、気動車特急南風に乗って高知へ。途中、徳島県の山間部を通る沿線風景は、子どもの頃から一度眺めてみたいと思い続けていたので、やっと願いが叶います。

続きを読む >>
| トラベル | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
Sony Open in Hawaii ともうひとつの楽園 00:03
ゴルフにはまったく疎い私ですが、ソニーオープンの舞台となるワイアラエ・カントリークラブで、トーナメントを控えた選手たちの練習風景を「鑑賞」してきました。

続きを読む >>
| トラベル | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
Diamond Head - Oahu 01:28
ハワイのシンボル、ダイヤモンドヘッド。その姿は一度見たら忘れられません。では山頂からの眺めはどんなでしょう。

続きを読む >>
| トラベル | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
海に沈む太陽と月 00:27
星の位置と動きで、時間と方角を知る。現代に生まれ、かつ都会で生きていると、そんな古代からの知恵を実感する機会はほとんどありません。ホノルルもまた人間が栄える都会のひとつですが、星に基づく時間感覚がとても役に立っています。

続きを読む >>
| トラベル | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
Singapore Zoo & Transit Narita 00:00
シンガポール動物園で、やっと生きているゾウに会うことができました。ゾウたちは、絶大な人気を誇る毎日2度のショーに出演。私よりもステージ経験が豊富な先輩たちです。ショーの合間には、お絵かきをして遊んでいました。

続きを読む >>
| トラベル | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
Elephant Parade Singapore 00:03
今回、シンガポールを訪ねた目的は、ずばりエレファントパレードです。私が大好きなゾウを守るために。

続きを読む >>
| トラベル | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
バンコク初詣と定番観光ショートコース 07:01
バンコク在住の友人を新年早々に呼び出し、タイのエッセンスを楽しませてもらいました。バンコク観光の要は、やはり王宮とその周辺の寺院。朝食を済ませたら、早速出発です。

続きを読む >>
| トラベル | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
バンコクの初日の出と象 00:00
次第に明けてゆく空を眺め、やがて顔を出した太陽と対面した時、にわかに気付きました。これが初日の出。ビルの間を縫うようにして上がり、またたく間にバンコク中を光輝かせました。

続きを読む >>
| トラベル | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
クリスマスの再会 21:20
第九演奏会を終え、宇部のホテルに1泊。朝の便で旅立つ前に、懐かしい再会が待っていました。

続きを読む >>
| トラベル | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
明石公園と天文科学館 23:32
今日は午後から明石へ。演奏会の打ち合わせが主目的ながら、すこし早めに出掛け、明石公園を散策してみました。

このあたりは、かつて頻繁に訪れていたのに、公園内に足を踏み入れたのは初めて。想像以上に広く、場所によって雰囲気が異なるので飽きません。

続きを読む >>
| トラベル | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
ひこうきパンと雨のこんぴらさん 22:40
金曜日から月曜日までは、西日本でのスーパーレッスンです。まずは羽田から飛行機で岡山を目指しますが、その前に、ラウンジで腹ごしらえ。ちょうど目に入ったひこうきパンを購入しました。

続きを読む >>
| トラベル | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
神々しい夜明けとワイルドな波 〜沖永良部島 19:28
コンサートの余韻がまだ心地よく残る夜。すばらしい静寂に心奪われて寝付けず、ベッドから抜けだし、満天の夜空を見上げて、まさに星を数えながら朝を待ちました。

次第に空が明るみ、星がひとつずつ消えていくと、今度は波頭が闇から浮かび上がってきます。部屋から眺めているだけでは飽き足らず、コートを着て港に出てみました。

続きを読む >>
| トラベル | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
霧島温泉で芋焼酎と黒豚しゃぶしゃぶ 22:47
トリオでのコンサートツアーで、鹿児島県霧島温泉に来ています。宮崎との県境にも近く、峰々が連なる環境はいかにも温泉郷の風情。宿の大浴場もいいのですが、ひとりで湯を満喫しようと、小さな貸切風呂を使ってみました。

続きを読む >>
| トラベル | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
喜怒哀楽更新中 13:21
先週までは演奏会続きの消耗戦でしたが、今週はクローズイベントやパーティの招待などを中心とした静かな毎日。とたんに気が弛んで肺炎に。そんなわけで、不要な外出は控え、花に囲まれながらデスクワークメインの生活です。

続きを読む >>
| トラベル | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
白河の落葉と紫陽花 00:00
白河市の小学校巡回コンサートは、第2弾の2日目までが終了。残すところあと6ステージです。同じ市内でも、学校によって子どもたちの反応やコンサートの雰囲気もさまざまですが、共通しているのはみんな音楽を心から楽しんでくれていることです。

火曜日の朝は雲ひとつない晴天に恵まれましたが、気温はだんだんと下がって来ているようです。ホテルの前にある公園を散歩していたら、紫陽花が咲いていました。

続きを読む >>
| トラベル | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
三日月の滝と伐株山 16:58
玖珠町に来てからというもの、演奏会場へ向かう途中や帰り路に、町の名所を案内してもらっています。

そこで見た風景や感じた空気から得たインスピレーションで当日の演奏プログラムを選び、演奏時にはその光景を思い出しながら弾いています。きっと、これらの風景を熟知した子どもたちにも、私の描くイメージが伝わりやすいことでしょう。

続きを読む >>
| トラベル | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
玖珠町の街角で 17:22
24日から始まった大分県玖珠町での学校巡回公演は、2日目までが終了しました。5日間で町内すべての小中学生に演奏をお届けする予定です。

同じ町内でも学校によって子どもたちの雰囲気はさまざま。どちらかというと反応はおとなし目ですが、それぞれに楽しんでくれているようです。

続きを読む >>
| トラベル | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
山口から大分へ 00:00
日曜日の午前中は山口市内を周遊。といっても観光ではなく、もし小さな規模のソロコンサートをするとしたら、どの会場がベストかの下見をしました。

最初はサビエル記念聖堂に行ったのですが、ここで演奏するのはやめた方がいいと心の声が却下。次いで山口県旧県会議事堂へ行ったのですが・・・

続きを読む >>
| トラベル | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
シニアにやさしいシンガポール歩き 00:03
コンサート翌日は、午後の6時間を利用して、母や叔母を連れてのシンガポール市内観光。のんびり、らくらく、わくわくをキーワードに、効率よく楽しんでもらえるよう工夫してみました。

続きを読む >>
| トラベル | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
singapore noon walk 19:18
とある朝から昼にかけて、たまたまひとりになる時間があって、泊まっている古風なホテルの周辺をあてどなく歩いてみました。

続きを読む >>
| トラベル | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
実は高所恐怖症です 00:00
張家界でのコンサートも4日目。すでにほとんどの出演者やスタッフたちと顔馴染みになり、楽しくやっています。私が張家界に来て最も好天に恵まれた13日は、水繞四門の特設ステージのコンサートに出演しました。

続きを読む >>
| トラベル | - | - | posted by 神田将 (かんだゆき)
止まった時計と動かない思考 00:39
数日前。ふと時計を見ると、針が止まっていました。今回の旅行には友人がくれた自動巻きの腕時計をしてきたのですが、日中は日焼け後が付くといけないと思い、外してホテルに置いてありました。

時計は勢いよく振り回したらすぐに動くようになったのですが、私の思考回路はどんなに刺激を与えても活発にならず、少々気が滅入り気味でした。

続きを読む >>
| トラベル | comments(2) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
シンガポールの街角で 13:58
行く宛てを決めず、気の向くままに歩く。危険がほとんどないシンガポールは、そうした街歩きには最適ですが、スリルや冒険も大好きな私には、ちょっと物足りないところもあります。

続きを読む >>
| トラベル | comments(2) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
トラディショナルなシンガポールを求めて 14:46
シンガポールでは最新スポットが脚光を浴びる中、昔から変わらぬ表情を見せてくれるものや、消えゆく場所がたくさん潜んでいます。週末は、そんな風景を求めて歩いてみました。

続きを読む >>
| トラベル | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
シンガポール動物園とマリーナベイザンズ 21:30
今朝はまずシンガポール動物園へ出掛けました。ここには広大な敷地にさまざまな動物が飼育されており、シンガポールではナイトサファリと並んで不動の人気を誇る観光スポットですが、私の一番のお目当ては、もちろんゾウたちです。

続きを読む >>
| トラベル | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
シンガポール、本日は晴天なり 23:19
シンガポール2日目。初日は曇り空でしたが、今日はよく晴れました。見るものすべてが輝いているかのようです。

続きを読む >>
| トラベル | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
信州上田散歩 19:58
新酒を味わう会から一夜明け、帰京までの時間を利用して、半日の上田散歩を愉しんで来ました。

上田には歴史に彩られた見どころがたくさん。ちょっと足を延ばせば、名湯や高原などのヒーリングスポットもありますが、今回はちょっぴりユニークな場所も訪ねてみました。

続きを読む >>
| トラベル | comments(4) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
IWATE BLUE 00:00
盛岡市内の滞在はおよそ9ヶ月ぶり。街並みにほとんど変化はなく、違っているのは季節だけのように感じられます。

強い風が吹いた翌朝、太陽はひときわ眩しく輝いていました。午前中はフリーだったので、盛岡城跡公園を中心に、ゆっくりとゆっくりと歩きながら、聞こえてくる音たちに耳を澄ましました。

続きを読む >>
| トラベル | comments(2) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
会津もめんと起き上がり小法師 00:00
満員の乗客を乗せた新幹線に乗って郡山へ。そこから迎えの車に揺られ、会津若松へとやってきました。

そこでは、猪苗代に根を下ろした旧友との再会、そして、会津伝統のもめん巾着と、可愛らしい起き上がり小法師との出会いがありました。

続きを読む >>
| トラベル | comments(5) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
せっけん箱 00:09
地震で崩れた荷物を整理していたら、オープンラックの奥から、せっけん箱がひとつ出て来ました。中は空でしたが、もともと入っていた石鹸の香りがかすかに残っています。

続きを読む >>
| トラベル | comments(6) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
八重山追想 00:01
八重山での休日を終え、濃霧の那覇を経由して東京に戻り、気温が10度も低い都会に埋もれてもなお、気分だけは島の幻の中に漂っています。

続きを読む >>
| トラベル | comments(3) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
石垣島の色彩 00:03
八重山諸島最終日。やっと晴れてくれました。太陽を一度も拝めないのは悲しいけれど、わずかでも顔を出してくれれば、じゅうぶん満足です。

続きを読む >>
| トラベル | comments(5) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
西表島をテイスティング 18:40
5月5日。小浜島から西表島を目指して船に乗り込みました。空の半分は夏の青空。残り半分は厚い雲。

雨の島というイメージの強い西表島は、やはり雲に覆われているようですが、熱帯のスコールでも浴びたい気分。雲を追い掛けることにしましょう。

続きを読む >>
| トラベル | comments(4) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
小浜島の静かな休日 18:16
小浜島2日目。今日もずっと太陽は顔を見せてくれませんでしたが、時折さわやかな風が通り抜ける、心地よい島の休日を過ごしています。

続きを読む >>
| トラベル | comments(2) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
南群星(はいむるぶし) 20:24
雲と雲の間。上へ?それとも下へ?
いや、そのむこうの世界へ。

続きを読む >>
| トラベル | comments(6) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
THE NAHA TERRACE 20:59
沖縄に来ました。昨年の同じ時期に訪れた時は、梅雨入り前で晴れ間も見えましたが、今年は4月のうちに梅雨入りしてしまいました。どんよりと曇っていて、5月の沖縄にしては肌寒いくらいです。

続きを読む >>
| トラベル | comments(5) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
スリーメンズで小樽散歩 13:25
チャリティーディナーから一夜明け、18日は小樽観光の時間を取りました。私は何度となく小樽を訪れていますが、あとのふたりにとっては初めてのディスティネーション。時間は限られていましたが、いくつかのスポットを訪ねてみました。

続きを読む >>
| トラベル | comments(4) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
小樽でシンガポール 18:06
スリーメンズステージのため、小樽へ。荒々しい海と無数のかもめたちが出迎えてくれました。

続きを読む >>
| トラベル | comments(2) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
上海モーニング-東京イブニング 20:09
一週間の中国滞在もいよいよ最終日。午後一番の飛行機で帰国するので、残り時間はあとわずかです。今朝もよく晴れ渡り、上海にしては空気が澄んでいるように感じられました。

続きを読む >>
| トラベル | comments(5) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
穢れを知らない顔立ち 23:23
コンサートから一夜が明け、その反応が次々と舞い込んで来ていますが、実感した手応え以上のものがあり、気分のいい朝を迎えることができました。そして、やっと上海の春を肌で感じる余裕が持てるようになりました。

続きを読む >>
| トラベル | comments(2) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
goodbye beijing, hello shanghai 23:15
ほの暗いうちに北京の宿を出発し、空港へ向かう途中で夜が明けました。北京の風景は色彩がとぼしい上に霞みがかかっていて、どこか記憶の彼方を旅してるようです。

続きを読む >>
| トラベル | comments(2) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
ブルースカイヨコハマ 20:56
昨晩は久しぶりの横浜ステイ。眩しい太陽が爽やかな目覚めを届けてくれ、強い風に向かって港の周りを走り抜けると、ふさいだ気分も一緒にどこかへ飛び去ってしまいました。空に向かって両手を広げ、思い切り高くジャンプしてみたり。体を動かすと、パワーが湧いてきます。

続きを読む >>
| トラベル | comments(4) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
雨の神戸から「さくら」に乗って 22:46
昨晩の明石リサイタルでの感慨がまだ濃密で鮮明なままに迎えた朝。神戸の街はやわらかい雨に濡れ、どこからともなくショパンが聞こえてくるかのようでした。

朝食の後、神戸の親友がホテルから新神戸駅まで愛車で送ってくれることになって、山口や新潟の皆さんと名残惜しくお別れし、ホテルを出発しました。

新神戸からは今月お目見えしたばかりの九州新幹線「さくら」に乗車。新神戸駅ホームの発車案内表示に「鹿児島中央」と書かれているのを見て、とても新鮮に思いました。

続きを読む >>
| トラベル | comments(6) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
夜行列車 22:35
私は今、香川から東京へ向かう夜行列車に乗っています。昔は日本中を結んでいた夜行列車。ブルートレインの愛称で親しまれ、私にとっても子どもの頃からの憧れでしたが、今は限られた区間を残すのみとなりました。

続きを読む >>
| トラベル | comments(4) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
雪あかりの路〜小樽運河 21:38
今日から札幌の雪まつりが始まり、早朝の札幌便も満席の混雑ぶり。ビジネスマンと観光客を半々に乗せた飛行機は、雪雲の中を揺られながらも、定刻通りに新千歳空港に到着しました。

私の目的地は札幌ではなく、小樽。4月のディナーショーの打ち合わせが主な目的です。そして、ちょうど開催中の「第13回小樽雪あかりの路」も見たいと思いながら・・・

続きを読む >>
| トラベル | comments(5) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
Boeing 747 22:42
やっとハワイの風土に馴染んできたところですが、そろそろ東京へ戻らなければなりません。休息と家族サービスを兼ねた旅行のつもりが、私自身の再発見と再生の旅路となり、さまざまな思いを携えての帰国です。

続きを読む >>
| トラベル | comments(3) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
blue sky Lapule 17:24
雲ひとつない青空と穏やかな海。それが手に届くところで待ちかまえているのに、とても出掛ける気にはなれません。今日こそは終日ホテルで過ごすことに決めました。

続きを読む >>
| トラベル | comments(7) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
on the beach 18:42
午前中は肌寒く、冷たい雨が降りそうなほどでしたが、天気はなんとか持ちこたえたばかりか、午後には太陽が照りはじめ、夕刻には見事なサンセットとなりました。

続きを読む >>
| トラベル | comments(6) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
windward - northshore 18:46
朝日に目覚め、早速ビーチ沿いを爽やかに駆け抜けたら、甘いパパイヤの朝食。ハワイの朝は、日の出の瞬間からアクティブな気分がみなぎります。

続きを読む >>
| トラベル | comments(7) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
ALOHA!! 18:36
成田を飛び立った最終便は、真夜中の空を朝日に向かって突き進みながら、珍しく窓際に座った私に満天の星空をプレゼントしてくれました。昨年プラネタリウムで体験したような、圧倒的な星たちの瞬きをこの目で見ることができ、早くも今年の目標がひとつ叶いました。

星を見つめていたら、一睡もすることなく目的地へ到着。ここは、心地よい風とまぶしい太陽が迎える楽園、ホノルルです。

続きを読む >>
| トラベル | comments(3) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
WALDORF ASTORIA SHANGHAI on the BUND 23:29
30日の午後には上海で組まれていたスケジュールがすべて終了し、2010年の活動にも一区切りつきました。2010年の秋冬シーズンは、限界を感じた昨年以上に過密な日々でしたが、多くの方々に支えられながら乗り切ることができました。

特に9月以来の4ヶ月は、自分が今どこにいるのかさえわからなくなるほどに、まったく息つく間もない毎日でしたので、せめて年末のわずかな時間だけでも静かに過ごし、2011年に向ける英気を養いたいと思い、滞在するホテルを替えました。

続きを読む >>
| トラベル | comments(3) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
Tokyo, my home town 23:43
沖永良部島の朝は神秘的でした。筆が描いたような雲が流れ、その合間から時折顔を出す太陽が、海面を照らします。まるで海水がプラチナでできているような鈍くも美しい輝きでした。

続きを読む >>
| トラベル | comments(6) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
月の道 20:53
夜明け前の月が淡い光を海に落とし、どこか別世界への道が開かれているかのよう。遠くからでもかすかに感じられる波の揺らぎだけが、この光景が静止画でないことを感じさせていました。

続きを読む >>
| トラベル | comments(5) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
たいようとみどり 17:52
水平線に上がる朝日で目覚めた宮崎の週末。明日から続く6日間11回の連続コンサートに備え、今日は体力リカバリーの一日を過ごす予定です。

続きを読む >>
| トラベル | comments(1) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
薩摩川内から宮崎へ 22:36
今日も薩摩川内市内で2回の学校コンサート。午前中は永利小学校、そして午後からは平佐西小学校にお邪魔しました。

続きを読む >>
| トラベル | comments(4) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
下甑島散歩〜竜宮城時間 22:25
3日間滞在した下甑島。今日はいよいよ島を離れます。ここは、まるで無人島のような静けさと、人が暮らす島ならではの温もりが同居する、現在の竜宮城。ふたたび訪れる日は廻ってくるのでしょうか。せめて今日というひとときを脳裏に焼き付けて帰りたいものです。

続きを読む >>
| トラベル | comments(5) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
東京から11 時間〜下甑島への旅 23:21
今年で三年目となった鹿児島県巡回コンサート。明日の初日にのぞむため、鹿児島へ向け出発しました。

続きを読む >>
| トラベル | comments(6) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
怒りを前進エネルギーに 帯広〜釧路 23:34
ここ数日、あまり気分がすぐれません。でも、今はツアー中ですので、この不機嫌はグッとこらえてしまってあります。たぶん、日課の運動をしばらく休んでいるのが主な原因でしょう。

これじゃいかんと思いつつも、気分を晴らす要素が見当たりません。朝食をとる気力もなく、狭いホテルルームでできるだけ穏やかに過ごしていました。

帯広から釧路へ向けて出発する直前、ホテルのロビーラウンジで軽く何かを食べることにしました。吹き抜けのさわやかな空間には他に客もなく、ゆっくりと過ごせそうです。

ベーグルやワッフルなどもあったのですが、十勝パフェというのが気になって注文しました。なんとホテルオリジナルのマスコット付きです。

続きを読む >>
| トラベル | comments(6) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
札幌〜占冠〜帯広 北海道なのに関西的! 22:17
太陽がこんなに眩しいなんて、久しぶりに実感しました。外に出てみても、昨日までに比べると格段に暖かく感じられます。今日は札幌から帯広まで移動。函館から苫小牧、旭川、小樽、札幌とお伴してくれた千歳バスが迎えに来ていました。

今回が一番長い移動なので、プロデューサーが気を遣って、より大きなバスを用意してくれました。確かに乗り心地は向上しましたが、これぞ贅沢という感じで少々落ち着きません。もったいない、もったいない・・・

相も変わらず女性陣は熟睡。私は車窓を眺めながら、ひたすら考え事をして過ごしました。

続きを読む >>
| トラベル | comments(3) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
札幌ステイ〜行動半径100m 17:49
今日もまたまた休演日。今回のツアーは、演奏クオリティと体力維持のためにOFFが多く組まれているのですが、ノンストップ人生まっしぐらの私にとっては、逆に調子狂わせなスケジュールです。

弾く時は弾きまくる。書く時は書きまくる。遊ぶ時は遊びまくる。白黒ハッキリしたライフスタイルが理想です。

今日もまたホテルにこもって編曲作業の一日。ところが、どうも頭の切り替えがすんなりといきません。かといって、遊びに行くのはもっと気が進みません。

ふとホテルの窓から外を見ると、何やら賑やかそうな施設があります。函館や小樽でも目にしたような古びたレンガの建物には、SAPPORO Factoryと看板が掲げられています。ちょっと様子を見に行ってみましょう。

続きを読む >>
| トラベル | comments(5) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
苫小牧〜旭川 神の宿る大地 21:31
本日休業。いつも華やかな装いの共演者たちも、今日ばかりは「ほぼ」すっぴん。この状態を姜建華さんは「生をお見せしてごめんなさいね〜」と表現し、おおらかにほほ笑みます。

続きを読む >>
| トラベル | comments(4) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
函館〜苫小牧 3度の虹 22:21
函館で宿泊した宿は目の前が水産市場。朝から活気がみなぎっています。海の鳥たちもおこぼれにあやかろうとにぎやかに飛びまわり、それに負けじと陸のカラスたちも集まっていました。

海沿いには港街らしい風情が漂いますが、どこかハイカラなのは横浜や神戸に共通します。古い倉庫はしゃれた店に改装され、日中は多くの観光客が訪れるのでしょうが、朝はほとんど人がなく、さわやかな雰囲気もひとしおです。

続きを読む >>
| トラベル | comments(4) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
空港狂騒曲 23:12
今日から姜建華二胡コンサート北海道ツアーが始まりました。姜建華さんは前日に北海道入りしましたが、他の出演者とスタッフは当日の移動です。

初日の会場となる函館へは、羽田から飛行機を利用しました。乗る便は同じですが、特に待ち合わせはせず、機内で会うかもしれないし、会わなければ現場でという程度の気楽さです。

続きを読む >>
| トラベル | comments(7) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
石巻マンガッタン 21:34
今夜は、明日のコンサートに備え、宮城県石巻を訪れています。



東北新幹線で仙台に着く頃、ちょうど車窓から「たいはっくる」が見えました。もうせんくらが終わって1ヶ月になるのだと、時の流れのスピードに驚きつつ、楽しかったせんくらをしみじみと思い出しました。
続きを読む >>
| トラベル | comments(5) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
大阪エレガンス 23:46
上海を名残惜しく発ち、東京をかすめただけで帰宅はせず、大阪へとやって来ました。大阪でのスケジュールを終えて、ホテルにチェックインしたのは、つい今しがたです。

10月に入ってからは、せんくら、リサイタル、上海と、大曲の並ぶプログラムが連続するステージが続いており、まとまった睡眠を取れた日がほとんどないため、今日こそは朝までぐっすり眠ろうと思っていたのですが、急な宿題がひとつ舞い込んで来ました。

今夜もレッドブルを飲んで、鈍った脳の回転に喝を入れてやりきるつもりです。その前に、ちょっとだけ一休み。

続きを読む >>
| トラベル | comments(4) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
ああ、オホーツク 20:15
今朝は不運の連続。いったいどこの疫病神に好かれたというのでしょう。
明日の小清水町公演のため、昼の飛行機で女満別へ出発する予定になっており、午前10時半に車の手配をしてありました。

それまでに、昨晩から続いている編曲を、区切りのいいところまでは終わらせなければと、気持ちが焦っているところに、迎えの車が到着したとの知らせが。
続きを読む >>
| トラベル | comments(9) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
上海的大阪 22:21
今日はどんな天気だろう。なぜかまだ真っ先に岩手や秋田の天候に目が行ってしまう私です。昨日までとは打って変わって、今日の東北は強い雨が降っているのだとか。雨が峠を越えれば一気に秋が訪れることでしょう。

東京で束の間の休息を取り、私は朝の飛行機で大阪へ。今朝も愛用のJAL便ですが、最近、どうもサービスがおかしいなと感じるのは私だけでしょうか。

続きを読む >>
| トラベル | comments(7) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
岩手・秋田の10日間と東京の10時間 22:54
岩手県岩泉町からスタートした2010年東北学校巡回コンサートは、いよいよ今日の秋田市と潟上市の2回で終わりです。東北の雄大な自然にすっかり魅せられて溶け込んだ10日間でしたので、朝から立ち去り難い気持ちとなっています。東北滞在中はほとんどずっと青空でした。

続きを読む >>
| トラベル | comments(7) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
蕎麦と盆踊りの羽後町 20:57
秋田県内巡回コンサートも残すところ2日間となりました。今日は昨年も訪れた羽後町で、2回のコンサートをおこないます。

会場となるのは、2回とも羽後町立三輪小学校。国道から外れた、民家や田畑に囲まれた穏やかな環境にある学校で、校舎の二階からは広い空と名峰「鳥海山」が望めます。

続きを読む >>
| トラベル | comments(7) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
横手の風、湯沢の氷 20:31
秋田県巡回コンサートも今日で3日目。岩手県から通算すると、東北に来てからちょうど1週間が経ちました。青空と山々を渡る澄んだ空気に、すっかり慣れ親しんでいます。

私の生まれ故郷「東京」の今日は、すさまじい荒天だったとか。雪や雨、強風など、自然の猛威には極めてぜい弱な東京ですから、こうして留守にしていると一層様子が気になります。

横手は清々しい朝を迎えました。日差しの様子では、今日も暑くなりそうです。

続きを読む >>
| トラベル | comments(7) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
今日もほぼ200 21:23
最終列車とともに、鹿角の街にはしっとりと夜の帳が下りたかに見えましたが、想像とは裏腹に激しい夜でした。
零時前、雷鳴とともに閃光が走り、少しの間だけ激しい雨が降りました。その後も、閃光だけはしばしば見られましたが、雷鳴はすぐに止みました。どうやら通り雨だったようです。

そして、泊まった宿の客室が蒸し暑く、寝苦しい一夜でした。翌朝、スタッフのひとりが言うには、あまりの寝苦しさに気分が悪くなり、深夜に冷水風呂に入ったとのこと。空調の効きがよくなかったのかもしれません。
続きを読む >>
| トラベル | comments(9) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
秋田県内なのに200勸榮 21:17
大曲でさわやかな朝を迎え、今日の青少年劇場の会場となる美郷町の仙南西小学校へと向かいました。

続きを読む >>
| トラベル | comments(7) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
もりおか散歩〜大曲への旅路 20:46
今日は移動日なので、演奏会はありません。体力を温存する必要がないため、早朝より快晴の盛岡を1時間ほど疾走しました。

続きを読む >>
| トラベル | comments(5) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
蕎麦の里とブルーベリーの里 21:44
今日も午前と午後に、岩手県内の小学校を訪問してコンサートをおこないました。
グレーの雲が急ぎ足で流れていく空。昨日までの晴天と比べると陰鬱ですが、午前8時の出発時には、とりあえず雨は降っていませんでした。

最初に向かったのは、住所でいえば盛岡市玉山区藪川というところ。合併により今は盛岡市内となりましたが、以前は玉山村と呼ばれていた場所で、石川啄木の故郷として知られています。
続きを読む >>
| トラベル | comments(10) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
岩泉町の二日目 21:49
昨晩は疲れているにもかかわらず、結局、一睡もできず終い。宿の静けさは申し分なかったのですが、和室での就寝に慣れていないことに加え、ちょっとだけのつもりでリサイタル準備を始めたところ、気がつけば明るくなっていました。

窓を開け、澄んだ空気を胸いっぱいに吸いこんだら、もう眠る気分ではなくなりました。宿は町の中心近くだというのに、ノイズはまったくといっていいほど聞こえません。これがほんとうの朝なのかもしれませんね。
続きを読む >>
| トラベル | comments(8) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
岩手県 岩泉に来ています 20:45
9月4日に開催予定の岩手町ひとりオーケストラコンサートにさきがけ、県内の4つの学校を巡回して、こどもたちにエレクトーンの演奏をきいてもらうために、岩手県までやってきました。

最初に訪れているのは、岩泉町です。

岩泉町で一番有名なのは、なんといっても龍泉洞でしょう。全長5000メートルとも言われる神秘的な鍾乳洞の中には、ドラゴンブルーと謳われる美しい地底湖があるのだとか。
ぜひ一目拝んで帰りたいところですが、残念ながら寄り路の時間はなさそうです。
続きを読む >>
| トラベル | comments(8) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
くらしき散歩 再び 23:17
今日は早朝の便で岡山空港に到着し、そのまま倉敷に直行しました。
約束が夕方以降になったので、それに合わせて便を変更することもできましたが、あの美しい街並みをもう一度歩いてみようと思い、あえて当初の予定通りに出掛けて来ました。

気持ちのいい晴れの日とはいかないまでも、梅雨空とは無縁の今日、少し曇っているくらいの方が、日差しがきつくなくてよかったかもしれません。

予約してあったホテルのチェックインタイムは午後3時。少しくらい早めに着いても、快く部屋に入れてくれるホテルは多いのですが、まだ朝食が終わったばかりの時間に押しかけたのでは、ルームキーは渡してくれないでしょう。

でも、はなから諦めるなんて、YK流ではありません。
続きを読む >>
| トラベル | comments(6) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
沖縄の喧騒、東京の静寂 00:54
沖縄ステイ最終日は、スコールと雨あがりの虹でスタートしました。
残念ながら虹はほのかに薄く、写真にはキレイに写りませんでしたが、水滴に濡れた花々や木々はひときわ美しく輝き、強烈な芳香を漂わせていました。



続きを読む >>
| トラベル | comments(5) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
真夏の風と海の底 00:00
沖縄滞在4日目。この日は文句なしの晴れ間が広がり、流れる雲と照りつける太陽に、今年初めて真夏を感じました。前の日も天気は悪くなかったのですが、太陽の輝きがまったく違います。少し外を歩くだけでも日差しが痛いという感じですし、明るい光に弱い私は目を開けていることも困難でした。



夕方まで自由な時間があったので、ホテルの敷地内を散策したり、カフェでアフタヌーンティをしたりして、有意義に過ごしました。たった半日ですが、こんなにのんびりとした気分になったのは、本当に久しぶりです。
続きを読む >>
| トラベル | comments(7) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
沖縄で見た太陽と月 00:00
沖縄に来て3回目の夜になりました。
初日は厚い雲に覆われ、ほとんど雨が降りっぱなしでしたが、翌日にはやっと太陽が顔を出してくれました。
同じ景色、同じ海でも、太陽の光を浴びているかいないかで、まったく印象が違いますね。これは沖縄に限ったことではありませんが、眩しいほどの自然を味わえる環境では、太陽のありがたみを一層強く感じます。

ビーチにて

今回、沖縄で一番楽しみにしていたのが、ある人との2年ぶりの再会です。
続きを読む >>
| トラベル | comments(8) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
和歌山城散歩 00:01
12人連続レッスンから一夜明け、いつも通り早朝に目覚めた私は、ベッドから起き上がると、まずは今朝の天気を知りたいと思い、ホテルの窓から外を眺めました。

薄曇りでしたが雨は上がり、夜には見えなかった和歌山城周辺の緑が窓いっぱいに広がり、朝つゆをなでた空気を吸いにおいでよと手招きしているようでした。

早速ランニングウエアに着替え、いざ走りに出ようとかばんにあるはずの靴を探しましたが見当たりません。そうか、しまった。今回はスーツケースではなくアンティークのボストンバッグ「ロエベちゃん」で出てきたので、靴を入れてこなかったのでした。

革靴で砂利道を歩くのはかなりの抵抗がありますが、あとで丁寧にメンテナンスしてやることにして、ランニングは取りやめたものの、意を決してカメラ片手に散歩に出かけました。
続きを読む >>
| トラベル | comments(9) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
新酒を味わう会 at 上田 01:48
8日の午前10時に倉敷のホテルを出発して、陸路信州上田に向かいました。

岡山駅からおぐけんが大好きな「のぞみ」に乗車。ほとんど空席の車内は静かで快適です。

のぞみ車内にて

このまま東京経由でオール新幹線で上田まで行くのも悪くない気がしてきましたが、今日は名古屋駅から篠ノ井駅まで「しなの」に乗ることがひとつの楽しみ。
続きを読む >>
| トラベル | comments(9) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
くらしき散歩 00:18
雨の月曜日。最高に憂鬱な昼下がりに、ちょっとした空き時間を使って、滞在先ホテルの周辺に広がる「倉敷美観地区」を散策しました。

倉敷川の風景

倉敷に宿泊するのは今回が初めて。岡山県内でも指折りの観光スポットであることは知っていましたが、なにしろ観光に興味ゼロの私ですから、今まで耳にした情報も聞き流してきたので、ほとんど予備知識がありません。

ホテルの窓から外を見ると、なにやら昔ながらの街並みが見え、映画のセットともテーマパークとも違った風情とともに、観光地としての整備が行き届いていることがうかがえます。
続きを読む >>
| トラベル | comments(8) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
岡山、香川、東京、そして気持ちだけ宮崎 23:42
今日もまた岡山からマリンライナーに乗り、瀬戸大橋を越えて香川に行きました。

昨晩は「せんとくん」と遭遇しましたが、今日、最初に私の興味をひいたのは、「船の祭典2010」というイベント。
日本丸をはじめ、さまざまな船舶が高松港に集まると聞き、とても興味が湧きました。
6月5日には「しんかい6500」も入港し、6月6日には一般公開をするとか。
ますます行ってみたくなりましたが、今回はそれよりもずっと大切なことに時間を充てるので、またのチャンスを待ちたいと思います。
続きを読む >>
| トラベル | comments(4) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
快適なインドアプール 東京編 21:33
高級ホテルには、客室やレストランの他にも、快適に過ごすためのさまざまな設備があります。

中でも屋内プールは、私にとって、ホテルを選ぶ際の重要なポイントとなっています。

東京に住んでいる私があえて東京のホテルに泊まるのは、ひとり缶詰をして、誰にも邪魔されずにクリエイティブな作業に没頭するのが目的。

チェックインからチェックアウトまで、基本的には一歩もホテルを出ず、ほとんどを客室で過ごしますが、時折、リフレッシュを兼ねてレストランで食事をしたり、フィットネスジムやプールで体を動かします。

すると、また意欲がよみがえり、効率よく作業を進めることができます。

東京にある高級ホテルの多くは、清潔で快適な屋内プールを備えており、メンバーと宿泊客が有料で利用できる場合と、宿泊客であれば無料で利用できる場合とがあります。

無料であれば料金を気にせず、気軽に利用できるのがいいのですが、時に混雑して雰囲気が悪くなることも少なくありません。また、混雑している時は水質も悪化します。

その点、有料施設は混雑がほとんどなく、いつでもゆったりと利用できますし、衛生状態もワンランク上の印象ですが、1回の利用につき5,000円程度と、やや高額です。

さて今日は、私が特に気に入っているホテルインドアプール・東京編をご紹介しましょう。
続きを読む >>
| トラベル | comments(5) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
青いヒコーキ 01:11
札幌から大阪への移動に際し、今回は全日空を利用しました。
別に何ということのない話題ですが、私にとっては改宗にも匹敵する大事件です。

私はもっぱらのJAL派です。
ものごころついたころから、飛行機といえば尾翼に赤い鶴丸が描かれているのに乗っていたので、特に深く考えたわけでもなく、習慣的に日本航空を選んで数十年が経ちました。
続きを読む >>
| トラベル | comments(5) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
高松の夜 21:08
今夜は高松にいます。
四国デビューをしてからもうすぐ半年になりますが、四国で夜を越すのは今回が初めてです。

四国には九州同様、個性的で興味深い鉄道が多く走っていて、東京近辺ではまず見られなくなった気動車が珍しくないというのも興味をそそります。

岡山駅で高松行きの電車を待っていると、反対ホームにはガラガラとディーゼルエンジンの音を立てている列車が停まっていました。
その車体にはアンパンマンのキャラクターが全面に描かれ、子供だけでなく、大人まで思わずニッコリ笑顔になってしまいます。

アンパンマン列車
続きを読む >>
| トラベル | comments(6) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
浜松でスリランカ 22:14
今夜は浜松ステイです。
いつもなら新幹線をつかいますが、今回はエージェントIZUがマネジメント兼ドライバーを務めてくれるので、車でやってきました。

渋谷での稽古を終え、夕方までには浜松に到着するよう出発しましたが、途中、吹雪に近い天候に見舞われ、高速は50キロ規制。

雪の東名高速
続きを読む >>
| トラベル | comments(5) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
歯ブラシ「MISOKA」 16:35
今日もまた、次の旅のために荷物を入れ替えていました。

スーツケースの容積は限られていますし、できることならばなるべく身軽に行動したいので、必要かどうかをよく吟味することが大切です。
その際いつも悩むのは、必要か不要かの判断がつかない品物をどうするかです。

たとえば、エナメル靴用の手入れキット。
ステージ用のエナメル靴は出かける前に手入れをしますが、リハーサル中に、あるいは楽屋で、どこかに引っ掛けて筋汚れが入ってしまうことがあります。

そうなったら専用のリキッドがなければ落とせません。
こんな時、手入れキットが荷物に入っていれば安心ですが、必要となる確率は過去の事例からすると0.5%です。
続きを読む >>
| トラベル | comments(3) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
TABLE FOR TWO in Kobe 00:00
23日。春まっただ中を思わせる陽気に誘われて、神戸の街をそぞろ歩いてきました。
私にとっては、街中いたるところに懐かしさが溢れているのですが、
時間が限られていたので、滞在中のホテル周辺を主に散策しました。

まずはメリケンパーク。
神戸に住んでいたころは、あまり訪れることがありませんでした。
港を望む広い公園では、人々が穏やかな日差しを浴びながらくつろいでいますが、その一角に15年前の震災の記憶をとどめている場所があります。

震災後の状況が保存されている場所
続きを読む >>
| トラベル | comments(4) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
神戸〜裏山散歩 18:08
今日は神戸を訪れています。
かつてしばらく暮したことのある街なので、
いたるところに思い出が詰まっています。

新神戸駅のすぐ裏手にはもう山が迫っており、
都会からわずかなところで森林浴やちょっとしたハイキングが楽しめます。

早速、歩いてきました。
布引の滝や展望台を散策し、だいたい1時間くらいだったでしょうか。
途中、多くの人々とすれ違い、その度にあいさつを交わすのが気持ちよかったです。
わんこ連れも多く見かけました。
続きを読む >>
| トラベル | comments(6) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
キッカケはボクサーパンツ 17:36
今日は大阪にいます。
約束ごとも少なく、午前中と夜にアポイントがあるだけなので、午後は自分のための時間をたっぷりもつことができました。

昨日はのどを酷使しましたが、今日はさほど熱を入れて話す必要もなく、のどにとっては休息日です。
たぶん、今日会う人たちは、現実通り「無口な人」という印象を持ったことでしょう。
単に「しゃべらない」のではなく、理想は「余計なことを言わない」です。
続きを読む >>
| トラベル | comments(5) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
旅のはじまり 22:03
今の生活は旅の連続です。一年のうち200日以上を
旅先で過ごすようになって久しいのですが、
旅には毎回新しい発見と驚きが満ちていて、
飽きることがありません。

同じ生活の繰り返しに耐えられない性格であることを悟ったのは、
物心つくと同時でした。
子供のころには、将来の職業を決めていませんでしたが、
できることなら世界中を渡り歩くような仕事をしかったので、
そういった意味でも、夢は叶えられられたと思っています。
続きを読む >>
| トラベル | comments(5) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)
ジャケットのプレス 20:23
と言っても、CD制作の話ではありません。服です。

コンサートを伴う旅支度には、ステージ衣装が必ず入っています。
季節や雰囲気に合わせたり、前回と重ならないようにするなど、服のチョイスにも結構気をつかいます。

そして、複数回の公演が続く旅の時は、スーツが何着も入り、トランクは一気に重たくなります。
布ものってかなり重たいんですね。
続きを読む >>
| トラベル | comments(8) | trackbacks(0) | posted by 神田将 (かんだゆき)